次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-08-27気楽に

     2学期は,1学期よりも気楽にやれている。(といってもまだ2日目だが)1学期はとにかく「みんな」を達成させたくて,ぐだぐだと私の理屈っぽい説教を時々やってしまった。そのせいで,せっかく一生懸命みんなの為にやっていた子のやる気までもトーンダウンさせていたに違いない。(それは今だから感じられること。)

     まあ,いいかと考えることにしている。

    「ここまでやれたな~,みんな,まであと一歩だよね~,次,『よっしゃ~!!』と言えるようにしようぜ」

    と言って終わると子どもも私も気分よく終われるし

    「よし次は」

    と盛り上がれる気がする。

    西川先生のいつかのブログで「お祭り気分でわっしょいわっしょい」という言葉が腑に落ちたのと,夏の間のフォーラム,その他の研究会・講演会,読書で前とはまた少し違った立ち位置に自分がいる気がする。

    自分自身も若干成長したような気がしてなんかちょっとうれしい。その気持ちが物事をきっといい方向に進ませると「信じる」ことだと思う。な~んてね。

    jun24kawajun24kawa2008/08/28 22:12わっしょい、もあるし、こら~、もあるし、しんみり、もあるし・・・・。その当たりは、子どもたちを見て、やるしかありません。

    sumi-chansumi-chan2008/08/28 23:42ここのところ「十人十色」を読ませて頂いて、とても元気を頂いています。ありがとうございます。

    isinomakiisinomaki2008/08/28 23:59jun24kawa先生,そうですね。その場その時の自分の感覚をある程度信じられるようになりました。今までは,どちらかというと「こういうときにはこうするもんだ」的な少ない選択肢で判断していたような気がします。(今だからそう思うのですが。)まだまだ発展途上の自分を感じることができてうれしい,という感覚でしょうか。うまく表現できませんが…。
    たとえうまくいかなくても,それはそれで次のステップになるでしょ…と考えられるようになったのはまたまた財産です。

    isinomakiisinomaki2008/08/29 00:04sumi-chanさん,ありがとうございます。気恥ずかしいですが…でも素直にうれしいです。(笑)同時に私も皆さんに感化されながら学ばせていただいています。これからもよろしくお願いします。