次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-06-28学級参観・学級懇談

    今日は学習参観日でした。算数の単位当たりの量。(速さの表し方)自分の歩く速さや急ぎ足の速さ,片足けんけんの速さを求める学習をしました。

    場所は体育館です。こういう形なら,『学び合い』を保護者に見てもらうのにもほとんど抵抗はありません。そもそも座席がないし。(笑)

    初めはやや教師主導のように3分ほど,課題の確認を行いました。子どもたちにはしっかりホワイトボードに注目するように指示し,話ました。その後はいつもと同じで「さあどうぞ」です。

    子どもたちはグループ毎に交互にタイムを計りながら,1mあたりの時間や1秒当たりの距離をみんなでわいわいと求めていました。授業の終わり10分前にはみんなを集めて,課題達成の確認と,1人の結果を板書して,速さ比べ。ちょっと教師主導風に。5分前には,

    「さあ,みんなで会場の片付けをしよう。それぞれ自分たちで仕事を探してやってね!」とだけ声をかけ,みんなはああだこうだと言いながらそれぞれに片付け。

    前回の学習参観(4月)ではいきなりの『学び合い』それも2週間目をもろにぶつけたので保護者もちょっと面食らったようで,その後の懇談会ではちょっと質問攻め(詰問?)を受けたので,今回はちょっとソフトに提示してみました。

    授業後,教室に戻る途中にある子のお母さんと話したのですが

    「特定の友達としかつきあえなかったり,しょっちゅう友達とぶつかり合っていたりしたんだけど,あんなふうに男の子とも女の子ともいっしょにやっているんですね。びっくりしました。」

    とおっしゃてくださいました。

    その後の懇談会にも,前回のような『学び合い』への質問はなく,少しずつ認められてはきたようです。ただ,まだ完全では無いと思うので,これからもまめに情報発信していきたいと思います。謙虚に,謙虚に。

    janglejapjanglejap2008/06/30 21:16授業参観を控えていますので、勇気をいただけました。
    まめに発信!西川先生に保護者向けの文章まで作っていただいたのですものね!

    isinomakiisinomaki2008/07/01 06:44コメントありがとうございます。私自身が,保護者の意見でぶれないようにしようと必死です。保護者も教師も子どもたちの成長を願っているのは同じだから,とにかく教師が本気でやっていることさえ分かってもらえればそれでいい,と半ば開き直ってやっています。「最終的にどんな力を付けたいのか」を何度も話せば,分かってもらえそうな気がしています。