次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-05-31何かが足りないから揺れ動くのだろう

    子どもたちには,「課題の達成」という結果を求める。それは,私のためでなく,みんなにとって大切だから,という点では大方の子どもは分かってきた,という実感は持てた。

    実際の授業になると,そうは簡単に「みんな」が課題達成とはいかない。むしろ,厳密に言えばその時間時間の課題を「みんな」が達成できたことはない…。それでも「みんな」を要求し続けてきた。「一人も見捨てない学級」であることは,他の全てに繋がっていくから。

    本当に目指すところは,点数とか「出来る」とか目に見える分かりやすいところではないのだろうが,目に見える分かりやすい部分を達成せずして,その上の部分までは到達できないし,そこを達成できないと取組にも甘さが出てくるであろう。なあなあ,というか…。そしてそれは結局は「みんな」といいながら「みんな」がお題目になっていく過程だろう。

    だから,やっぱり結果は出さないと行けない。本気で結果を出しに行かなくてはいけない。そして,それを目指すのは子どもたち自身でなくてはならない。

    …しかし結果ばかりを強く要求しすぎた結果,子どもがつぶれてしまってはもともこもない。結果を出すこと(つまり評価)は大事。それは分かっている。

    あ~,やっぱり課題を本気で達成しようとする前向きなエネルギーかな。

    眉間にしわ寄せていてもそのエネルギーはでないな。やっぱり,にこにこして,そして「信じる!」ということかな。

    私の中でまだ何かがたりないから,周期的に同じようなことで揺れ動いてしまうんだろうなあ。