次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-05-21考え方の転換

    学び合い』に出会ってからすごく気が楽である。学級内の仕事やその他でも以前なら細かく役割分担を決めたりして個人に責任を持たせるようにしていたのだが,そんなことは必要無くなった。

    「みんなで,これこれのことをこれこれまでにしてほしいんだけど」というだけでだいたい済むようになった。説教をする必要もほとんどなくなったし,ことがはこばず,きりきりすることが少なくなった。

    「君たち,大人になろうよ。」

    「世の中ではさ…」

    と時々必要に応じて話せば,子どもたちは分かってくれる。

    要はやらせようと思えば,やらされていると思うんだよね。必要感がわかると,やっぱり自分たちの責任でやるもんだよね。だって,自分たちにとって必要だし利益になるんだから。

    「子どもとの関係を職員室に置き換えてみたら…」

    「大人の社会ではこういう場合…」

    と考えるのは今の私の思考の「マイブーム」。