次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-04-16授業公開

    今日,算数の授業公開をしました。算数の「公約数」ところです。前日,「手につかない子」へのサポートが遅れ,結局今日に課題を残した子どもがいる状態からのスタートでした。

     課題を3分くらいで話し,「さあ,始めましょう。」というと子どもたちは,昨日の反省を踏まえて,きのうの「手につかない子」には,はじめから男子一人と女子一人がサポートに入りました。また,一方,算数苦手3人組は相変わらず3人で組んでいましたが,昨日と違うのはその中に別な子が一人入っていること。昨日,時間内にみんな,が達成できなかったので,子どもたちも考えたようである。

    授業公開することは今朝話したので,都合が付かない学級もあり,見に来てくださったのは3人。参観してくださる先生方のために,いつもより若干,可視化する発言を多くしてみた。(それはあらかじめ子どもたちには断っておいたけど)

    参観してくださった先生は,参観後

    「自分が今までしていた授業はいかに教師主導だったかに気付かされる」と話してくれました。さらに

    「それは分かったんだけどね,でもいきなりあの形をやれといっても難しいな~」

    と言っていました。

    「単元の導入でもああいう形でするの?」

    とか,

    「まとめはするんでしょ?」

    とかいろいろ質問を受けました。興味はもってもらいました。あとは,異学年を一緒にやるチャンスを探りたいと思います!まずは3人の先生方に見てもらいだいたいのイメージをつかんでもらったのは収穫でした。

    さらに,本校の教頭先生,私と昨晩職員室で学び合いのことを語り合って興味を持ってもらい,今朝,補欠にいった学級で早速ご自身でも「学び合い」を試して見たそうです。

    「子どもたちの表情がとても生き生きしていて,いいねえ。」

    という思いをもって頂きました。

    それにしても,補欠の授業でいきなり『学び合い』を試す…。早くも「厚い壁」を乗り越えてしまった教頭先生に脱帽です。