次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-04-09ベーゴマ

    今日,学級で(6年生)でべーごまを紹介しました。私はいつも,教室にべーごまと床を教室に持ちこんで,学級づくりのための1つの手段として使っています。すぐには回せないところ,何人も同時に遊べる,勝負事,というのがなかなか気に入っているところです。

    昨日,出会いをして今日は2日目。いつものごとく「今日中に自分でひもを巻いて回せるようになた人は1つプレゼントね。」と言って預けました。たいがい,ベーゴマのひもの巻き方も知らない子どもがほとんどなので,今回もその例にもれず,誰も巻き方を知りません。だから,最初は2人に巻き方を教えてあげました。「学び合い」を知る前は,次から次と巻き方を教えていたのですが,今年は2人だけに教えてみました。他の子が聞きに来ても,「あそこに巻き方が分かる人がいるよ~」というだけで,教えないでいてみました。そうこうしているうちにあちらこちらで「ねえ,どうやってまくの?」「ここをギュッときつくするの。」などと教え合いが始まり,ネズミ算的に回せる子どもたちが増えてきました。おかげで私のたくさんあったはずのべーごまがたくさん持って行かれてしまいました。6年生とはいえ,なかなかやります。こんな短時間(20分)でこんなに回せる子どもが出たのは初めてです。恐るべし「学び合い」今までは私が教えていたので,子どもたちも私頼みだったんですね。きっと。