次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-04-27逆風を順風に 今が踏ん張りどき

    今日は初の学習参観。以前のように7年もいた学校とは違い,1からのスタート。前の学校ならいざ知らず,ここで初っぱなから『学び合い』をすることはちょっと勇気がいります。でもやる意義があると考えていました。まず初めの関門です。

    学習参観は国語「漢字辞典を利用しよう」。音訓索引,総画索引,部首索引を活用できるようにすることが目的。私の与えた課題の作業量が多すぎたのか,学習参観という特別な状況がそうさせたのか,子どもたちの動きは今一つで課題をやりきれた子どもとそうでない子どもがでました。2時間計画の1時間目なので私としてはそれでも良かったのですが,この1時間のなかでの「みんな」の達成度は低かったので,親としてはどうかな,という点が気になりました。

    そして学級懇談会。学級経営方針については特に何もなく認めていただいたととらえましたが,こと授業に関することには,質問がでました。

    ○得意な子はいいかもしれないけど,苦手な子はおいていかれるのでは?

    ○分からないまま,間違ったままの子どもがでるのでは?

    ○先生が教えなくて子どもが分かるのか。子ども同士で教えあって分かるの か?

    ○分からない子どもは先生が丁寧に教えることで力を付けることになるので は?

    ○実際に,課題をやりきった子どもと,残してしまった子がいたが,残して しまった子どもはそのままなのか?

    ○立ち歩いて学習してもいいというが,その癖がついたら中学校で大丈夫な のか?

                               など…

    どれも,もっともな質問です。

    「子どもも戸惑っている」

    というお母さんの意見もあったりしてピンチに追い込まれたのですが,

    「うちの子も初めはそうだったみたいだけど,『教頭先生に言って』と言っていたんだけど。今では『もう慣れたからいいよ』と言っているんです」

    「自分から,参考になりそうな本を探して学校に持っていったりするようになりました」

    という,『学び合い』賛同?意見も出始めました。

    結局,まだ4月だから,もう少し様子を見ましょう,というところに落ち着きました。ふ~。

    保護者にしてみれば,初めてみる授業スタイル(見た目)でしょうから,このような質問が出たり,教師が教えないことへの不安があっても仕方ありませんし当然のことです。今回「学級懇談」という公の場で学級のほとんどの保護者と授業の在り方について話し合えたことは,良かったと思います。今日の懇談会の内容を,子どもたちにも伝えて,今後を考えます。

    夜の,転入職員歓迎会では,進んで6年の保護者と交わって(父親も含めて)大いに語りました。ある程度,懇談会で言い尽くせなかったこともお互い意見交流ができ,意思の疎通も出来たと思います。『学び合い』に理解を示してくれたお父さんたち,お母さんたちもいたし,まだ半信半疑の方も当然います。×の方だっているでしょう。しかし,とりあえず私を信頼してくださって任せていただきました。

    どんな子どもを育てたいのか,という点では保護者と一致しています。

    勝負はこれからです。

    2008-04-26参観日

     明日は 新しく赴任にした学校での最初の学習参観です。ほとんどの保護者が明日初顔合わせになります。4月初めから,子どもたちと『学び合い』の授業づくりに取り組んできたのだから,その日だけ「教師主導型」なんてできませんし,するつもりもありません。(同僚からは「本当にやるの~」なんてからかわれますが。)

     今まで学級通信を通して,写真入りで授業の様子や私の考え方などを少しずつリークしておきました。明日の通信にも先日の学習について写真を添えて書きました。


    「総合『ふるさと○○のよさを発見しよう』では,前期は○○の自然(産業)に触れる活動を通して,子どもたちのふるさとに対する愛着や自然への認識を深めたり,そこに暮らす人々と自然との関係を考えられるようになることをねらいとします。また,自ら学び自ら考える主体的な学習態度もねらいます。

     ○○さんのヨモギ団子を作ったという日記をきっかけに,子どもたちと相談し,まずは「ヨモギ団子作り」に挑戦することにしました。課題は「おいしいヨモギ団子をグループの友達と協力して作る。」です。私はあえて,何も教えません。なので,子どもたちは課題の達成のために自分たちで準備を始めます。インターネットで作り方を調べる子,お家の人に尋ねる子など…。そうしているうちに,子どもたちの手でヨモギを集めたり中にはお家の方と一緒に集めたりする子も。

     24日の団子作りの日も,私の指示はほとんど無く,子どもたちだけで準備から団子作り,片付けまで全て行いました。友達とああだこうだと相談し,役割を分担し,やり遂げる。そういう活動の中にねらいに近づくものがあると思っています。」

     明日は,地元新聞にものったG県のY小の記事もコピーしてさりげなく置いておきます。

    2008-04-22焦り

    転任した新しい学校で『学び合い』を紹介し,2週間弱。初めはある程度順調?にいっていたかに見えたのですが,今週はちょっと停滞ぎみです。どうも,子どもたちの「課題を達成しよう」という空気がぬるいと感じてしまってしかたがありません。前任校の子どもたちと知らず知らずのうちに比べてしまっているのか,それとも私が子どもたちを信じ切っていないのか…。どうも「本気モード」が伝わってこないのです。

    苦しいこと,たいへんなことを乗り越えて結果を出すという経験が少ないのかもしれませんが,最後までやりきろうという意志を残念ながらあまり感じることができません。私の課題の出し方に問題があるのか…。

    学び合い』入門期はこういうかべも生じるものでしょうか?

    とにかく焦らず,迷ったら原理原則に立ち返ろうと思います。

    2008-04-20ツーリング

    いきつけのバイク屋のツーリングイベントに参加しました。福島の三春町の滝桜を見に。見事でした。人もたくさんでした。

    1日に500㎞近く走り,少々こたえましたが,充実した1日でした。

    2008-04-19こういう伝え方もあり?邪道だけどね!

    昼休みに職員室に戻ってきたら,お向かいの先生が

    「はあ~…」

    とため息。

    「お疲れですね~」(笑)

    と言いました。一昨日,私の授業を見てくださった先生なので

    「『学び合い』ならつかれませんよ!」

    といい二人で大笑いしました。

    授業における精神的ストレスはなし,話す時間は教師主導型に比べ激減。だいたい子どもも自分たちでやれている,という実感をもって学習しているので,教師がしからなくてはならない場面など生じませんし。

    大笑いした後,ふと,誤解されてはこまると思って

    「あ~,でも,何もしていないわけではないんですけどね~」(笑)

    と一応言ってみたら,そばにいたベテランの先生が

    「そりゃあそうよ。そうじゃなきゃあ,ああはいかない。」

    と言ってくれました。

    校内で広められるかもしれません。そのためには,まずは6年生の彼らに結果をだしてもらわないとね。結局子ども頼みです。

    2008-04-171年生を迎える会

    来週の月曜日は「1年生を迎える会」です。わが6年生は児童会の顔として運営面で活躍するのは当然です。当然,子どもたちに任せます。6年生として最初の児童会行事を運営し,成功させる意味を語って。

    それはそれとして,6年生にも「出し物」があります。この学校には数年前から「ロープスキップ」という集団縄跳び競技を伝統として育てようと取り組んできたようです。その「ロープスキップ」を6年生は「1年生を迎える会」で披露することが決まっているようです。

    昨日初めて,そのロープスキップを子どもたちに見せてもらいました。なかなか見事なものです。だからこそ,今日はもっと,を求めました。

    1年生を迎える会は,6年生にとっては単なる「1年生を迎える会」ではなく,6年生として運営する最初の児童会行事です。下級生や他の教職員に6年生の姿を印象づけ,信頼を勝ち得なければなりません。いままでの私なら細かな指示をし,注文を付けたでしょう。でも今年はそうはしません。

    「下級生や先生方がうなるようなロープスキップを披露する」ためにはどうするか,意見を募ります。それを達成するために課題になることを出し合います,一人の気の抜けた演技が全体の完成度を一発で壊すことを知ります。反面,だれかのミスも周囲のカバーで取り戻せることも確かめます。

    このロープスキップを子どもたちが一体感・満足感をもって演じ切れたら次の運動会に繋がります。そして,学芸会や卒業式へと。子どもたちがつぎつぎと課題をクリアし,みんなでもっともっとを追究する中で,「たいへんだけど楽しい」を味わえる学級集団として育って欲しいと願います。そのスタートを「1年生を迎える会」と位置づけています。

    あ~,こんなことえらそうにかいちゃって自分の首を絞めているなあ…。

    2008-04-16授業公開

    今日,算数の授業公開をしました。算数の「公約数」ところです。前日,「手につかない子」へのサポートが遅れ,結局今日に課題を残した子どもがいる状態からのスタートでした。

     課題を3分くらいで話し,「さあ,始めましょう。」というと子どもたちは,昨日の反省を踏まえて,きのうの「手につかない子」には,はじめから男子一人と女子一人がサポートに入りました。また,一方,算数苦手3人組は相変わらず3人で組んでいましたが,昨日と違うのはその中に別な子が一人入っていること。昨日,時間内にみんな,が達成できなかったので,子どもたちも考えたようである。

    授業公開することは今朝話したので,都合が付かない学級もあり,見に来てくださったのは3人。参観してくださる先生方のために,いつもより若干,可視化する発言を多くしてみた。(それはあらかじめ子どもたちには断っておいたけど)

    参観してくださった先生は,参観後

    「自分が今までしていた授業はいかに教師主導だったかに気付かされる」と話してくれました。さらに

    「それは分かったんだけどね,でもいきなりあの形をやれといっても難しいな~」

    と言っていました。

    「単元の導入でもああいう形でするの?」

    とか,

    「まとめはするんでしょ?」

    とかいろいろ質問を受けました。興味はもってもらいました。あとは,異学年を一緒にやるチャンスを探りたいと思います!まずは3人の先生方に見てもらいだいたいのイメージをつかんでもらったのは収穫でした。

    さらに,本校の教頭先生,私と昨晩職員室で学び合いのことを語り合って興味を持ってもらい,今朝,補欠にいった学級で早速ご自身でも「学び合い」を試して見たそうです。

    「子どもたちの表情がとても生き生きしていて,いいねえ。」

    という思いをもって頂きました。

    それにしても,補欠の授業でいきなり『学び合い』を試す…。早くも「厚い壁」を乗り越えてしまった教頭先生に脱帽です。

    2008-04-15がまんくらべ

    学び合い』に出会わせて1週間弱。私にとても子どもにとっても重要な時期だと思っています。子どもたちに『学び合い』について理解してもらう意味でもだし,私にとっても自分でどのくらい『学び合い』の考え方が納得できているかが試されているともいえます。

    わがクラスはどうも個人差が大きそうである。昨日の算数。「さあ,どうぞ!」のあとは,まあ,自然な成り行きだとは思うが,まずは仲良しや気の合うもの同士で学習を始めていた。それでも後半は子どもたちも少しずつ動きだしてきたが,まだまだ「みんな」という意識が低い。だから,あきらかに手が着いていない友達数人がいるにもかかわらず,気が付いていない,というよりも気が付かないふり?をしている。そしてチャイム。子どもたちは「先生,チャイムなったけど…」

    というから,

    「みんなできたの?」

    と聞いてみたら

    「まだ…」

    という。

    「みんなだよ」

    といって,ニ~と笑う。

    結局,その後20分をかけ,なんとか「みんな」をやり遂げた。

    この日は,「みんな」を意識させるために,とった子どもとの我慢比べ。

    そして今日。同じく算数。まだ昨日の問題点を解決できず,またもや同じようなグループでいっしょに学習し始める。それはそれでまあ否定はしないが,時間内に「みんな」が達成できるかが見もの。

    「みんなが課題を達成するために一番よい,効率的な方法を選択する」というのがなかなか難しいみたいで,順調に進むグループとそうでないグループがでてくる。結局,時間切れ。でも今日は,そこで

    「はい,終わりね」

    と言ってみた。

    「終わらなかった人は5人ね。明日は明日で別な課題を出します。終わらなかった友達5人が残りの課題を達成することも含めて,明日もみんなで課題の達成を図りましょう」

    と言って終わり,子どもたちに帳尻合わせを要求した。

    この日は,「みんな」を達成させるために,自分たちにとってベストな選択をすることを意識させようとした。

    勘のいい子は,私がどんなことをみんなに要求しているか感じ取ってくれたかな~。

    こんな中で,明日,校内で初授業公開です。新しい学校で少しずつ「政治?」を始めます。なんとかなるでしょ。

    2008-04-14修行の身

    T社の国語教科書,はじめの単元は音読教材。教科書のとびらには「心情や情景を想像し,表現を味わいながら,声に出して読もう」「文中の強調する言葉に注意して読もう」とあります。

     子どもたちには「会話文の読み方を工夫したり,強弱をつけて読んだりして,登場人物の気持ちや場面の様子が聞き手に伝わるように表現して読もう」と課題を与え,練習を始めました。子どもたちは,それぞれ何人かずつ集まって音読の練習を始めるのですが,どうもピリッとしません。しばら~く私も見ていたのですが,やっぱり「う~ん…」という感じです。終了10分前に,子どもたちに声をかけて,つい言ってしまいました。

    「ねえねえ,みんな。それ,本気で読んでいるのかな?本気で課題を達成しようと思ってる?ずいぶんレベル低いよ~」って。

    怒って言ったわけではないので,それはいいとしても,ちょっと修行が足りなかったかな。もっと別な言い方もあったかもなあと思います。課題が子どもたちにとって分かりにくかったのかもしれません。とんたんさんが出したように「先生よりうまく読む」みたいにした方が,どこまで求められているのかがはっきりしたかもしれません。

    私の嫌みに反応した2,3人がほんの少し本気モードをあげて最後の3分練習していたところに希望の光むりやり見出し,もうちょっと待ってみたいと思います。日々修行です。

    2008-04-13学習のスタート

    《子どものたちの日記から》

    ■先生の授業のやり方がほかの先生たちとまったくちがって,ほかの先生は「授業では静かに授業を聞いて立ち歩いてはだめ」

    と言われたりしていたけど,先生の場合は話しても立ってもよくて,みんなで話し合って課題をクリアしたりするのがおもしろいなと思いました。

                              (A美)

    ■今日は6年生初めての算数をした。

     先生のやり方は少し変わっていて,友達と相談して問題の答えを見付ける,というものだった。

     最初はふしぎだなあと思っていたがだんだんなれてきて楽しくなってきた。

     これからも算数の授業が楽しみだ。

                              (B子)

     

    いよいよ学習がスタートしました。何のために学校に来るのか,を私なりに熱く語りました。まだ新学期モードの子どもたちは真剣に聞いてくれ,こっちが恥ずかしくなってくるくらいでした…。

    子どもたちにとっては,やっぱり変わった授業と感じたみたいです。そりゃあそうだよね。子どもたちには

    「今は,変わった授業と思うかもしれないけど,これを○小学校の『普通』の授業にしたいんだ。そのためにも,君たちも力を付けてみんなをあっと言わせてね!」といいました。

    そうしたら,次の日の朝,教頭先生に

    「M先生,この学校の授業の仕方を変えるんだって!」

    と早速話したようです。教頭先生は非常に理解のある方なので

    「へ~,そうなの!!」

    と応えてくださったそうです。ははは。

    2008-04-09ベーゴマ

    今日,学級で(6年生)でべーごまを紹介しました。私はいつも,教室にべーごまと床を教室に持ちこんで,学級づくりのための1つの手段として使っています。すぐには回せないところ,何人も同時に遊べる,勝負事,というのがなかなか気に入っているところです。

    昨日,出会いをして今日は2日目。いつものごとく「今日中に自分でひもを巻いて回せるようになた人は1つプレゼントね。」と言って預けました。たいがい,ベーゴマのひもの巻き方も知らない子どもがほとんどなので,今回もその例にもれず,誰も巻き方を知りません。だから,最初は2人に巻き方を教えてあげました。「学び合い」を知る前は,次から次と巻き方を教えていたのですが,今年は2人だけに教えてみました。他の子が聞きに来ても,「あそこに巻き方が分かる人がいるよ~」というだけで,教えないでいてみました。そうこうしているうちにあちらこちらで「ねえ,どうやってまくの?」「ここをギュッときつくするの。」などと教え合いが始まり,ネズミ算的に回せる子どもたちが増えてきました。おかげで私のたくさんあったはずのべーごまがたくさん持って行かれてしまいました。6年生とはいえ,なかなかやります。こんな短時間(20分)でこんなに回せる子どもが出たのは初めてです。恐るべし「学び合い」今までは私が教えていたので,子どもたちも私頼みだったんですね。きっと。

    2008-04-08ありがとうございました

    前回群馬の会のときにあつかましくもお願いしたY小学校の研究紀要を,前任校であるO小学校に贈っていただいたとの連絡をO小学校のメンバーより連絡をもらいました。たいへん有り難うございました。活用させていただきます。まずはどこにお礼を申し上げたらいいのか,と思い取り急ぎこの欄を活用させていただきました。

    2008-04-06宮城の会

    2月23日の群馬の会の時に,勢いに乗って「宮城の会やります!」って話になったのですが,それが実現に向けて1歩進みました。場所はまだ仮予約の段階なのですが,予備の場所を1つ確保はしたので,日時はほぼ決定です,

    11月29日(土)を予定しています。どうなることやら検討もつきませんが,「賽は投げられた」という感じです。前に進むしかありません。ここに書いたと言うことは,退路を断ったと言うことですねえ…。これからぼちぼち計画します。

    宮城の仲間は私を含め3人いたのですが,今日新たに1人加わりました。それも前任校の事務の先生です!!学校事務の先生が「学び合い」の仲間にいるなんて全国で宮城だけじゃないかなあ,というのがじまんです。うれしくて,その4人で今まで飲んでいました!。

    あ~いい一日だった。

    もうすぐ新学期が始まります。

    2008-04-05目標

    学び合い」から学んだことの一つは「目標(課題)は達成するためのもの」ということ。当たり前のようだけど,意外とそうじゃないと言うことも多い。つまり,それは取り組む側が,その目標を明確に意識し,本気で達成しようとしているかと言うことに関係しているのだけど。よく子どもたちにも「1学期の目標」とか立てさせることが多いけど,しばらくすると教師も子どもも忘れちゃうのは,その目標がお題目になっちゃっているということ。それでは意味がありませんよね。

    昨日は年度始めの最初の職員会議。校長先生が教育基本法の第1条の「人格の完成」から話しを始め,学校教育目標にも十分時間をさいて語ってくれました。全ての教育活動は,この教育目標,そして教育基本法の第1条を目指していけばいいのだ,と解釈しました。やる気が出てきました。一人突っ走るのではなく,校長先生や教頭先生,そして全部の職員の方々といい学校づくりがしたいなあと思います。意見の違いも含めて,みんなで語って,一致点を見出していけばいいのです。最終目標は同じなのですからね。

    もうすぐ新学期が始まり,子どもたちとの出会いです。

    前の学校の子どもたちも,がんばってね!!応援しています。

    2008-04-03少し始動

    新しい学校に赴任して3日目。まだ少々,職員室でもまだちょっと緊張気味です。でもそろそろ,自分のペースを取り戻し始めました。

    ほんのちょっとだけ「学び合い」のしっぽを出してみました。隣に座っている先生と,お向かいの先生,それから向こうの島の,一緒に赴任してきた先生に,雑談ついでに,「いっしょに授業しません?」と誘ってみました。どの方もいい返事。(まあ,「嫌です!!」とは普通,言わないというか言えないよね…)そんなところから,スタートします。

    2008-04-02はじめまして!

    はじめまして。宮城の小学校教員の本川といいます。「学び合い」との出会いは昨年の昨年の3月の地元新聞の記事です。群馬のY小の記事が掲載されていました。ちょっと興味をもって,その記事を切り抜いていたのものの,そこから特に何もしなかったのですが,何かの拍子にインターネットで「学び合い」を検索してみたら,西川先生のブログに当たりました。そこから,8月の新潟のフォーラムを知り,参加してみて…というのが始まりです。

    他の方々のように,専門に勉強したりというのではなく,ただ本を読んで,実際に子どもたちとやってみて「学び合い」のよさに確信をもっただけの者です。

    慣れ親しんだ学校とめんこい子どもたちと別れ,4月から新しい勤務校に赴任しました。何か新しいことを,と思って,思い切ってこれを始めてみることにしました。皆様,私も仲間に混ぜてください。

    新しい学校で,どうやって「学び合い」始めようかな~。何かワクワクします。

    追伸:あまりパソコンとかに詳しくなく,このページを開くにも西川先生にお手数をかけてしまいました。有り難うございました。