次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2019-08-25

    手帳のことばから

    08:56


    デザイナーとは,

    作る人が満足することと着る人が満足することが

    イコールになるようにどうするかを考えて

    それを考えている自分も同じように満足する,という仕事だとぼくは思っています。

    その3つの関係性がきれいになることを考える仕事です。

    (皆川朗さんが『幸福を入れる,しごとの話。』の中で)



     そうそう,こんな感じを目指しています。

    教務主任としての私の仕事,役割ってここにあると思っています。

     先生たちが,それぞれの「なりたい先生像」に向かって思う存分チャレンジできるように,つまり「~たい」を実現できる環境を整えること。

    子どもたちの「~たい」を実現することとの関係性の中で。


     それぞれの「~たい」は人によって異なるのが当たり前。一人一人は違うから完全には同じにはなりません。

     ずれが出てくるのは当然。だから,それを感じた時には対話で埋めていける環境や場をつくっていければいいですよね。


     まずは,職員室がそういう環境になり,お互いの「~たい」を尊重し合うことでお互いに居心地がいいし成長もできる,みんなにとっていい学校になる,と体感できれば自然とそういう文化は教室に降りていくはず。

    職員室で起こることは教室でも起こる。逆も同じ」。

     教室のチャレンジは職員室のチャレンジでもあります。


     先生たちに書いていただいた,1学期の振り返り記録用紙を読ませていただきました。多方面から,本当に丁寧に書いてくださったなあ,と思います。よかったこともたくさん記述してもらいました。気持ちが温かくなります。そして困っていることや課題も同時に。そこを具体的に改善するための動き出しを早くすることで,

    「意見を出すことで何かが変わる。変わるかもしれない」

    につながると思っています。出した意見を大事に受けとってもらった,出した意見で何かがよくなった,そんな経験。小さなことでもそこからスタートしたいものです。




     子どもたちが,総合的な学習×特別活動でやっている“OGATSU COMPANY”のスローガン

    「自分を元気に,みんなを元気に,まちを元気に」

     ここでも,3つの関係がきれいになる仕事,を目指しています。

    そして,出発点は「自分を元気に」なんです。まずはここスタート。


     月曜日から新学期が始まります。

    「うちの学校ってさー,毎年違うことやってるよね~笑」

    っていうのは,子どもも含めて毎年改善を重ねている証拠。

     「いやあ,2学期もおもしろかったねえ,たいへんだったけどさあ」

    と笑って言い合える2学期末をイメージして始めたい(^^)

    f:id:motoryou:20190822214831j:image

    2019-08-24

    そこにストーリー,なんだな

    11:53

    前から噂を聞いていて,

    (いつかは行きたいなあ…)

    と思っていたお料理のお店があります。




     店主の方は,震災を機にボランティア石巻に入り,様々な活動や経験を通して,ここの人や食材に魅力を感じ移住を決めた,とのことです。

     もともと公認会計士を目指していたらしいんですが,「すぐに諦めてしまった」。とのこと。そこからイギリスに渡ったことで,海外に興味をもったそうです。言葉が通じない中で、不安だったけれどなんとか、2ヶ月過ごせたことが自信につながったようでした。

     

     そして

    「せっかくだからフランスにも…」

    「せっかくだから…」、とあちこちの国を回り,1年2ヶ月、世界をまわったそうです。いろいろな国を電車やバスで回るうちに土地土地で食文化も変わっていて,。

    「食って面白い、と思った。」

    そうです。そして日本も同じように回りながら,日本料理も面白いと思って、料理の道に入ったそうです。そのとき26歳。

     26歳で始める,というのはこの世界では遅いらしく,だからこそ

    「料理人が少なくてすぐやらせてもらえそうなところ、それでいて高級な食材も扱わせてもらえそうなところはどこか?」を調べたらしいです。

     親方は厳しかくやめていく先輩も多い中

    「そうなら,早く食材を扱わせてもらえる。チャンスだ。」

    と考え,頑張ったとのこと。そういう修業時代だったそうです。

     そして出身地に戻ったところで,2011年東日本大震災

     「なにかできないか…。」

    と考えて」石巻に。

    「はじめは泥かきからでした。」

    と。その後,活動を通して出会った方々とこの地の豊かな食材に魅力を感じて

    石巻に残ろう。」

    と決心されたそうです。

     そして,いろいろあった中でようやくお店を開いた,とのこと。


     「いまむら」さんから私が聞いた,ストーリーの一端。



     そんな時に,お仲間からお誘いを受けてそのチャンスが到来。

     調理場を囲むように配置されたカウンターですから,店主の方ともスタッフの方がお仕事しているのを見ながら待つことができます。ときどき私たちのおしゃべりも混ざってくれます。

    一つ一つお料理(お,を付けたくなる)の説明もしてくれます。そこにはやはり,ストーリーあり,です。お料理のおいしさだけでなく食材や,生まれたアイデアまで含めたストーリーも一緒に味わう,そんな豊かな時間でした。



     大皿にのったお刺身が出されました。

     三輪田窯の青く美しい大きなお皿です。


    石巻のよさと,ここの方々との出会いとこれから,をイメージしています。」

    「お料理にストーリーをこめています。お皿は夜の海、そして月明かり。陶芸作家さんと直に話しながら作ってもらった特別注文のお皿なんです。」

    「お刺身は石巻の皆さんを表しています。みんなで前に向かって行進しているイメージ。」

    「お塩はそとの人。移住者とか外から石巻に入ってきた方々。」

    「一緒に街をつくる、そんなイメージです。」

    「そして,食材の生産者の方々ととともにつくる料理,なんです。」




     こういう大人に,たくさんたくさん出会わせたい,と思って

    「あの,今村さん? お願いがあるんですが・・・・・・・・」

    願いは叶うといいな!


    f:id:motoryou:20190822191240j:image

    2019-08-23

    やれば分かる、行けば分かる

    06:50

     とりあえずやってみること、なんだな、やっぱりそうだよね、と思った。


     このところ、(ああ、ここにつながっていたか…)と今なら思うおしゃべりや対話、機会があって。

     「それは遊びなのか、ギョーム(業務)なのか?」

    とか

    「遊びと仕事、学びはどういう関係なんだろう?」

    とか。


     そうしていたら、昨日、かねてから交流のある相模国白龍太鼓保存会という団体が学校に来てくれて演奏会をしてくださいました。

     その中に「遊ーYUU-」という曲があり、その一言解説の中に以下の記述。

    「曲名となっている『遊』という漢字には、もちろん『遊ぶ』という意味もありますが、ほかにも『自由に歩き回る』『楽しみにふける』というような意味もあります。」


     太鼓の演奏も

    「幸せを届けられるように、と願いを込めて演奏します。」という言葉からスタートするまさに元気、エネルギー、笑顔あふれる明るく力強いものでした。


     この「音」が表すものと「遊」の意味、それぞれの意味づけ。


     そんなところを2学期の私のテーマにしてみようかな、と思いました。

    うまく行くかどうかはそんなの分からなくて。

    やってみなければ分からないってこと。

    とりあえずやってみる、やってみれば分かる、行ってみれば分かる。


    そんな感じでやっていきたいな、と感じたこの日。

    f:id:motoryou:20190822105448j:image

    2019-08-22

    3万歩!

    07:06

    神戸に住んでいる叔父。

    「船が石巻に入るから、会わない?」と電話が来ました。

    オーシャンドリームという船で日本一周???している最中とのこと。

     この叔父、何でも一人でこなすし、趣味の木工もプロ級だし、いろんなことに興味をもってやってみる、そんなタイプの方。

     私が子どものころも、よくあっちこっちと連れていってもらった。


     早朝、石巻の港について、日中は埠頭から石巻駅まで(これ結構な距離です)歩き、そこから女川というところに列車で行き、そこでまた歩き、また石巻駅から船に戻ってきたとのこと。スマホ歩数計を見せてもらったら、この日の歩数は3万歩越え!(私、1日でそんなに歩いたことたぶんありません…(^_^;)

    「3万歩!すごすぎ!」

    と騒いでいたら。

    「このくらいはよくあるよー」

    と…。

     もう80歳越えてますが、本当に元気。船で世界一周も2回くらいしているし…。

     

     今度は、オーストラリアに船で行く、とか。

    いやあ、すごすぎる。

    今日の出来事も楽しそうに話してくれた。

    (すてきな生き方だなあ…)

    とも思った。

     仕事を引退してから、そうなった訳でもなく、考えて見れば現役のころからとやっていることはそう変わってないのかも。

     もちろん時間的余裕があるから、やることのスケールは大きくなったけど、とにかく今を少しの努力しながら楽しんでいるなあ、という感じ。


     そこが、やっぱりすごいな。


     このときも

    「この、ショートメールっていうのがうまくいかんのんよ。」

    といっていたけど、教えたら

    「あ、そういうことなんね。このマークが紙飛行機ってことなんや。」

    と。

     習得。


    f:id:motoryou:20190821192345j:image

    2019-08-21

    バランス

    07:30

     毎日毎日いろんな事があって

    いいこともあれば

    いやなこともあったりして


     それはそれで変化があっておもしろんだけど

    いいことがあって、喜んだりして

    時に調子に乗り

    嫌なことがあって落ち込んだりもして

    どうかするといらいらしちゃったり


    それはそれで、結構困ったことにもなったりして


     バランスだなあ。


    いいときも、ちょっとよくないときも

    バランスをとりながら

    おきたことに引っ張られ過ぎず、

    それで冷静さも失わないで、

    「じゃあ、どうするかなあ…」

    を考えて動けるようになりたいな。

    そうしないとなあ。



     難しいけどー。

    f:id:motoryou:20190714145247j:image