次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館でおこないます。7月に内容をお伝えします。
  • 2019-06-17

    「見たくないものを見る」「見ていないこと」に自覚的であること

    06:24

    ■「コラボノチカラ」振り返り1

    「そのフレームの外には何が起こってるのか?何があるのか?」

    そのことに、無自覚であることに気付かされる。

         

     写真にすると、まさにそれがはっきりする。

    「はっきりするはず」なのに、余計そこに気が付かなくなり、いつの間にかその意図的に切り取った、(そう意図的に切り取った、なんだな)「フレーム」の中が、「全て」のように思い込みたい、そんな作用が働く。

     それは無意識的なのか?意識的なのか?

    おそらく両方だな。


     きれいなもの、美しいもの、和むもの、おもしろいもの…。

    自分が(そう自分が、なんだな)価値があると思い、見たいものにフォーカスする、目を向ける、レンズを向ける。それはそれで悪くないし、

    (ああ、自分は今ここに目が向いているんだな、ここが「見たい」んだな)

    と分かることは大事なこと。

     

     でも、その「見たい」ものが生まれると、同時に「見たくない」ものが生まれるってこと。

     

     そこに無自覚になることが怖い。

    「見たくない」「見ようとしなかった」「見ることを避けてきた」ものをあえて「見る」。

    そこまでできないときは、少なくても、それがあることに気付く。

    意識的になるだけでも違うよね。


    「見たくない」「見ようとしなかった」「見ることを避けてきた」ものを見ようとすることで、それがきっと「ちゃんと」向き合うってことなのかもしれないな。

     

     そして、私が「見たいもの」「見ているもの」が、全ての人のそれじゃないってこと。

    そこも大事。


     コラボノチカラ、まさにここにあり。


     しばらく「見たくないもの」を,見てみよう。


    f:id:motoryou:20190525112447j:image

    2019-06-16

    『学び合い』と学校、地域

    08:56

    今回の「コラボノチカラ」では、『学び合い』の考え方と学校・地域の協働をどう捉え、今どんなことをしているかなついてお伝えした。

    https://www.gakubunsha.com/smp/book/b242973.html

    そのことを考えるにあたり、この本は本当にいいと思う。

    学び合い』がどうこうというよりも、学校と地域のつながり、連続の必要性についてのヒントが盛りだくさん。

    私には、ですけど。

    コラボノチカラ

    06:30

     「仙台『学び合い』の会~コラボノチカラ~」に参加。

     

     『学び合い』の会、とは言え、正直言うと、なんかアウェイ感をもっての参加でした。

    会場の向かう途中、傘を差して歩きながら感じる、このどきどき感はなんだろう?と自分なりに考えてみると、やっぱりそれはちょっとした不安。

          

         

           

    学び合い』の会と言えば、最近は、私にとっては「仙南の会」が中心で、そこに集まる方々もだいたい顔ぶれは分かっているし、白石のGさんが主催の会だから初対面の方がいたとしても(まあ毎回いらっいますが)その場の空気感は変わらないから、まあ、そこが安心だったりするわけです。

               

     でも今回の場合はちょっと違っていて、タイトルにもあるとおり「コラボノチカラ」です。

    「『学び合い』ねぇ…。どんな感じなの?」という立ち位置の方々が主催する『学び合い』の会かな?みたいな印象もあったし、参加者も、普段『学び合い』の会ではお会いしない方々の方が多い、そんなイメージだったからです。

     だから「コラボノチカラ」なんですが。

     

     そういう若干の「不安感」をもって参加したわけですが、予想通り、そう予想通りだったんですが、学び多き時間になりました。

           

     「不安」は「刺激」でもあるんですね、やっぱり。コンフォートゾーンをちょっと出てみるってこういうことなんだな、と。

          

           

     自分は報告した中身のところでも話しことなんですが、「不安定の中の安定」「安定の中の不安定」「刺激と継続」「境界線あたりを行ったり来たり」…。そんなイメージなんだなあ、と。ちょっと不安だったり危険(笑)だったりするから、面白いってことありあすよね。遊びなんかはそうで、ちょっとだけどきどき感があった方が楽しい。でも大けがしたりするなど身の危険を強く感じるくらいだと、それはちょっと無理…。

     多少のリスクは自覚しつつ、ちょっと足を出してみる、そんな感覚。


     私がよくイメージするのは、やっぱり自転車で、不安定だから漕ぐ、漕ぐから安定する、漕ぐのをやめたら倒れる、そのぎりぎりのところ。地面はある程度安定していないと怖くて漕げもしない。断崖絶壁で自転車を漕げ、と言われても漕げない…。


     会の中では「北極星を目指す」なんて話もあったんですが、そういうのも私にないこともないんですが、「北極星」なんてものにしちゃうと

    (遠い…)

    (着きゃしない…)

    って思ってしまう笑。

     だからお気楽に自転車に乗るみたいに、

    「お!?なんかこっちが面白そうだな~」

    みたいに、その時々に感じる感覚で漕いでみたいんだよね。

     漕ぐのも、ブレーキをかけるのも、時々止まったり、自転車を降りたりすることも含めて。


    内田樹さんだったかな(内田さんは、私の心のメンターの一人なんだけど)、「直感は意外と正しい」みたいなことを言っていたけど(身体感覚、ってことだと思うんだけど)、そうだなって思う。

     「ダンプえんちょうやっつけた」(童心社)のダンプえんちょう(実在)も

    「人間は結局、快のほうにしか行かない」

    と言っていたなあ。その通りなんだよね。


     懇親会で、思いつきで話した、汽水域の魚みたいに、真水と塩水、そのときの気分しだいで川と海を行ったり来たりするような、そんな感じでいた方が、自分にとってはちょうどいいよな~って思ったのでした。

     あれ?なんの話しだったんだっけ?

     だからコラボノチカラって新しく何かを生み出すよねー、やっぱり予想通りだ、ってことだ。

    自己内対話、おわり笑

    f:id:motoryou:20190210123124j:image

    2019-06-15

    意外と授業について話せてないことに気が付くよね

    06:36

    子どもも大人も一緒に学ぶ,そんな場が「授業」って場になってほしいんだよなあ,と思っています。


     

     そうなると,そもそも「授業」ってネーミング自体が邪魔になったり

     毎授業の度に「起立,礼」みたいなものもいらなかったり

    (私は,やってないけど)

     なんか,先生が「教える」「教授する」みたいなところがまだまだあって。

     子どもにとって学び手の手本になったり,楽しそうに学ぶモデルになったり,一緒に伴走してくれる頼もしいパートナーであったり,時に方向性を示してくれたり,困った時にアドバイスをくれたり…。そんな「先生」


     言ってみれば,大人にとっての「理想の上司」?

     学校は「授業」が命なんだけど,「授業」についてみんなで考えたり創ったりする時間って意外と少ないことに気付かされます。


     放課後とか,みんなで授業についてあれこれ語るなんて時間が取れていない。一番大事なのにね。

     でも「取れない」じゃなくて「取る」じゃないとね。優先順位の問題。

     日常の授業は,それぞれ分かれて「分担」しちゃうからなんだよなあ…。

     じゃ,そうしなければいいんだな…。

     授業をしながら話す,そこが一番現実的だな。



     

    f:id:motoryou:20190608145935j:image

    2019-06-14

    田植えはチームワークなんだ

    06:45

     米農家,木村さんと一緒に田植え体験。

    http://www.moriumius.plus/2019/06/11/junkimura01/?fbclid=IwAR23SR4vK-Ilt_OIb8ei8anWUkUMC7_IUSkEkPu5XRVcNmo5niowuJLX9Ec


    1,2年生生活科。異学年の学び。

     プラス大人。

         

     海のまちの子どもだけど,「米」は最も身近な食材。

     アサガオを植え,ミニトマト,キュウリを植えた子どもたち。


     先日は,海で釣り,釣ったカレイやアイナメを料理して食べた子どもたち。

    「食」で考えると,海も田んぼも同じテーマでくくれる。


     その先に「総合的な学習」「家庭科」その他いろいろ。



    木村さんの

    「お米は,はじめからご飯じゃないんだ。種,つまりお米ね,そこから芽を出した苗,つまりこれね,これを植えて大事に育てるんだよ。」

    「ほら,根っこがしっかり張っているよね。」

    「土の中に,ぎゅっとしっかり植え込んでね。」


     言葉の一つ一つに,これまでの彼らの経験や,これから彼らに体験させたり学ばせたいことにつながる要素がたくさん。


     この,泥の中に足を突っ込んで感じた感触も覚えていてね。


     自然と,苗を渡す人,植える人の役割分担が生まれたり

    「あ,そこ隙間があるよ。そこに植えて!」

    と声を掛けたり。

     転びそうになった友達に手を貸したり。

    「田植えはチームワークなんだ。」

    と木村さん。


     ほら,「キャリア教育」なんて難しい言葉を使わなくたって,キャリア教育の種はたくさん転がっている。

     木村さん,子どもたちのインタビューにこたえながら

    「米作りの農家の長男だったんだ。米作りなんていやだと逃げていた。でもやってみると,楽しかったんだなー」

     宝のような言葉,と私は思った。


     今日の体験だって,いわゆる国語や算数にだって,ばっちりつながっているってことだよね。

     「学習はチームワークなんだ」

    ってこと。

    f:id:motoryou:20190613092644j:image

     学ぶことも仕事も,本当は同じこと。

    2019-06-12

    溶け込んでいきたい

    06:49

     「こども芸術の村」の方と一緒に、今年度この先の「総合的な学習」の方向性のプランづくりの話し合い。

    http://av4c.jp/

     今の新しい学校になる前の2016年、旧雄勝小学校に頃からお世話になっているが、年々新しい展開になっていき、実に面白い。


     同じことを繰り返さず、進化していく感じ、子どもたちや先生たちと相談しながら作っていく感じが面白い。


     プロジェクトを学ぶ、そんな感じ。

     それがOGATSU COMPANY


     同じようにお世話になってきたモリウミアスとこども芸術の村、そして公民館、雄勝まちづくり協会と一緒に場をつくり、地域の方々と交流を深めながら開校以来あれこれやってきた。


     まったく新しい場所に校舎が立ってからの取組だから常に「今ここ」



     「雄勝COMPANYまつりで、『雄勝の人を呼びたい』って言っているんですよ~」

    と6年生の担任の先生。


    「3年前は『雄勝に人を呼びたい』って言っていた子どもたちでしたが、今は『雄勝の』なんですね!」

    と。



     1年目、2年目は新しい場所でのロケットスタート的な時期。今年度は開校3年目。より地域に溶け込んでいく、そんなはじめの一歩の年にしたいな。

     プランの軸はできたから、後は子どもたちと大人で相談しながら創っていこう。

     楽しみだな~。






     

    f:id:motoryou:20181201083932j:image