共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2011-09-05

今週スタートは…

22:41

今日は、何だかきつい一日だったなあ。どうしてだろう。週末で疲れを取り切れなかったのだろうか。

表情が硬い。自分でも分かった。先週よりも褒めの言葉が出づらい。子どもに対して素っ気ない態度。子どもたちに申し訳ない。

何とか先週のようにと心がけて過ごしたつもりだったが、どうもしっくりこない一日だった。

こんな状態だったからか、教師の心の中を映すかのように、子どもたちはあまり落ち着きがない。けじめが足りない。(管理職が見ているときは、特に行儀が悪く感じるのだが…)とにかく、何か先週とは違う雰囲気を感じた。

特にうまくいかないのは、やはり課題づくり。子どもがのらない。反応が薄い。どうすれば、子どもが心から「やってみたい!!」「なんでや~!?」と思えるような課題づくりができるのだろうか。彼らの目を輝かせるためには…?この辺を、詰めていかなければいけないな。

あと、やっぱり自分の思っていることを、なかなか表に出さない。何人かの発言してくれる子に任せて、自分は何も言わないということの常態化。どうすればいいかなあ。

でも、あまり焦るのはやめよう。自分のペースを崩すと一気に歯車が狂って、潰れてしまう。あくまで自分のペースで一歩一歩、地面を踏み固めながら進んでいきたい。

ogymogym2011/09/07 22:32>でも、あまり焦るのはやめよう。自分のペースを崩すと一気に歯車が狂って、潰れてしまう。あくまで自分のペースで一歩一歩、地面を踏み固めながら進んでいきたい。

私もきっとそうするなと思いました。

KUMIKUMI2011/09/08 00:31あたしはそんなに凝った授業はできてないけど、2学期子どもたちの
成長をすごく感じるスタートになったよ。今まで不平不満ばかりだった
人たちも協力して活動できるようになったかな。

先日、おもしろいゲーム…というかエンカウンターを思いついて
クラスで実際やってみた。クラスメイトの名前を書いた紙を
床に置いて、両端から「〇〇(名前)大好き!」「△△大好き!」
って言いながら1マスずつ進む。出合ったとこでジャンケン。
勝ったらまた「~大好き」を言いながら進み、負けたら列の後ろに
並び直すってだけの内容。クラッシュジャンケンとか言うのかな?

でも中学年な子どもたちにとって、たとえゲームでも男女問わず
「大好き」って口にするのは照れるんだよね。「まぁまぁ、はダメ?」
なんて言った子もいたから、「じゃあ“ありがとう”にする?」って
妥協案を出したら、クラスのノリのいい子が「ありがとうじゃ物足りない。
大声で大好きって言わなきゃ面白くないじゃん!」って言ってくれて、
みんなで大好き大連発したんだよね。ゲームと割り切った言葉でも、
プラスの言葉を言われて嫌な気分になる人っていないでしょ。
<今、この場で><一人も欠けることなく全員で>っていう課題が
できて胸のつかえがとれたというか、みんなサッパリした顔に
なった気がするんだ。もちろんあたしが一番大きな声でみんなのこと
大好き!って言ったよ。学習の歯車がうまく回ってない時は、
まず人間関係というか、心理的なところから固めるのがいいんじゃないかな☆

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/09/09 20:21ogymさん。はい、あんまり自分のペースを崩したくないのです。2学期は、できる限り自分のスタイルを貫いていくことを心がけたいと思っています。

KUMIさん、いつもありがとう。
やっぱり、子どもたちは楽しいことが好きなので、そういう時間をとってあげるのは大事だと思います。それくらいの余裕を自分がもっていけたらいちばんいいですよね。授業ももちろん大事なんだけど、そればっかりだとやっぱりなんだかつまらない…。みんなで楽しむことで、授業にも身が入るんだろうなあと思いました。