共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2011-05-29

愛のある学級経営

23:09

どうも最近、形式的な指導に陥っている感じがする。

朝のあいさつにしても、授業にしても、生活指導にしてもそう。

心がない。疲れのせいだろうか。

確かに、研究授業あり、学年の行事ありで全然余裕がない日々である。

とにかく放課後の時間はゼロに等しい。

次の日の授業をどうしようかという状態が続いている。

この先を見ても、指導主事訪問、授業参観と気の抜けない状態が続く。

そして、気づいたら1学期の成績を出さなければならない時期になっているだろう。

余裕がないと、学級の状態を把握しづらくなってくる。子ども同士の人間関係に目が向けられなくなってくる。そんなときに、決まって問題は起こるものである。6月1日に大きな学年の行事が一つ終わる。目標がなくなる。ここが1学期の重要なポイントになるだろう。新たなゴールを設定し、夏休みに向かう。

苦しい時期だが、もう一度、学級開きのつもりで臨まないといけないだろう。

自分の願い、思いを子どもたちに語り、のせていこう。愛をもって接していこう。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/06/02 00:32研究授業、大変お疲れさまでした。本当に忙しさに追われる日々ですね。こちらも参観日、学事訪問、研究授業と続きます。魔の6月といった感じです。でも、日々にこやかに、を心がけようと努力しています。あくまで努力です。時には大きな声で怒鳴りながら…。授業の善し悪しも学級経営には大切ですが、そこはぼちぼち『学び合い』を取り入れ、子どもたちでああだこうだとやれるように仕組んでいきたいですね。そして、何より担任が笑顔でいること…これが一番の薬かもしれないですよ。その心境にいつかなりたい、と思うこの頃です。お互いがんばりましょう。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/06/04 19:02suikanomeisantiさん、いつもコメントありがとうございます。
本当に息つく暇もありませんが、体調に気をつけて頑張りたいですね。
最近は、本当に疲れがひどくて、帰って夕食を食べるとそのまま倒れるように寝てしまいます…。なんとか生活リズムを戻さないとと思っています。

motoryoumotoryou2011/06/04 19:56「私たちがある程度,暇にならないといい学校にはならないっすよね!」と言いながら「無理なく楽しく」を合い言葉に校内研究をやっています。3年目にして,ついに研究授業の指導案はなし,と言いたいとこですがA4で1枚,それも学習過程はなし,ねらいと評価のみ,となりました。研究主任をやると,時間はかかっても結構やれること多いと実感しています。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/06/05 08:24motoryouさん、ありがとうございます。
シンプルな指導案、うらやましいです。うちの学校は、今年度は指導案に時間をかけないといいながら、あまり昨年度と変わっていません。本当に大切なことは何かを考えて、絞っていくことが大切だと思います。