共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2011-03-26

観を磨く

08:12

約5年前、教職2年目の自分が書いた日記を発見した。




教師の命は授業だ。教師以外のだれもできない。これこそ教師の専門分野だと感じている。

これまで、毎日の授業をどう進めるか、悩みながらの日々だった。大学で教育実習を経験しているとはいえ、初めはさっぱりわからなかった。最初に何を話せばよいのか。どうやってまとめるのか。発表をさせるときはどうするのか。とにかく疑問だらけ。こんな状態で、なんとかここまでやってきた。時数にすれば、何百時間になることか…。正直に言えば、「子どもたちにとってこの時間は何の意味があったんだろう?」というような授業も何度かあった。しかし、私には全ての時間が成長のための糧となったのは間違いない。失敗を繰り返しながらも、少しずつ見えてきたものがある。それは、指導観だ。

指導観…教育実習の指導案などで書くことだ。大学の時はさほど意識しなかったが、授業をする上でこれほど大切ことはない。すべての授業づくりの土台になるからだ。現段階で自分が持っている指導観は次のようなものだ。

授業作りは、教材を知ることから始まるということ。教材は、つまり、学ぶための素材。何を学ぶのための教材なのかを指導者が理解していなければ、教材は、何の意味も持たないただの「読み物」あるいは「道具」になってしまうだろう。

教材を通して、子どもにどんな力をつけたいのかを明確にすること。どんなことを学ぶのかが分かったら、次にそれを学ぶ子どもたちの実態を考える必要があるだろう。そして、子どもたちの姿と照らし合わせながら、「今」子どもたちに必要な力は何なのかを指導者自身が明確にして、授業づくりに臨むことが大切であると思う。

つけたい力を実現するための手立てや支援を考えるということ。これは、子どもの実態や教材の特性を考えながら、どのような形で展開していったらよいのかという工夫の部分に当たる。ここで教師の力量が問われるはずである。

以上、簡単にすれば、「①教材研究」→「②つけたい力の吟味」→「③手立て、支援の工夫」となる。このうち①、②は経験年数に関わらず、どの教師にもできることであるし、できなければならないことだと思う。③については、経験することで磨かれていくことだと思う。

長々書いたが、あくまでもこれは「今」の指導観だ。変わっていくかもしれないし、もしかしたら変わらないかもしれない。それは、子どもたちの姿を見つめながら考えていくことになるだろう。また、これは「自分」の指導観であり、他の人にはその人なりの指導観があるはずだ。

指導観は自分で探していくものだと思う。探し方は様々だ。たくさんの授業をみる。本を読む。ただ、何よりも忘れてはいけないのは、常に自分の指導観を磨いていくという姿勢だろう。




この内容に対して、「今」の自分が答えるなら、「常に自分の指導観を磨いていく姿勢が大切である」ということに変わりはない。これをなくしては、成長も何もないだろう。

授業設計という点で「今」の指導観を考えるとしたら、「①教材研究」→「②つけたい力の吟味」の順番が逆になる。

まず、目の前にいる子どもたちを思い浮かべ、彼らにどんな力をつけさせたいか、どんな人間になってほしいか、それを考える。そして、その実現のために、目の前にある教材に、どのように子どもたちを出会わせるか、かかわらせるかを考える。そして、最後に指導法、指導技術、指導形態を考える。

ちょうど指導案を書く流れもこのような感じだろう。

しかし、これも「今」の指導観だ。また、変わっていくかもしれない。でも、それは、常に新しい指導観を追い求めていかなければいけないということ。

頑張ろう。

o4dao4da2011/04/02 08:32あれから2年経過し、いよいよ3年目突入。石の上にも3年。形以上に願い実現に向けてファイト!気持ちがあれば、引き寄せるようにできている!!がんばろうね。

jun24kawajun24kawa2011/04/04 07:04観を磨くのは一生続けなければならないことですね。何もしないと曇ってしまう。川のメダカと同じで、泳ぎ続けないと、後退してしまう。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/04/17 17:54o4daさん、お返事遅くなってしまってごめんなさい。
一歩一歩かなあと思います。少しずつだけど、確実に前進です。
やっと形になりつつあります。お互いに頑張りましょう。

jun24kawa先生、お返事遅くなってしまいました。
常に、上を目指して頑張りたいと思います。考えるのをやめるとそこで、教師としての人生も終わってしまうと思います。
結果が出ずに、悶々とするときもありますが、決してあきらめずに自分を磨き続けようと思っています。

2011-03-24

去年の日記をふり返ってみると…

21:01

去年の同じ時期の記事をふり返ってみて思ったこと。

「去年よりはよい。」

今年も大変だったけど、気持ち的には上向きになってきているのかな。

去年の10月までは、記事も少ない。きっと書く気も起こらなかったのだろう。

それ以前に、書くような中身もなかったのかもしれない。

10月以降は、抜けている月がないところを見ると、やはり研究発表会は相当に重荷だったのか。

いずれにしても、調子は上向きのようだ。

一段落

20:52

本日、修了式を終え、本年度が終了しました。

自分にとっては、かなりきつい一年でした。しかし、ちょっとしたサプライズもあり、とりあえずは一段落といった感じです。

今日は、通知表渡しや来年度の教室移動の準備などほとんど時間のない中、子どもたちに自分の思いを伝えました。


「1年間、いろいろなことがありました。

 楽しかったこと、うれしかったこと、がんばったこと…。

 その中でできるようになったこともたくさんあるでしょう。

 でも、よいことばかりではありませんでした。

 苦しいこと、嫌なこと、大変だったこともたくさんありました。

 ただ、よいことも悪いことも、経験したことは全て

 自分自身を成長させる材料となるのです。

 無駄な経験などありません。

 そして、そんな経験ができるのも、1年間一緒に過ごした

 仲間がいるからです。

 人は、人と関わることで成長していきます。

 もちろん、自分の努力でも成長はできますが、

 その努力を応援してくれる人がいます。

 その努力を支えてくれる人がいます。

 人は、人と関わることで大きく成長することができるのです。

 このことを忘れずに、過ごしていって欲しいと思っています。

 先生も、皆さんと1年間過ごしたことで、

 人間として成長できました。

 これも、みんなのおかげです。本当にありがとう。

 みんなも、1年前とは比べものにならないくらいに成長しました。

 お互いに感謝です。

 ありがとうございました。」


以上のようなことを、語ったと思います。上手く言えたかは分かりません。

でも、気持ちが届いた子には届いただろうな。

一人でも届いていたらうれしいな。


さて、後は今年度の後始末と提出すべき書類作りを頑張ろう。

子どもたちのサプライズは、一人一人のメッセージカードでした。

きっと自分がいない時間帯を見つけて書いてくれていたのだろうな。

小さい紙切れに書いてあったものだけど、とても重みがあるように感じました。

その重みは子どもたちの気持ちだと思いました。

本当にうれしかったです。

ghjalghjal2011/03/24 22:25失敗から学ぶ姿。人と人との関わりの中に成長があるということ。何よりも謙虚に自分をふりかえること。子どもたちに感謝して、それを伝えること。『学び合い』で最も大切な「語り」で、かなり大切な要素だと気付かされます。ありがとうございます。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/24 22:33ghjalさん、この語りは何の準備もなく、そのときに思いついたことをただただ語りました。ここの書いてあるほどスムーズにはいきませんでしたが…。でも、「人と関わることで成長できる人間でありたい。」というのが自分の核であり、子どもたちには「人と関わりながら成長できる人間になって欲しい」というのが、自分なりのビジョン、信念なのかなあと思いました。こういう語りが自然にできたということが、今日は自信になりました。
また、ghjalさんのお言葉からも自信と勇気をいただきました。こちらこそ、ありがとうございました。

karakusa01karakusa012011/03/26 08:43初めまして。
1年間お疲れ様でした。とても素敵な語りですね。何の準備もなく、思いついたことをただただ…ということですが、素敵な1年間を過ごしてきたからこそ、自然に言葉が出てきたのでしょうね。うらやましいです。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/26 08:53初めまして。karakusa01さん、ありがとうございます。
この1年、なかなか思ったように語れないことが多かったのですが、
最後は、いちばんまともに語れたんじゃないかと思います。
いつもは聞いていないようなやんちゃ坊主たちも、少し神妙に聞いていました。
まだまだ、ブレの多い自分ですが、今後ともよろしくお願いします。

koushinsenjinkoushinsenjin2011/04/02 14:03 語りの弱い一年だったので、新年度は再重要課題です。先生のブログを読んで、自分の核は?と考えられました。「人と関わるから成長できる、全員が必要である、よりよい世界にしていこう」を核に、必死に語りかけていこうと思います。ありがとうございます。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/04/17 17:57koushinsenjinさん、お返事が遅くなってすみません。
自分も、ブレにブレた一年でした。最初に言っていたことは何だったんだろうと落ち込むことも多かったです。今年度も始まって約2週間。今年度は、自分の語ったことに責任をもとうと思い、初日の語りは掲示物にして、教室に置いておくことにしました。いつでもふり返ることができて、とてもよいですよ。

2011-03-20

潰れないために

23:59

大切なこと、それは、自分なりのビジョンをもつこと。

そして、それを実現するための手立てをいくつも考えること。

まずはビジョン、つまり目的地を明確にすることだ。

まだまだ今の自分は、ビジョンが明確ではない。

どこに向かうのかはっきりとしていないため、ブレが生じる。

目的地を決めれば、そこに向かう道はたくさんある。

ビジョンだ。ビジョンをもとう。それこそが自分の信念となり、心の支えになるものと信じている。

さあ、自分はどんなビジョンをもっているのか。

考えよう。

気がつけば…

23:37

まずは、東北地方・太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。こうして普通通りの生活ができているということに感謝せずにはいられません。被災地の方々の苦労は、はかりしれません。自分にはただただできる限り多くの方の無事を祈ること、そして、普段の生活で自分ができる節電や義援金活動に取り組むことです。

さて、気がつけば、今年度もあと3日となりました。はっきり言って今年度も自分が満足できるものではありませんでした。もう7年目なのに情けない。そんな思いで、毎日毎日潰れそうになるのを何とかこらえてここまできた感じです。

来年度は、一体どうなるのでしょう。どこの学年ももてないのではないか。そんな不安に襲われることも最近多いです。でも、何とかしていくしかないのでしょう。

苦しい苦しい日々が続くのかもしれませんが、それがいつか実を結ぶ日を信じて、頑張っていきます。

ここ最近は、毎日とにかく子どもたちに真正面からぶつかっているつもりです。どれだけ伝わっているのかは分かりません。でも、とにかく思いついたことをどんどんぶつけている、そんな感じです。

また、保護者ともよくお話ししました。家庭訪問も電話連絡も本当にたくさんしました。毎日毎日。慣れてしまいました。ある意味よかったかもしれません。何かあればすぐに連絡です。そして誠意のある対応を。それで、大抵の保護者の方は分かってくれます。「迅速に、丁寧に、誠意をもって」これが、保護者に理解を得るために最も重要なことだとよく分かりました。

さあ、4月はどこにいて、何年生をもっているのだろう。

KUMIKUMI2011/03/21 00:20本当に今年度もあとちょっとだね。
あたしは今年は担任じゃなかったけど、
色んな意味で疲れた1年だったなぁ。
でも、卒業合唱も、なかなか歌わない6年生に、
被災地は卒業式なんかできないんだから、
こうしてみんな揃って式を迎えられることは素晴らしいこと。
そう思ったら「手抜き」なんか絶対できないはず!って
最後に喝入れてきたよ。それでようやく火がついたというか…。
担任の先生たちがウルウルくるような合唱ができればいいな♪

で、来年度あたしもどこ持つのかさっぱりだわ。
何となく4年生かな?って予感がしてるけど、
発表まではドキドキするよ。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/21 00:29そうだよね。
いつもこの時期はドキドキします。
分かるのがギリギリすぎるんだよね。
とにかく与えられた役割を精一杯やるしかないかな。
ほんとに息抜きしたいですよ。
でも、通知表に要録に盛りだくさん。
しばらくは目が回るような忙しい日々が続くね。
体調だけは崩さないようにお互いに気をつけましょう。

ghjalghjal2011/03/21 00:37ああ、この切なる願い。そして焦燥。全くおんなじ感じがします。私に足りないものがあるとすれば。それは誠意。そして情熱。反省だけは毎日しているのにね。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/21 09:19ghjalさん、僕はいつもghjalさんのお言葉に励まされています。
少しでも、よい方向に進むように、前向きに頑張っていきたいですよね。
今後ともよろしくお願いします。

nome2733nome27332011/03/24 22:10とても気苦労されている様子を拝見し,
勝手に自分と重ねてしまいます。
つぶれるかって思ってしまうことがあるのですが,
じゃあどうしたらいいのだろうと思うと,
ありきたりのことしか思い当らず
結局すっきりしない毎日です。
少しでも共感したり,改善する方法を見つけることで
次につなげられたらと思っています。
いろいろ参考にさせてください。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/24 22:24こちらこそ、よろしくお願いします。
気持ちのアップダウンが激しいので、そのあたりを改善していくことが自分の課題かなと思っています。
調子のいいときは、効率のよい仕事もできますし、調子の悪いときは全く仕事が進まなくなります。
その差があまり大きくならないようにしていきたいと思っています。
いろいろと参考にさせて下さい。

村石太マン村石太マン2011/04/03 22:45学校で 子供達が のびのび できるといいなぁ。
訓練 鍛錬も 必要ですが。英語導入もあるのかなぁ
遊びながら 興味を 持たせながら 知識を 増やせたらなぁ
学校になれる子 なれない子 部活と帰宅部 ~
先生と 仲良くできる子 遠くにいる子

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/04/17 17:59村石太マンさん、コメントありがとうございます。
子どもも先生ものびのび過ごせるような、そんな学校がいいなあと思います。
すぐには結果は出ませんが、少しずついろいろなことに取り組んでいくことで、実現していくのかなあと思っています。まずは、目の前にいる子どもたちに全力でぶつかっていくことが大切だと思います。

2011-03-08

伝わっているのか

22:16

今日、生徒指導上の問題について語った。

結局、途中で何を言いたいのかよく分からなくなって終わった。

しゃべりすぎた。何が言いたかったのか?

子どもたちには伝わっているのか…。

いつになったら…

22:04

本当に苦しい毎日が続く。

今できることを精一杯やっているのに…。

毎日毎日、問題ばかり。

こうも続くと、ピンチをチャンスに変えようという気持ちも萎えてくる。


要領が悪いからか。

全体が把握できていない。

ミスが多い。

体調が悪い。


いつになったら、教師としてのやりがい、喜びを感じられるだろう。

理想が高すぎるのか。小さなよさが見えてこない。

余裕がもてない。


でも、こんな苦しみはうまくいっている人は味わえない。そう考えたら、良い経験をしているのかもしれない。苦しみを乗り越えれば、大きな成長につながるのかもしれない。将来、自分と同じ状況に陥った人の気持ちを誰よりも分かってあげられるかもしれない。


この苦しい日々は、決して無駄ではないのだろう。


いつか、「あの苦しみがあったから、今の自分がある」と言える日が来ると信じて、かっこ悪いけれども、もがき続けよう。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/03/08 22:54私も教師8年目の年だったでしょうか、6年担任を持ち、これでもかと言うほどへこんだ時がありました。何かの研修会でそんな学級の状況を苦しげに説明したら、「それであなたはどんな手だてをしているのか…」なんて指導主事にばっさり切られたりして落ち込みました。そんな時って自信がなくなっていて何をしてもだめな気がするんですよね。そして、そんな教師の心を子どもは敏感に感じてしまう。本当悪循環です。『学び合い』ではないですが、方法も大事だけど、先生の思いが一番だと思います。その経験は私にとって思い出したくないけど、忘れられない、貴重なものです。お互い体調には気を付けましょう。

sakusaku0428sakusaku04282011/03/10 05:43《こんな苦しみはうまくいっている人は味わえない。そう考えたら、良い経験をしているのかもしれない。苦しみを乗り越えれば、大きな成長につながるのかもしれない。将来、自分と同じ状況に陥った人の気持ちを誰よりも分かってあげられるかもしれない。
この苦しい日々は、決して無駄ではないのだろう。》
その通りだと思います。渦中にいるときは、そんなふうに考えることすらできないのですが…
「無駄なものなどなにもない。無駄にする「考え方」があるだけ」と西田文郎先生か福島正伸先生の本に書いてありました。
「あの苦しみがあったから、今の自分がある」と言える日は必ず来ます。
 心から叫んだ「夢」は、必ず叶います!

munehiromunehiro2011/03/10 17:08うまくいくように、状況が良くなるように祈ってます。福岡の同志より

janglejapjanglejap2011/03/10 20:10Never give up!
明けない夜はない!
負けなければ、いつかは勝つ・・・

そんな言葉で自分をなんとか奮い立たせて通勤していた日のことを思い出しました。
今は、「あの苦しみがあったから、今の自分がある」と本当に思います。

もがき続けることができるのは諦めていないから。かっこいいです。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/10 22:09suikanomeisantiさん、誰にだって苦しいとき、ありますよね?
その感じ方が違うくらいで。それを乗り越えられたら、今よりも成長できるのでしょうね。そう信じて頑張っていきます。でも、やっぱり体調には気をつけたいです。

sakusaku0428さん、ありがとうございます。
どうしようもないくらいに落ち込んでいる状態ですが、少しでもプラスに考えないと、本当につぶれてしまいそうなので…。そうならないように、自分を見失わないように頑張ります。励ましをありがとうございます。

munehiroさん、ありがとうございます。
そういう同志がいるということがとても心強いです。

janglejapさん、ありがとうございます。
もがく中で何かが見えてくることを期待して、もがき続けていきたいです。

2011-03-04

疲労困憊

19:46

今週は一体何件保護者に電話をかけだだろう。

放課後の時間は、全て保護者との電話で終わった。

授業の準備は毎日ゼロ。

まともな授業ができていない。

毎年同じミスを繰り返して、自分は成長しているのだろうか。

自分がいると、職場や子どもに迷惑をかけてしまうのではないか…。

最近、そんなことを真剣に考えている自分がいる…。

sakusaku0428sakusaku04282011/03/05 05:05《毎年同じミスを繰り返して、自分は成長しているのだろうか。自分がいると、職場や子どもに迷惑をかけてしまうのではないか…。》
私もときどき同じようなことを考えて凹んでしまいます。

ちなみに、こちらも「一体何件電話をかけるといいんで笑」って感じでした。
●ささいなきっかけで、近くの公園で喧嘩(たいまん?)。
●イライラしている生徒が他の生徒にいんねんをつけて暴れた。
●テスト中に丸めた紙をキャッチボール。
●昼休みにお祈りをする子に特別に教室を貸しているのですが、その教室で騒いでけが人が出た。
●帰国する生徒がいてその確認。
●転校の可能性がある生徒がいてその確認。
○トラブルを起こして指導していく中で「今日は何事もなかった一日にしよう」と約束をした子が、約束を果たしたので、その報告。

できることなら、いいことをたくさんお伝えしたいですよね。
だから、こんなことも考えます。
「まずいこと」があったので連絡をするのですが、それをきっかけにして「いいこと」をお伝えする。
なかなか言うは易し、行うは難し、なんですが…

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/03/05 09:39私は、今年度の1学期の後半から2学期にかけて7kg体重が減りました。子ども同士のトラブルに親が加わり大変でした。夜は家庭訪問に追われ、睡眠時間を削って早朝に仕事をする毎日・・・。担任としての責任も感じ、精神的にも肉体的にもダウン寸前でしたが、何とか今に至っています。これも肥やしと思ってがんばっています。お互い教師としての仕事に誇りを持ってがんばりましょう。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/03/05 11:11私は、今年度の1学期の後半から2学期にかけて7kg体重が減りました。子ども同士のトラブルに親が加わり大変でした。夜は家庭訪問に追われ、睡眠時間を削って早朝に仕事をする毎日・・・。担任としての責任も感じ、精神的にも肉体的にもダウン寸前でしたが、何とか今に至っています。これも肥やしと思ってがんばっています。お互い教師としての仕事に誇りを持ってがんばりましょう。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/03/05 11:14同じコメントが2回…。削除できませんでした。

ghjalghjal2011/03/05 13:57どこもかしこも、この国の先生たちは疲労困憊なんだなあ。なんとか救える手立てはないのかなあ。みんな、見て見ぬふりをしているのかなあ。余力があったら、みんなもっとチャレンジするのに。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/05 14:50sakusaku0428さん、自分も考えないようにしているのですが、ついつい悪い方に考えがいってしまいます。なんとかよい方に考えたいのですが…。

suikanomeisantiさん、自分も早く教師としての喜びを心から味わいたいです。そんな日が来ることを願ってもう7年。まだまだ我慢の時なのでしょうね。自分が成長するための試練を与えられていると思って頑張るしかないのでしょうね。

ghjalさん、いつもありがとうございます。
自分自身、アップダウンの激しい人間だと思います。
日々の忙しさで、コントロールが難しい状態になっています…。
なんとか、この状況を打開したいのですが、なかなか今は無理な状況ですね。

2011-03-02

第18回行列のできる『学び合い』相談所 ~『学び合い』石川の会~

23:44

訳あってしばらく更新できませんでした。気持ちの整理ができたので自分自身が感じたことや学んだことを中心に書いてみます。

【課題について】

・「できた」「できていない」が教師も子どももはっきりと分かるものにする。

・この時間に何ができればよいのかを明確にする。課題が明確ならば、意欲向上にもつながる。

・課題が終わった子が何をすればよいのか、はっきりさせておく必要がある。

【全員ができることを】

・達成すべき姿を明確にする。

・全員ができることを意識するクラスにするためには、全教科、全教育活動に渡って「全員ができること」を求め続けることが大切である。

・全員ができてから次のことをするということを徹底する。

・よさを褒めることで広める。

【子ども同士のかかわり】

・仲良しグループを脱したときに褒める。いつもと違う関わりを。そのためには、全体を把握する余裕が必要である。

・かかわりの制約を設ける(何人以上に見てもらう。聞いてもらうなど。)

・人と上手く関われない子には、コミュニケーションスキルを教えておく。(教えてもらうときは、大声を出さずに素直に聞くこと、教えてもらったら感謝の気持ちを伝えること)

【自分たちで何とかしようとする集団づくり】

・先生に頼らずできたことを褒める。(~さんの~という説明がよかった、~さんのおかげで分かったなど)

【キーワード】

「目標の明確化」「褒める」

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/03/03 00:21はじめまして。今年の2月から『学び合い』を実践し始めています。ただ、最近はこれでいいのか迷いの連続です。『学び合い』は、優れた学級経営力を土台に成り立つのでしょうか?教師の力はやはりそこが問われる…。『学び合い』をすれば、よい学級経営ができる?なんて考えている自分がいます。唐突にこんなコメントお許し下さいね。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/03/04 19:33コメントありがとうございます。
学級経営力が土台ではないかと思います。
自分は、学級経営が下手くそなので、『学び合い』がうまくいっていないし、徹底できていないのかなと…。結局、教師の語りが、心に響いていくような集団を作っていないと、『学び合い』は機能しない気がします。
最近、自分がうまくいっていないのでそう感じるだけかもしれませんが…。