共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2011-02-17

今日のメモ

22:41

とにかく、語尾に気をつけた。

曖昧にならないように、明確に指示をした。

プラス表現を多様。

「できる。」

「大丈夫。」

「ほら、できた。」

「前よりいい。」

「やった。」

「ありがとう。」

問題行動の指導の後には、「あなたならできる。」

メリハリをつけた言動。

自分自身がそうすることで、

子どもたちにも締まりが出る。

大げさなくらい、いいところは褒めた。

間髪入れずに。

KUMIKUMI2011/02/19 01:44色々指導法とかあるけど、やっぱり何にも代えられない
「褒める」ということ。あたしだって、大人だって、
褒められたらヤル気がでるもんね!褒め言葉の種類を、
どんどん増やしていけたらいいよね。
「さすが!」「すごい!」「えらい!」「頑張ったね!」
「できたね!」「とても良かったよ!」「素敵だね!」
まだまだいくらでも考えたら出てくるね♪
あー、あたしも褒められたいな~(^3^)

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/02/20 16:18そうですよね。誰だって褒められたらうれしい。
できるだけプラスの言葉を使っていけば、ポジティブな気持ちになれそうだよね。