共存共栄

石川県の公立小学校で『学び合い』実践中。
みなさんと、そして、子どもたちと共に成長していきたいと思います。
興味のある方は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んでご連絡下さい。

2011-10-01

ブログ変更します

21:24

そろそろハンドルネームmizyukukyoushiが嫌になってきたので、変更することにしました。名前だけで劣等感を感じてしまうので…。新ハンドルネームJoyfull1129として新たにスタートを切ります。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Joyfull1129/


時々、こっち(共存共栄)にも書くかもしれませんが…。まあ、どちらもよろしくお願いしまーす。

2011-09-24

こもってみた

15:37

職員室戻りたくない病になっているので、先週の放課後は教室にこもって仕事をしてみた。結果、仕事は進んだ。でもね…これでいいんだろうか。確かに精神的には楽だけど。

scorpion1104scorpion11042011/09/24 16:34私も以前、管理職とトラぶって職員室の机の上をきれいに片づけて教室で仕事することを選んだときがありました。気が楽でした。目的は、管理職の顔を見たくないからだったんですが。目的は、何のためにこもったのかをもう一度自分に問うてみるといいのでは、ないでしょうか?それで、不安であればその方法ではないもっと良い方法を探してみてはいかがでしょう。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/09/24 17:10今の自分の状況はまさに管理職の顔を見たくないという状況だと思います。また、周囲に影響されやすい自分だから、周囲を気にせず、自分のペースでできる環境を選んだのだと思います。たぶん、自分では一時的なものかなあと思っています。人間そっとしておいて欲しいときもあるので…。今がそのときなのかもしれません。

2011-09-21

うーん

06:31

自分のしていることが評価されないのはつらい。

結局は結果が全て。

結果につながらない努力をしていても駄目。

あれも駄目、これも駄目…

だんだん選択肢がなくなっていって、追い詰められていく。

焦り、不安。

これだけ認められない日々が続くと、自分が一体何をしたかったのかすら見えなくなってくる。

この状態を打開するには、自己満足するしかないのかな。

ogymogym2011/09/21 21:26あれですね、まさに
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
「鳴かぬなら鳴かしてみせようホトトギス」
「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」
の、どのタイプでいくかですね。

私は無理なときはああ、無理なんだなあって呆けて・・・
「鳴かぬなら、忘れて待とうホトトギス」かしら・・・^^;です。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/09/24 15:28そうですね。
もしかしたら、初めから期待しない方がいいのかもしれません。
自分は自分なりにやっていけばいいんですよね。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/19 03:57「鳴かぬなら…」
「鳴かぬなら、カラスでがまんホトトギス」
 ♪カラスの勝手でしょ~ っていうのはどうで笑か?

2011-09-17

授業ビデオを見る

16:07

昨日撮影した授業ビデオをDVDに焼く際に、見てみてました。自分の授業を見るのはなんか嫌なもんです。変なクセとか、授業の粗がじゃんじゃん見えてくる。

でも、我慢してみていると気づきもあります。

・説明時間が長い&しつこい。(泣)子どもが早く活動したがっている。

・話すスピードにあまり変化がない。大小の変化はある程度あった。

・褒める場面が少ない。

・子どもの行儀が悪い。そして、それに気づいていない自分。

反省です。あと、授業の後半、15分くらい立ち歩きOKタイムをとりました。そのときの子どもの動きで気づくこともいくつか…。

・思った以上に教え合っている。(おそらくゴールが明確だったからか。)

・ずっと私の近くにいる子発見。教師を頼りにしている?

まだまだのところが多いですが、いろいろと気づくこともあり、よかったです。

何とか持ち直した

15:52

運動会後の一週間。とても暑かったこともあって、本当にきつい一週間でした。特に序盤。予想通り、自分も子どもたちも週明けはボーッとしていました。

気合いの入らない火曜日。何だかイライラしてばかりだったような…。まあ、準備不足もあったかもしれないな。子どもたちも何だかイライラ。きつい言葉が飛び交います。嫌がらせも相次ぎ、帰りの会で説教してさようならという最悪の終わり方。

水曜日。前の日の状態を引きずらないようにしようと思ったけれど、朝は調子が悪く…でも、子どもたちは思ったよりケロリ。それに救われた感じでした。ところがところが、その日行われた隣の先生の研究授業の整理会で、管理職と険悪ムード。またまた、いや~な終わり方になってしまいました。

木曜日。吹っ切れた感じで、思ったより自分の調子がよく、以前書いたような熱い語りを展開。それで、子どもの動きもちょっと変わったかなという感じ。この日は次の日の準備もあり、帰りが遅くなってくたくた…。

金曜日。研修のための授業ビデオ撮りと総合の導入があり、バタバタな一日。でも、子どもたちに言いたいことは伝えることができていると感じた。割と授業に向かう姿勢もよくなってきたかなあ。きつい言葉も火曜日に比べたら明らかに減っている。

と、こんな感じで山あり谷ありの一週間でした。3連休、3日行って、また3連休と何だか締まりがなくなりそうですが、頑張っていきたいです。来週からは涼しくなりそうですからね。

ima-kiyima-kiy2011/09/17 20:16僕も自分の語りをICレコーダーに録音して自己モニターしていました。抵抗はあるけど、いろんなことに気づけますね。

mizyukukyoushimizyukukyoushi2011/09/17 23:20はい。客観的に自分の授業を見つめるといろんなことに気づきます。また、子どもたちの姿も、自分で授業をしていると見えない部分も見えます。冷静に分析すると、次の授業づくりにつながりそうです。

2011-09-15

総合のメモ

23:20

どんな活動にも、目的が必要。

何のために、それをしているのかが大事。

これをはっきりさせるために、今、この活動をしているんだというものが必要。

大きなテーマ。単元を貫く課題。

それが弱いと、どんなによい活動もあまり意味のないものになってしまう。

目標、活動、評価がつながっていないと…。

熱い語り?

23:15

昨日、断崖絶壁から転落したかのような精神状態でしたが、今日は、何か吹っ切れたのか、割と調子がよかったように思います。不思議なもんです。

それは、放出授業で別の先生が自分のクラスで授業している時間のこと。いつもなら、この空き時間に宿題の丸付けをしてしまうのですが、今日はすでに丸付けは終わっていたので、子どもたちの様子を見てみることにしました。自分が授業をしているときは気づかないことも、いろいろ見えてきます。特に行儀の悪さが…。筆をいじるやら、文鎮をいじるやら、墨を触るやら…全然話を聞いていない。もう、今日はそれで頭にきて、次の時間は説教タイムからスタートになりました。自分の調子が悪いときは、説教していても、うまくしゃべることができずに、結局何が言いたいんだ?という状態になることが多いのですが、今日は違いました。冷静ですが、語りは熱いという感じで、面白いように言葉がおりてきました。結構、子どもたちには伝わっていたように思います。こんな日もあるんだなあ。

遅い帰宅

22:55

今日は、久しぶりに帰りが遅くなってしまいました。やってもやっても終わらない授業の準備。結局、9時を過ぎてしまい、もう頭が働かなくなってきたので、あきらめて帰ってきました。

明日はやることが多い。というよりも重い。来月の研修のために、授業を録画して、DVDに焼かなければいけない。同じく来月の研究授業に向けての総合の授業の導入。あまり気の抜けない一日です。しかも、今週はとにかく暑い…。でも、次から3連休。来週からは暑さも収まってきそう。あと少しの辛抱。