Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-07-09

読みの方略。

| 読みの方略。 - 幸福論 を含むブックマーク

今、教職大学院のグループ学習で、ある探求課題に取り組んでいます。

その大きなテーマが、「読みの学習とは何か?」です。


以前、kota_02さんの書かれていたblogにも読みのことについてありました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kota_02/20150606/p1

わたしはずーっとここに書かれてある本のことで、引っ掛かりを感じていました。

そして、うまくその引っ掛かりを言葉にできず、もやもやとしていたのです。


昨日、課題を出してくださった先生のところへ、グループの人たちとお話を聞きにいって、ちょっとそのもやもやが晴れた気がします。

その先生は、読み手が「あ、この本を書いた人って、こう思って書いたんじゃないかな?」と本の内容を解釈していくことを、読みの方略、とおっしゃっていました。

ただし、それは自分ひとりで読んでいるうちには、はっきりと意識されないことが多いのだそうです。

でも、別な方略を持った人と話し合うことによって、

「ん?自分はこう読んだんだけど。こっちの方が正しいんじゃない?」

という気持ちが出てきて、もやもやとします。

このとき、「こっちの方が正しいんじゃない?」を強く思ったり、言語化したりすることで、霧がかかって全貌の見えなかった自分の「読みの方略」が、少しずつ見えてきます。


実際、『白いぼうし』というあまんきみこさんの短編集の一部を読んで、

他の人と話し合いをしているときに、同じようなことが起こりました。

ある人が「これは現実にはあり得ない話だから、結局は全部主人公の夢でしょ」と言ったのです。

わたしはファンタジーのお話を読むのが好きで、現実にはない世界に入り込んだところで楽しさを感じながら読んでいたので、

(ええーっ。それを言っちゃったら、ファンタジーの面白味がなくなるのに……。というか、そんなことを言うんだったら、そもそもこの主人公もいないし。)

と思って、なんだかいやーな気持ちになりました。


でも、と思います。

わたしが思うファンタジーの面白味ってなんだろう?

これまでは意識もしなかったことですが、その人の一言から自分がそのお話をどう読んでいるのかを考えるきっかけができました。

自分の読みの方略と他人の読みの方略がぶつかったとき、自分の読みの方略がより強く見えてきたのです。

これは、とても大切なことのような気がします。

読みの方略を、そのままその人の価値観に置き換えてみると、ああ、なるほど。そういうこともあるよな。と感じました。

2015-06-10

グループワーク。

| 01:38 | グループワーク。 - 幸福論 を含むブックマーク

ただいま、院の授業で絶賛グループワーク中です。

現職院生さんとわたしのような学卒の院生たちが入り交じり、9人×7グループで、それぞれのグループが教職大学院の教授方から出された課題をそれぞれに取り組んでいます。

課題は最終的に、発表できる形にまとめ、全員の前で発表します。


グループワークが始まって、もう2~3週間。

わたしのグループには、この人が2年間も現場にいないなんて、もったいない!(なんて言い方は失礼かもしれませんが。。)

そう思うような現職の方が、たくさんいます。


今日は、自分が先生になれたら、こういう考えを持ち続けられる人になりたいなあ。と思う出来事がありました。

それは、グループワークで一緒の現職院生さんとお話ししているときでした。


わたしたちのグループは、最初は、調べたことを分かりやすく発表する、というプレゼン形式の発表で、最後に質疑応答の時間を設けるはずでした。

が、なんとなく言葉が専門的すぎて、もしわたしがこれを30分も聞くとなると、きついな……と感じたので、

「わたしが発表を聞く立場だったら、聞いていて分からないことがあれば、その瞬間に誰かに聞けたり、そこからまた何かを考えたりできる時間があると嬉しいな、と思うのですが、こういう方法はどうでしょうか?」

とグループワーク形式の方法を提案してみました。

すると、

「なるほど~そうしてみましょうか!」

と言って、その現職院生さんがわたしの言葉を受け止めてくださったのです。


正直なところ、反対されるだろうな、と思っていました。

というのも、その方は、この発表のために何冊も本を読み、休みの日も図書館で勉強し、毎回打ち合わせのときに大量の資料をわたしたちに提供してくださっていたからです。

グループワークにするということは、そうまでして調べたことを『発表しない』ということなのです。

正直なところ、わたしもその方ほどではありませんが、資料に目を通し、自分でも気になるところは調べて、分かりやすく発表するためには……とまとめてきたので、

誰かに伝えないともったいないなあ、という気持ちでいっぱいでした。

だからこそ、反対されてもそれはそれで仕方ないかもしれない、と思っていたのですが。


「じゃあ、時間がないから、これとかこれは、説明する必要はないね。ここも、うーん、いいや、削りましょう!」

と、その方が、バッサバッサ発表内容を削っていくのです。

最低限の説明にとどめよう。ということで、それぞれが削っていき、最終的には、わたしの方が持ち時間が多くなってしまいました(笑)




しかも、だんだん発表の形ができてきて、方向性が見え始めたとき、その方がわたしに、

「いやー、学卒院生さんが遠慮せず意見を言ってくれるから、発表って最初は堅苦しいものだと思っていたけど、普通に授業するのと一緒だな、と思えました。ほんとにすごいなあ」

とおっしゃったのです。

わたしは、冗談ではなく、本当に2、3秒ほど固まってしまいました。



わたしは同じ立場だったとして、この言葉が言えただろうか?



学び続ける教師というのは、学ぶべき何かを求め続ける教師というよりも、何からでも学べる姿勢をもつ教師なのかもしれないな、と感じた日でした。

2015-06-09

仙南の会。

| 19:16 | 仙南の会。 - 幸福論 を含むブックマーク

土曜日、仙南の会に参加してきました。

主催されたg5o0t9o9さん、素敵な会に参加させていただき、本当にありがとうございました。

いろいろな会に参加して感じることは、会全体が、主催される方の雰囲気に包まれているなあ、ということです。

仙南の会も、g5o0t9o9さんのお人柄が出ている、緩やか~で良い加減に力を出せるような雰囲気でした。


昔、合気道をやっていたのですが、

合気道とは、いかに相手を傷つけずに無力化するかというところに特化した武術で、

なんとなく、その構え方に似た雰囲気を感じました。

(この例えは合気道に触れたことのある方にしか分からないかもしれませんが……;)


それから、この会では、お名前は拝見したことがあるけれど、お話ししたことはない、という方々ともお話しすることができて、念願のひとときでした。



自分がこの会に出て、一番「おおー!」と頭の中で繋がったのは、

懇親会で、中学数学の先生とお話ししていたときでした。

その方は、去年g5o0t9o9さんと同じ学校で、今年は別の学校に移動になったけれど、

この4月から『学び合い』を始めたそうです。

どうして『学び合い』をしようと思ったのか訪ねてみると、

学校の授業検討会(?)でg5o0t9o9さんの考えなどを聞いて、いいな、と思ったからだとか。

えっ、でも、g5o0t9o9さんは理科で、数学で……え?

と思っていると、他教科の先生でも集まって話し合ったり相談したりする機会が多かったのだそうです。


この前のN高校の公開授業で受付をしていたのですが、

英語の先生は英語の時間に参観に来て、数学の先生は数学の時間に参観に来て、、、

というパターンが多いような気がしました。

時間の都合で仕方のないことなのかもしれません。

しかし、『学び合い』の場合は、どの教科を見ても(例えその教科の専門的な知識が無かったとしても)、生徒の学んでいる姿から検討会などで思ったことを発言することができるように思います。


この中学数学の先生も、理科という違った教科であるにも関わらず、指導についていいな、と思えたのは

そのような教科の垣根を超えた生徒の見方ができるから、という理由もあるんじゃないかなあ?と思いました。


これまでも何度もいろんな方から聞いてきたことですが、自分の中であーなるほど、と繋がった瞬間でした。

2015-05-25

チャーリー。

| 23:41 | チャーリー。 - 幸福論 を含むブックマーク

今日の午後、T先生の計らいで、大学近辺にあるフリースクールを数人で訪問させていただけることに。

出迎えてくださったのは、フリースクールを運営しているチャーリーさんと、そこに通う高校生のNちゃんでした。

不登校の子どもたちの受け皿になっているけれど、大々的には宣伝できない難しさ(不登校を積極的に増やすわけにはいかない、ということで……)や、

出会った人から「もっと早くここの存在を知っていれば」と言われたときのもどかしさなど、運営している立場だからこそ感じる悩みなどをお聞きすることができました。


印象的だったのは、フリースクールに子どもをつれて訪れる親御さんに、チャーリーさんが最初に説明すること、でした。

「ここは、子どもさんを学校に戻そうとする場所じゃない。なぜなら、学校に戻ることがそのままその子のハッピーかどうかは分からないから。結果的に学校に行きたくなることもあるかもしれないけど、目的は『元気な姿を取り戻す!』ということ」

確かに、そのフリースクール、すごく居心地がいいんです。

ここなら、自分が安心して居られて、元気を出せそう、とわたしは思いました。

チャーリーさんの持っている雰囲気が、その空間を作り出しているのでしょうか……。


それから、Nちゃんにも質問をしました。

「わたしは、フリースクールに通ったことがないから分からないのだけど、学校は嫌でも今日やらないと、ってことをやるけれど、フリースクールの場合、今日やることを自分で決めるそうですね。そのとき、自分に甘くなってしまったりしないんですか?」

今質問を見返すと、自分の意志の弱さがあらわれまくっていますね(笑)

こんな質問にも、Nちゃんは丁寧に答えてくれました。

「わたしの場合は将来やりたいことが決まっているので、そのために必要なことを毎日しています。甘くなることもあるかもしれないけど、こっちの方が自分で計画する力もつくし、本当に大切なことをできるから」

精神的にわたしよりも何歳も大人なんじゃないかと思うような答えでした。




その他にも、チャーリーさんが「別に学校と対立したいわけじゃない。仲良くしたいと思っている。目指すところはおんなじだから」と言う反面、

「日本の学校は、お休みの日まで子どもに干渉してくるんだ」と、外国と比較すると信じられない!というようなこともあるのだとおっしゃっていました。

例えば、映画を子どもだけで観に行かない、とか(笑)


学校教育に求められることが広くなったことによって、お休みの日まで干渉せざるを得なくなっている、ということなのでしょうか。

家庭によっても、ひとつひとつ、捉え方が違うところだろうなあ、と思いました。




それから、自分の子どもさんへの対応で、

「子どもが危険な場所で秘密基地を作って遊んでいたりすると、危ないよ、と止めたくなる。でも、その秘密基地を作って遊んでいること自体は、とてもチャレンジ精神があっていいことだし、それを邪魔してしまうのもどうかな、と思う。自分の気持ちと子どもの成長、ちょうどいいところで着地点を見つけるのが難しい」

とおっしゃっていました。

チャーリーさんの、子供の都合と自分の都合を同等に見ている姿勢に、素敵だな、と感じます。

きっと、子どもさんは、幸せだろうなあ、と思いました。


嬉しくてついメモが長くなってしまいました。

本当に、素敵な場所に巡り会えました。

ここを離れるまでに、また何度か訪れたいと思う場所でした。

2015-05-21

今日の授業。

| 23:29 | 今日の授業。 - 幸福論 を含むブックマーク

アクティブラーニングについてのこれまでの流れや、これからのことがすっきりと分かりました。

先週の金曜日に北信の会で、高校の先生方と大学入試の仕組みが変わることについてお話しをしていて、

そのようなニュースは前々から目にしているけれど、

実際のところ、どういう経緯で変わって、変わっていったら現場はどうなるんですかねえ?と質問していたところだったので、疑問の絡まった糸が解けていったような感じです。


そのとき先生方に聞いたことの情報元は、具体的には文科省の諮問などを見ていって確認しなければならないので、

あのなが~いのを読まなければならないのかあ。。。と思っていたところ、

具体的に文科省の出している○○のこういう部分で、○○のところに注目すればいいんだ、というコツのようなことを今日の授業で教えていただいたので、

自分が自力で調べようとしていたことが目の前に舞い降りたような、とてもお得感のある授業でした。

これで、読むのを億劫がっていた諮問なども、ちょっと開いてみようかなあ、という気持ちになりました。






別の授業では、「運営と経営の違いについて」を考えたのが面白かったです。

確かに、学級運営、学級経営という言葉はよく聞くけれど、違いは?と聞かれると明確に答えることってできないなあ、、、と。


隣の席の方とネットで調べてみると、

「経営は現場から離れたところにいる人が考えて行われていて、運営は実際にその人が現場に出向いて行われている」というようなことが書かれてありました。(いくつかあったのですが、これが一番わかりやすかったです。)

そこで、この言葉を見たその人が、

「経営は頭で、運営は体!」

とおっしゃったのが、自分の中ではすごく分かりやすいな~と感じた表現でした。


他にも授業で出ていた例としては、

・経営は社長で、運営は店長

・経営は発展で、運営は維持

など、なるほど~!と頷けるものばかり。

発展と維持は、まさにそうだな、と思います。

学級運営は誰もが日常的にしていくもの、というイメージですが、

学級経営となると、ひと手間ふた手間かけなければならないのかな?というイメージになります。


学級を経営していくことは、科学的な手続きをすることと似ているのだな、ということをこの授業で感じました。



それにしても、今日は、とても、とても、満足した1日でした。

myblueheavenmyblueheaven2015/05/22 19:58アクティブラーニング。今日初めて認識しました!その直後、このブログを発見!運命感じました(≧∇≦)
私もまだ勉強不足ですが、『学び合い』とリンクして現場で堂々と学級経営・運営したいです。またお話したいです(*^_^*)

mei-c5mei-c52015/05/23 00:28>>myblueheavenさん
そうだったんですね~偶然にも、いいタイミングでメモ出来てよかったです(^^)
聞いていてわかるのと自分が説明したり実行したりできるのは全く別で、まだまだ自分の中で噛み砕けていないな、とメモしながら感じました。
ぜひ、実践されていることなど、いろいろ学ばせてください(*^O^*)