Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2016-09-22

何のために。

| 何のために。 - 幸福論 を含むブックマーク

「叱る」の中でも、大きい声や普通の声、小さい声などの声のボリュームがいろいろあります。


その中でも、大きい声は何を目的としているのか。

わたしが思うに、一番の効果はびっくりして動きが止まることかな、と。

本当に命に関わる危ないことや怪我をすることは、その瞬間に子どもの動きを止めてでもやめさせないといけないことがあると思います。

ただ、その場合には動きが止まったあとでちゃんとびっくりさせてしまったことを謝るところまでがセットです。


それ以外のことについては、そんなに大きな声は必要ではないと感じています。

今のところ、です。

やっぱり実際にクラスを持つと変わっちゃうものなのかな……。

soulbombersoulbomber2016/09/22 20:00若い先生の立場だと、「周りからちゃんと指導してるって思われなきゃ!」という思いからついつい強い指導に走ってしまうことがあるように思います。大阪の金大竜先生は「イライラしたときは右のポケットから左のポケットにクリップを移動させると、そのうちにイライラが消える」とおっしゃっていました。

strongmind222strongmind2222016/09/22 22:33私の場合は、いらいらしたら「合掌をする」がそれを鎮める定番です。手を合わせると怒れませんよ(笑)
大きな声で叱るのは、子どもたちにイライラを募らせるだけだと思います。大人の世界ではそうあることではありませんし。
でも、命の危険がある場合だとか、そういう場合はmei-c5さんのおっしゃるように大きな声を出すべきだと思います。理由も先ほどと同じで、大人の世界でもそういう場合は悠長なことを言ってられないからです。
(あくまで私の意見ですが)

ogymogym2016/09/23 02:14>>いらいらしたら「合掌をする」!!

今度やってみよう、と思いました^^。

mei-c5mei-c52016/09/23 22:50>>soulbomberさん
ありがとうございます(^^)
「ちゃんと指導してるって思われなきゃ!」……て、本当にきっとクラスを受け持って責任のある立場になると必要以上にできていないところを見つけてイライラしてしまうんじゃないかな、と思います。
クリップ、右ポケットに常備しておきます!

mei-c5mei-c52016/09/23 22:54>>strongmind222さん
合掌!すごいですね~
確かに、拝みながらは叱れない……(笑)
斎藤一人さんの「ありがたいなあ」と呟いてからその理由を考えるのもそんな感じですよね。行動や言動は、意外にも考えを変えられるものなんですね(*^^*)

>>ogymさん
お得情報、ラッキーです♪
効果を教えて下さい!