Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-11-17

価値を見出だす。

| 価値を見出だす。 - 幸福論 を含むブックマーク


最近、石黒浩さんのインタビュー記事や本を読み漁っています。

何も前提がない状態からの「なぜ?」をたくさん持っている方で、

石黒さんのお言葉を拝見していると、そう言われてみれば、そうだな!なんでこれまで自分は気にしてこなかったんだろう?と思うことだらけです。


例えば、石黒さんは小学生の時に先生から「人の気持ちを考えなさい」と言われたそうです。

でも、「人ってなに?」「気持ちってなに?」「考えるってなに?」全部わからないのです。

しかも、大人は答えを教えてくれない。

結局はみんなわからないのです。

わかったふり、はできても、わからない。

わかったふりでわかったようにしているのは、思考停止じゃないの?

それが大人になるってことなの?


石黒さんは、それじゃあ大人社会に出ていきたくない、と研究者の道を選んだそうです。

これはこれで、すごくおもしろい人生だな、と思います。



そんな石黒さんが、あるTV番組の中で「命に価値が無いからこそ、生きる価値がある。」とおっしゃっていました。

命は尊いもの、大事にしなければならない。ずっとそういう考えがあったわたしにとっては、え?と耳を疑うような言葉です。

でも、なんで尊いの?なんで大事にするの?これまでは、それを深く考えずにいました。

なので、それからずっとその言葉が引っ掛かって、よく考えてみることにしました。


わたしの命の価値って、もう決まっているものなのかなあ。

そうだとすれば、誰がそれを知っているんだろう。

もしもそれを知っている人がいて、教えてもらったとして、ああそうか、とわたしは納得できるのかな。

たぶん、気に入らなかったら、えー!それは違うでしょ。とか反論するかもしれない。


結局は、そんなもの誰も持っていなくて、自分で決めることなのかもしれないな。

だとすれば、決めるためには、とにかく生きていないと。

ああ、だから「命に価値がないから、生きる価値がある」か!

そんなふうに、巡りめぐって、やっと自分の胸に落ちてきました。


確かに、みんな価値があるんだよ、よりも、みんな価値がないんだよって言われた方が、ちょっとほっとするかもしれません。

そうすれば、わたしには価値なんてないから、と落ち込まなくてすみます。

ないから、みんなそれをつくっているんです。

わたしも、毎日作っています。

kota_02kota_022015/11/17 23:00来年の話ですが、gacco http://gacco.org/list.html で、
石黒浩教授の「人とロボットが共生する未来社会」が、
2016年3月15日から、また開講するようです。
面白かったですよ。無料だし。
日本科学未来館のアンドロイドも面白かったです。
高校生だったら、大阪大学に入学したいです。

mei-c5mei-c52015/11/18 00:21>>kota_02さん
迷うまもなく受講登録しました。ここに書いて本当によかったです!こんな素敵な巡り合わせがあるなんて。
これから来年の3月が楽しみで仕方ないです。
阪大、すごいなあ。今は実際にテレノイドに触れてみたくてうずうずしています。