Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-10-12

障害があるからこそ。

| 障害があるからこそ。 - 幸福論 を含むブックマーク


片桐健司さんの『障害があるからこそ普通学級がいい』という本に、こんな一文があります。


****

こちらから見れば、困ったことでも、無駄に見えることでも、決してそれは彼にとってあってはならないことでも無駄なことでもなく、それが学びや成長の過程なのだ。

****


「一人も見捨てない」社会を目指していくと、

自然と、多様性を認めていく環境になっていくと思います。

多様性を認めていく環境にならなければ、どこかで誰かを見捨ててしまうことになるからです。

自分の常識に当てはめて考えると「!?」と思うようなことが、相手の常識では普通、ということもたくさんあります。




昨日、ある人と話していて、とてもおもしろい考えを聞くことができました。

目に見えない存在を信じるか、という話をしているときに、そんな話になりました。


「おばけとか幽霊っていないと思うけどなあ」

とわたしが言うと、その人は「おばけとか幽霊っていう概念が、そもそも人間都合になっている」と言っていました。

人間は「おばけ」や「幽霊」という概念を利用することによって、何か利益を生み出したり、市場を動かしたりしているのではないか、と。

そうではなくて、目に見えない存在も、あるかもね。と思えることが、今人間の抱えている問題を解決することになるかもしれない。

つまり、人間の次元で問題と思われていることを、全く違う次元で捉えたときに、何か解決の糸口が見えるのかも、ということです。


具体的には全くどうと言えない話ですが、概念的にはかなり納得する話でした。

これまで「おばけとか幽霊はいる!」と言う人って不思議だなあ、と思っていましたが、なんとなくそれもありか、と思えた瞬間でした。

motoryoumotoryou2015/10/12 19:14人間って,やっぱり自分中心にできているんだなあ,と。(笑)でも,それを分かった上で,他の人もそうなんだよね,と認めることができればそれでいいじゃんって思うんです。あ,自分の頭の中でした。本文のコメントになっていませんねー。

ogymogym2015/10/13 22:32>>自分の常識に当てはめて考えると「!?」と思うようなことが、相手の常識では普通、ということもたくさんあります。

プログラマさんの常識、魚屋さんの常識、商社マンの常識、学生の常識、先生の常識…みんな違うって感じですね。そういえば、学校を異動した時もその学校の常識を理解するのに苦しむことが多々ありました。

つえ蔵つえ蔵2015/10/14 19:43多様性を認めつつ、安易に流されることなく、想いを貫く。
難しい。
いろんな立場を認めてたら自分がどこに立ってるかわからなくなるし、貫くことに目が向くと異なる意見を排除したくなるし…。
不器用だな。

jun24kawajun24kawa2015/10/14 21:50前後の文章を知らないのでトンチンカンなことだと思いますが、「彼にとってあってはならないことでも無駄なことでもなく」なのが違和感を感じます。なぜ、「彼らにとってあってはならないことでも無駄なことでもなく」ではないんだろう、と。

mei-c5mei-c52015/10/14 22:24>>motoryouさん
自由の相互承認ってこういうことなんですかね?
いえいえ、コメントくださってありがとうございます。嬉しいです。

>>ogymさん
同じ学校という括りでも常識が違うなんて……!
でも、そこが難しいところであり、おもしろいところなんでしょうね。

mei-c5mei-c52015/10/14 22:40>>つえ蔵さん
合わない部分は無理に合わせず、「合わないね」で。でもそれ以上、攻撃したり干渉したりはしない。
そんな多様性の認めかただと、楽だなと思います。


>>jun24kawaさん
誤解されるような切り取りかたをしてしまってすみません。
これは、その子のみについて語られている部分で、もちろんまわりの子たちにとっての良さも記述されている部分はあります。
文面からも、間違いなくこの筆者の片桐さんは「彼ら」にとっての良さだと感じていますよ。