Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-10-03

対処法。

| 対処法。 - 幸福論 を含むブックマーク

誰しも、自分の抱える問題の対処方法を持っている(がある?)と思います。

どうしても耐えられないような辛いことがあったときには、○○をする

というように。

今日、わたしはもう少しその対処方法を増やしていかなければならないな、と感じました。


わたしの場合、それが今のところ二通りしかありません。

第一の対処方法は、話を聞いてもらうことです。

その対処方法の道が絶たれると、残るのは一通り。

それは、とにかく寝てそのことを考えないようにする、ということです。

今は、第一の対処方法が使えない場合、体が自然とシャットダウンモードになって眠くなる、ということがわかっています。(本当に、勝手に体の動きが鈍くなっていきます。)


でも、現実問題として、眠れないときもあります。

だからこそ、なんとかして対処方法を増やしたいのです。


対処方法を増やすことは、精神的な自立にもなると思います。

以前にどこかで、「自立するということは、人に依存しないことではなく、依存する人数をより増やしていくことだ」という主旨の情報を聞いたことがあります。

つまり、精神的な自立とは、誰か一人に頼りきってしまうのではなく、より多くの人に分散して頼ることができるということ。

そうすれば、もっと楽なんだろうなあ。。。


昔であれば、話を聞いてもらう人もかなり限定されていたのですが、今では少しずつ聞いてもらえる人を増やすことができています。

まだまだ、少しずつ、ですが。

こうして、人に頼れることって、本当にいいよなあ、と思っているからこそ

子どもたちには、「困ったときは他人に助けを求められる」人になってほしいなあ、と思います。

そして、「困った人が居れば、気づける人・助けてあげられる」人になってほしいなあ、と。

学び合い』で私が伝えたいのは、ただそれだけの願いだな、と思います。