Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-09-15

死ぬ権利。

| 死ぬ権利。 - 幸福論 を含むブックマーク

11日に、カリフォルニア州安楽死尊厳死を合法化する「死ぬ権利」法案が可決したというニュースを見つけました。


ふと、伊坂幸太郎さんの本の中で出会った衝撃的な内容を思い出しました。

今手元に本がないので、定かではないですが、確か

「人は自分の死を瞬間のものとしてとらえている」という内容でした。

それは、苦しいのは一瞬だけ、という意味です。

でも、実際に病気にかかった場合には、もう死んだ方がましだ、という痛みや苦しみと闘いもがきながら死んでいく、という可能性もあります。

しかし、普段は死とそういった長い苦しみをイコールで繋ぐことがあまりない、と。


もちろん、すべての人がそう思うとは言いませんが、

わたしは、漠然と死を想像することはあっても、そんな苦しみの伴う死を想定していなかったなあ、とその本を読んで、かなりの衝撃を受けたのでした。

安らかな最期は誰にでも与えられるものではない、ということが怖いです。



死ぬ権利を行使する人たちの思いも、知りたいなあ。

きっと、わたしには想像もつかない思いがそこにはあると思います。