Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-09-08

ものさし。

| ものさし。 - 幸福論 を含むブックマーク

大学時代の先生から、東大中原淳先生っていうおもしろい人がいるんだよ、と紹介されてから、中原先生のブログを読むようになりました。

中原先生のブログは平日ほぼ欠かさずに(わたしの知る限りでは)更新されています。

そして、毎回とっっってもおもしろい。


その中でも、最近書かれていた記事にとても共感しました。

そこには、人生には見方のモノサシがあって、それは本当に多様であることや、

中原先生ご自身も学生時代、学力や体力というモノサシに支配されていた、ということが書かれてありました。

以下、わたしがだいすきな部分を勝手に引用させていただきました。


****

世の中には「モノサシ」がたくさんあります

そして、日本という国は「小さい」「小さい」と言われますけど、おおかた、どんなマニアックな領域でも、それをこよなく愛している人がいて、そこには多様な「モノサシ」があり、コミュニティがあるようにも感じます。

そして、それぞれのモノサシで未来が開けることもあります。


逆に申し上げますと、「ひとつのモノサシ」にうまく乗れなくても、「別のモノサシ」を探してみることもできます。

自分の目の前にひろがるモノサシが、唯一のモノサシではありません。

世の中には、モノサシがたくさん転がっているのです

そして、その元には、おおかた、それをこよなく追求している人々がいるものです。

そして、みんな生きている。

****

(引用元 http://www.nakahara-lab.net/blog/i//post_2473.html)


窓際のトットちゃんに出てくる校長先生は、トットちゃんの(一般的に見て)困った行動を目の当たりにしても、それを受け入れました。

わたしは、そのエピソードを見て、ああ、素敵だな。人としてこうありたいな、と感じました。

今はまだなんとなく、ですが、わたしの目指すところは、

たくさんのモノサシで人のよさを感じられる人

なのかもしれないです。

つえ蔵つえ蔵2015/09/09 10:36「たくさんのモノサシで人のよさを感じられる人」に共感!!
いろんなモノサシを良いところ探しに使いたいですね。

mei-c5mei-c52015/09/09 22:26>>つえ蔵さん
そうですね。モノサシが多ければ、人生豊かな気がします(^^)