Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-09-07

ストーリーを語る。

| ストーリーを語る。 - 幸福論 を含むブックマーク

社会構成主義の本には、ローラ・チェイシンらの研究実践が以下のように書かれてあります。


****

平行線を辿り、どこにも辿り着かないような議論が行われる場合、まず


①どうしてこの問題にかかわるようになったのですか。この問題とあなた自信との関係や、その経緯について聞かせてください。

②~~の問題に対する「あなた自身の」新年や展望について、もう少し聞かせてください。あなたにとって最も重要なのはいったいどんなことですか。

③~~の問題に対する、あなたたちのアプローチについて、半信半疑な部分、今一つ確信がもてない点、心配事、価値に関する矛盾、誰かに理解してもらいたい複雑な気持ちなどはありますか?


の3点について互いに質問をしてみる。


①②は個人的体験に関すること、③は異なる立場にいる人たちも確信を持てないでいるということを知ることができる。

結果として、①②③の質問後に議論を行ったとき、意見の異なる「他者」を自分と同じ人間として見られるようになった。

つまり、質問に見せかけて「他者」に難癖をつけるようなことをしなくなった、ということ。

****


これを見てから、質問をするときにこれまでよりも慎重になったような気がします。

というのも、「あっ、○○について質問してみよう」と思ってから、一度自分の中で、

<そもそも自分はどういう経緯でこれを質問しようとおもったのか?>

と、吟味するようになったのです。

そうやって吟味することによって、質問の目的が「他者に難癖をつけること」ではなく「自分の本心としての興味を聞くこと」であることを意識できるようになります。




すると、最近読んでいる鈴木大拙さんの『禅』という本に、同じようなことが書かれていました。


****

仏教者は、その問題の出できたった源泉、もしくは根源そのものに至って、そもそもなぜこのことが問われなければならなかったのかを突きとめようとする。

「実在とは何か」という問いが与えられるならば、かれらは問いをそのまま取り上げないで、ひるがえって質問者自身にまで至らんとする。

だからその問いはもはや抽象的なものではなく、人が、生きた人が登場してくる。

(中略)

問いはけっして問う者から引き離さるべきではないとするのが、仏教の行き方である。両者が分たれているかぎり、問う者に解決はもたらされないであろう。

****


どちらかと言うと、ローラ・チェイシンの研究が全体実践、上記は個人実践、って感じかなあ。

bunbun-hbunbun-h2015/09/07 20:05鈴木大拙ですか・・・
若い頃から(もちろん鈴木さんのではなくて私の若い頃です、って書くまでもないですねw)知ってたけど、まだ読んだことないんです。読んでみます。

mei-c5mei-c52015/09/08 19:10>>bunbun-hさん
宗教特有の言葉がわんさか出てきて、読み進めるのにめちゃくちゃ苦労しています。読んだらぜひ教えていただきたいです。
若い頃から……すごいですね。わたしは最近この方の存在を知りました。

つえ蔵つえ蔵2015/09/09 10:33某首相と某県知事に見せてあげたい記事内容。
特に首相に…。