Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-07-06

中立。

| 中立。 - 幸福論 を含むブックマーク


SNSで大学時代の先輩が投稿していた疑問について、おもしろいなあ、と思ったのでメモです。


政治的中立性とは何か?

なぜ教育は政治的に中立でなければならないのか?

政治的中立性(の立場に立つこと?)は可能なのか?


この3つが、問われていました。


山口県柳井市の県立柳井高(小林真理校長)で先月、安全保障関連法案について2年生の生徒が自分たちの考えを発表し、どの意見が説得力があるかを問う模擬投票をする授業があった。これについて、浅原司・県教育長は3日、県議会で「法案への賛否を問う形になり、配慮が不足していた」と授業を問題視する見解を示した。さらに県教委として「指導が不十分だった」と監督責任にも言及した。来年の参院選から18歳の高校生が投票権を行使する公算も大きい中、専門家から「現場を萎縮させ、教育の自由を奪う発言だ」と批判が起きている。

(Yahooニュースより)

この記事を受けての疑問なのですが、うーん。。。

言われてみれば、確かに!という感じがします。


中立なんて、本当は存在しないものなのかもしれません。

平等という言葉も、同じですよね。

多くの人に「もっともらしい」と認められて初めて、それが平等になっていきます。

全て、そういうことなんだろうと思います。

でも、

マジョリティ=正しい

というのは、なんか違うような。

こんな話を、いろんな人とすることって、楽しいだろうなあ、と思います。