Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2015-04-30

長野で。

| 18:58 | 長野で。 - 幸福論 を含むブックマーク


先日行われた長野でのプチ『学び合い』の会で、

三崎先生が「一人も見捨てない」を求める理由についてお話されていました。

わたしは三崎先生の授業を拝見したことがなく、

「語り」も文面で拝見したことしかありませんでした。

それでも、その文章は何度も読み返して、何度も「わたしにこれからできることってなんだろう?」と考えるきっかけをいただいてきました。

この会でも、決して授業中に子どもへ語っている訳ではないのですが、「一人も見捨てない」ことが先生にとっての譲れない一線であることをお話されていて、

これは、本気の本気だ、と心臓が痛くなりました。

感動しすぎると、心臓が痛くなるんですね(笑)


と、書いていて気づいたのですが、

別に子どもであろうと、大人であろうと、思いを語る本人が同じであれば、たいした違いはないのかもしれないです。

できるだけ多くの人の耳に、目に、心に、この言葉が届けばいいのに。

みんな心臓が痛くなればいいのに、って思います。



今回の会では、高校で『学び合い』をされている先生に、学校の現状を教えてもらうこともできて、本当に勉強になりました。

子どもに求めるだけではなく、ご自身も周りと折り合いをつけることに気を遣っていらっしゃるんだなあ、というイメージです。


それから、会からの帰り、車の中でscorpion1104さんとお話ししていて、

「一人も見捨てない」ことが入り口である

というようなことを聞きました。

びっくりしました。

途方もない気持ち、というか、いったいこの方の目には何が見えているんだろう、とドキドキしました。

わたしはこんな方と一緒に勉強できるのか、凄いことだなあ、と今更ながら。


2年間、無駄にしないようにしたい、と改めて感じた日でした。