Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2014-06-23

実習。

| 18:47 | 実習。 - 幸福論 を含むブックマーク

母校の中学校での実習を終え、兵庫へと帰るバスに揺られています。

3週間、発見だらけの本当におもしろい実習でした。


指導してくださった先生が、

「とにかく最初はいろいろやってみればいいよ」

と任せてくださる方だったので、比較的自由に

(おそらく、実習メンバーの中でも、誰よりも自由に。)

授業することができたと思います。

最初は不安に思うこともありましたが、

わたしにとっては、とても居心地のいい環境でした。




2クラス4時間ずつ、国語の授業を担当して気づいたことは

同じ内容のことをやっているはずなのに

クラスによって雰囲気が全く違う、ということ。


小学校の実習では、ひとつの学級に入って授業をしていたので

そこまで意識することもなかったのですが、

活動内容、説明の仕方、ほめ方、、、

クラスによって、フィットするものが全く違います。


例えば、片方のクラスではちょっと隣の席の子と話してみて、というと

うまく話せないところが何組か見られる。

しかし、もう片方のクラスでは全員が特に問題もなく話せる。

というような感じです。


他にも、片方のクラスではできていることを見つけて

「これ、いいね~!」とほめると、どんどん全体の雰囲気がよくなるのに対して、

もう片方のクラスは、直にほめられると「バカにされた」と感じてしまう。

ということがありました。


こういうことも、当たり前のことかもしれませんが、

今回2つのクラスを担当して初めて気づくことができました。





それから、失敗もたくさんしました。


「ひとりも見捨てない」

という気持ちは大切ですが、

見捨てないことを押し付けすぎたり、

焦って、適切な評価ができなかったのです。

このままでは、みんなが授業を楽しめないし、

わたし自身も苦しくなってしまうな、と思ったので


途中で『学び合い』をしよう、と思うのを、一旦やめてみました。


そうすると、自分自身で肩に乗せすぎていた重りが取れて、

そうか、『学び合い』って

「最終的には」ひとりも見捨てたくないんだ、という考え方だったな。

ということに、気づくことができました。


これまでに何度も『学び合い』って考え方だよね~と思ってきたけれど、

実際にやってみようというときに、

こうしなければ『学び合い』じゃない!

と型にはめすぎていたんだろうなあ、と反省。

やっぱり、やってみて初めて分かるんですね。

しかもまだ実習生の立場なので、本当に分かるのはまだまだ先のこと……。





でも、それに気づけてからは見え方が変わってきました。

授業が終わるごとに集める自己評価シートを見てみると、

回を追うにつれて

「○○ちゃんに聞きながらできた」

「終わったら見せ合って確認できた」

「知ってることを教えた」

というコメントが増えてきたのです。


授業中には態度で見えなくても、わたしの言葉に反応してくれる子はいるんだなあ。

ああ、これが、2割ってことなんだろうなあ。

と実感できました。



中でも嬉しかったのは、普段あまり他の人と話さずひとりでいる子のところへ

少し席の離れたところから、ひとりの女の子が相談に来ていたことと、

その子が自己評価シートに

「これからはもっと他の人の意見も聞いてみたいと思った」

と書いてくれていたことです。





本当に勉強になった実習でした。

bunbun-hbunbun-h2014/06/23 21:15「最終的には」ひとりも見捨てたくないんだ・・・その最終的な「ひとり」というのは、実は自分自身なんですよね。そんなこと思うわけです。自分自身に向けて、なんとなく。

mei-c5mei-c52014/06/24 19:16>>bunbun-hさん
とても共感します。
わたし自身、みんなを……と思いすぎるあまり、自分が見えなくなってしまっていました。
みんなが見捨てられなければ、きっと自分だって。と思います。

daitouirukadaitouiruka2014/06/26 02:12とても実り多い実習生活を送れたようで何よりです。
考え方のつもりがいつの間にか型にとらわれてしまっていることがあります。
それは、誰かほかのひとの実践の型だけでなく、昨年の自分の型だったりします。

mei-c5mei-c52014/06/26 23:34>>daitouirukaさん
1年以上続けられている人には、そういうこともあるのでしょうね。
前のことも参考にしつつ、でも毎回新しい気持ちで取り組むって、難しいことです。