Hatena::Groupmanabiai

幸福論 RSSフィード

2014-04-25

促織。

| 03:09 | 促織。 - 幸福論 を含むブックマーク


今、漢文を読んでいます。

促織(こおろぎ)というお話です。




昔、上の位の人たちの間では、促織を闘わせて遊ぶことが流行っていました。

そこで、上の位の人に媚びようとする者は、促織を献上しました。


しかし、促織は非常に価値があって高いものだったため、

(流行り物の価格が高騰するのは、今も昔も同じことですね。)

一匹を献上するだけでも、村の家2~3軒が生活していけなくなるほどでした。


それなのに、無理な取立てはずっと行われ、

あるとき、成名という男が、促織を献上するためのお金を村で集める役目になってしまいました。


成名は村の人たちに無理にお金を取り立てることもしなければ、

自分でそのお金を払うこともできず、

困り抜いて命を絶とうとします。


それを見た成名の妻は、こんなことを言ったそうです。


「死んで何の益があります。

 自分で行って探すのがいいじゃありませんか。

 万一見つからないとも限りませんよ。」





この言葉、少し冷たいようにも思いますが、わたしはこの妻を尊敬します。

夫が命を絶とうとしているそのとき、

こんなに前だけを見た言葉をかけられるなんて、すごいなあ、と。

ひとつも後ろ向きな要素がない上に、とても力強いです。


こんな人、どこかで見たことあるなあ、と思っていたのですが、

今さっき、その正体がやっと分かりました。

わたしの母でした。

karakusa01karakusa012014/04/26 23:02いい話ですね。明日はわが身ですか(笑)
今日は『学び合い』中国の会ありがとうございました。ゆっくり話ができなくて残念でしたね。次の機会にまたゆっくり話しましょう。

mei-c5mei-c52014/04/27 12:49>>karakusa01さん
わたしも前向きなところを見習いたいです!

昨日は大変お世話になりました。
karakusa01さんが会で出された疑問点(お悩み)について、今まで深く考えたことがなかったので、とても勉強になりました!
またぜひ会などでお話しさせてください。

karakusa01karakusa012014/04/29 06:20少し補足?説明?
2次障害云々という話…
簡単に言うと僕の熱意の問題だったと思っています。『学び合い』に囚われすぎて周りの子達を動かそう動かそうとした結果なんだと思います。その裏にはその子をどうにかしようという願いがありましたが、その子やその保護者の方には関係ありません。その学年は今年持ち上がりです。『学び合い』のセオリーはあると思いますが、そこは今回中国の会で学んだあの手この手を試行錯誤してがんばろうと思っています。
長々とすみません。