★ maya-1のつぶやき ★ このページをアンテナに追加 RSSフィード




め ざ す は、「見捨てられていない」、
「安心して学校生活ができる」、
「安心して授業が受けられる」と
子どたちに感じられる教育の実現



教科の授業の中で行う
ソーシャルスキルトレーニング

それが 『学び合い』

ポイントは、子どもたちにとって、
誰も見捨てられていないと感じられること

教師が、子どもたち(子ども集団)は有能だ(可能性を持っている)と
思うことができるかどうかが鍵

まずめざすべきは、子どもたちが「分からない」、「できない」と
安心していえる雰囲気づくり

『学び合い』は、人間関係づくり

だから、安心して学ぶ雰囲気が醸成されれば

自ずと学力は上がる

だって、真剣に取り組む時間が増えるんだから

子どもたちには、「勉強もチームワークで」と呼びかけます


出前授業等お受け致します

2時間同じクラスで授業させていただくのが原則です。
(交通費、宿泊費不要)




◆maya-1へのmailは ymrf◇hotmail.co.jp
◇を@に変えてください。


◆maya-1のURLはこちら

◆mayaitiのtwitterはこちら



◇西川 純先生の「小規模小学校に於ける
全校教科学習活動」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の導入書」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の手引書」はこちら

◇「『 学 び 合 い 』 語 り 集」
(佐賀県東部教育事務所HP『学び合い』より)はこちら









 


◆第55回『学び合い』中信ブロック会
(兼 第3回 自主的・協働的な学び研究会◆   


◎日時:平成29年9月23日(土) 
     午後2時から5時まで


◎会場:えんぱーく2階フリーコミュニティ 参加費無料、駐車場完備


◎主催:子どもに学ぶ教師の会中信ブロック会事務局
    塩尻「学び」マネジメント


◇申し込みはこちらから◇




2013-12-20(金)

[]  授業のまとめ・評価について   授業のまとめ・評価について - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク -   授業のまとめ・評価について - ★ maya-1のつぶやき ★   授業のまとめ・評価について - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント


昨日は、山梨マネジメント研究会に出席した。参加者17名については、事務局のI先生がのこグループブログで報告されているので省略します。

この研究会の中で、『学び合い』の教案をどう作るかということで、前回に引き続き、小6の算数立体の体積に題材を求めて考えた。ねらいの設定(教師の願い)から課題(学習問題)を設定するわけですが、導入の段階では、課題をみんなで達成することを求めることは特に違和感がなくまとまるのだが、まとめをどうするのかでは各自のイメージしていることにかなりの違いが見られた。でも、子どもたちの実態から教師の願うこと、特に大事にしてほしいことを意識しながらゴールを子どもたちが具体的にイメージできるものでなければならにという点では皆納得できた様に思う。自分の経験からしても、このところがおろそかになってしまいがちである。自分にはイメージできているから大丈夫だろうと考えていても、子供のイメージするものは様々である。最近いくつか見せていただいた授業に関しても、具体的にゴールのイメージを提示さえすれば劇的に授業の姿が変わってくるだろうと思う。

家についたのは1時半近くになっていました。


116424

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2013/12/21 00:24maya-1さん 本当にいつもありがとうございます。先生やkanさんが来てくださると会が締まります。今回は、違うグループで話をしていたのでゆっくり話せませんでしたが、次回の中信ブロック会に参加しますのでよろしくお願いします。

maya-1maya-12013/12/21 21:59集まった顔ぶれに感激です。懇親会までお世話になりました。

2013-03-01(金)

[]  課題の難易度と教材研究   課題の難易度と教材研究 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク -   課題の難易度と教材研究 - ★ maya-1のつぶやき ★   課題の難易度と教材研究 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント


佐藤学先生の「学びの共同体」で、課題のジャンプアップという言葉が使われていると思いますが、これも仲間と協力して何とか解決できるものでなければ、学力のレベルアップが図れないということを言っているのだと思います。この点では西川先生のおっしゃることとも共通していると思います。

どうせやっても私のはできないというあきらめ、自己卑下につながってしまっている状況を改善するには、相撲で云えば土俵に上がるという前提を整えなければスタートしません。「自力解決」ということばは立派ですが、それができないから困っているのです。そこで、こんな子ども達でも安心して土俵に登ることができるには、分からないと意思表示できる環境が必要になるわけです。

従って、初期の段階での課題の難易度ですが、高度ではあるが、協力して臨めば時間的に短時間で解決できる見通しが立つかどうかの吟味が必要だと思います。仲間と支え合い、支えあえられる関係の中で、今まであきらめていたことが、必ずしもそうではないという体験を積み重ねることにより、今までと違った状況が生まれてきます。これは私個人の体験からも言えます。そして、集団の力量が上がって行くに従って、当然課題の質を高めていくことが求められます。そうでないと、学び合わなくても解決できることが多くなり、『学び合い』の考え方がどうでもよくなる可能性が高くなるからです。つまり、常に学びの質を上げていく覚悟が必要だということです。初期の段階では、ひとまず教材研究を棚上げしておく位がいいと思いますが、次第に教材研究の重要性が問われるようになるのだと考えています。


1384

2013-02-25(月)

[]   3種類のテストの返し方    3種類のテストの返し方 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク -    3種類のテストの返し方 - ★ maya-1のつぶやき ★    3種類のテストの返し方 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント


【引用開始】

11歳~12歳の子どもたちを対象に、3通りの異なるテストの返し方を比べました。

・Aグループ 点数をつけずに、コメントだけを書いて返しました。

・Bグループ コメントがなくて、点数だけを返しました。

・Cグループ コメントと点数の両方をつけて返しました。

どの返し方が、一番子どもをのばすと思いますか?

さて、皆さんの答えはどれでしょうか?これをいくつかの研修会でやりましたが、参加者の回答は日本全国ほとんど同じでした。BとCがほぼ半数ずつでした。Bはどちらかといえば実際に今、行われている方法で、Cはあるべき姿として位置づけたのではないかと思います。Aと答えた人は数えるほどでした。しかし、正解はAなのです。BとCに比べて、30パーセント伸びるという結果が出ています。BとCの差は、全くないそうです。理由は、点数が書いてあると、コメントは目に入らないからです。それほど、点数は大きな影響力があるということです。それも「負」の。

【引用終了】

  (効果10倍の〈学び〉の技法 吉田新一郎、岩瀬直樹 著 PHP新書 p148~p149)


テストで縛り付けることの負の姿を見ました。わたくしは最初小学校に2校、7年間勤めた後中学校勤務が続きました。中学校のテストで50点以下の者がやる気になるわけないよなと思っていました。この文章を読ませて頂き、テストで縛り付けることの負の姿を見ました。テストは教師の指導のあり方を振り返るものだからといえば〈〉いいかもしれませんが、子どもをどのような影響を与えているのか改めて考えてみたいと思っています。


118

2011-09-27(火)

[]評価のあり方 評価のあり方 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価のあり方 - ★ maya-1のつぶやき ★ 評価のあり方 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

 『学び合い』の考え方による授業づくりは,①授業の目標を設定する,②目標が全員達成できたかどうかを確認するために評価規準を設定する,の二つです。

 ①については、子ども達の立場で表現すれば、授業終了時に課題がどうなっていればよいのか、どの程度できていればよいのかというゴールをきちんと示してあげるということになります。このことがきちんとなされていないと、教師の求めているものと子ども達がゴールと考えているものが異なってしまうのですから悲劇が起きないとも限りません。

 これは大人の社会でも子どもの社会でも同様で、考えればよく分かると思いますが、上司や管理職が、教師が何をどこまで要求しているのかがよくわからないと疑心暗鬼の不幸な状態になるのではないかと思います。またこのことは、『学び合い』の授業に限ったことではありません。

 よく暖かい評価とか、冷たい評価ということも言われますが、単にことばが柔らかいとか冷たいという上辺のことを指している場合が一般的かも知れませんが、大事なことはどういったかでなく、どう子どもたちをとらえているのかに関わってくるのであって、きついことを言った、あるいはきつい言い方をとしても、信頼関係で結ばれているのであれば励ましとなります。逆に、それが成り立っていない場合、どんなに緩い言い方をしたとしても、ほめことばにならず、信頼関係ができていないのですから成果や成長に結びつくはずがないかないのだと思います。


 課題設定の大切さが言われますが、勿論、それが評価規準と一体的なものとなっていなければならず、(1時間あるいはひとまとまりの)授業の終了時にはっきりと課題が到達できたのか、できなかったのかを示して、もし課題の達成が不十分であるなら、どうしたら達成に近づけるのかを問いかけることを忘れてはならないと考えます。


 基本的に、人間というものはだれでも誉められてこそ成長するのだと思いますが、信頼関係ができあがり、しかられて発憤できる様な人間関係が築き上げられないと本物にはならないのかもとか考えることもあります。いやこれは逆かも知れませんね。信頼関係ができあがっていれば、ちょっとやそっとのことではその関係が崩れないのでしょうね。


155019

o4dao4da2011/09/27 21:52改めてアップしていただきありがとうございました。はらせてください。

2011-08-31(水)

[]課題と評価規準を同時に 課題と評価規準を同時に - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 課題と評価規準を同時に - ★ maya-1のつぶやき ★ 課題と評価規準を同時に - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

学び合い』の授業をやっていくときに,課題(目標,ねらい)を明確にすることの大切さがよく言われます。

8/21日,8/22日に生坂中を会場に「人間関係づくり・授業改善のための 学習課題研修会in長野・いくさか」を開催したのもこの大きな課題をみんなで共有したいという願いがあってのことでしたが,その時の信州大学の三崎隆先生のお話の中で特に強調されたことです。それは,課題と評価規準(ゴール)を子ども達に分かるように提示することですが,そのゴールを課題と同時に出さなくてはというものです。

 このことは何も『学び合い』の授業に限らないことですよね。このことが徹底できるだけでも、授業も随分変わると思います。


140177

2011-08-12(金)

[]題題(目標)が達成できたのかどうか分からないという生徒の声 題題(目標)が達成できたのかどうか分からないという生徒の声 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 題題(目標)が達成できたのかどうか分からないという生徒の声 - ★ maya-1のつぶやき ★ 題題(目標)が達成できたのかどうか分からないという生徒の声 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

上記は、ある程度『学び合い』が定着しているクラスの生徒の中からも聞かれることがある。


これは、生徒が自己評価できないような課題(目標)になっていたり、どの程度できたらよいのかがはっきりしていなくて、生徒を不安にしてしまっていると考えられます。教師が分かっていても、生徒(子どもたち)に理解されていなければ何にもなりません。

自分の経験からしてもこのあたりをはっきりと意識して実践できてこなっかたわけです。この辺をしっかり意識して授業に臨んだとしたら授業の質が大きく発展できると考えています。


129415

2011-08-11(木)

[][]とかく評価することがおろそかに とかく評価することがおろそかに - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - とかく評価することがおろそかに - ★ maya-1のつぶやき ★ とかく評価することがおろそかに - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

学び合い』の授業成立のために、課題設定の大切さが言われる。

今回の「人間関係づくり・授業改革のための学習課題研修会in長野・いくさか」でも課題設定、課題づくりをメインに打ち出し、そこで作成された課題で授業を公開することになっている。しかし、ここでおろそかにしてならないのが、課題(目標)が達成されたかどうか評価することである。

今回の課題づくりの場においては、この評価規準を示し、それが達成されたかどうかをきちんと評価できる者にできたらと願うところです。


 平成23年8月21日(日)22日(月)生坂中学校を会場に開催される『人間関係づくり・授業改善のための
 

     学習課題研修会in長野・いくさか』 詳細・申し込みは



 http://kokucheese.com/event/index/13230/

 

2011-03-09(水)

[][]公立の後期入試の日 公立の後期入試の日 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公立の後期入試の日 - ★ maya-1のつぶやき ★ 公立の後期入試の日 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

本日は、長野県でも公立の入試(後期入試)の日でした。

自分が1本とれるような得意技、実際に使えそうな技を身につけようとしてきたI中の剣道の授業も、

本日は2・3年の保健体育の時間があったのですが、3年生が高校入試ということもあり変更していただきました。

残すところ1年生が1時間、2・3年生が2時間となってしまいました。それぞれ試合中信になっています。


小6の課題の相互評価の2時間目、丁寧に評価することそのものが自分が分担しなかったところの勉強そのものであります。しかし、それにもまして大事なこととして、自己評価を通して自分自身の取り組みを振り返ることを求めました。明日は、相互評価をまとめたものを返します。また私が事前に評価したものにあわせて配布します。どんな風に受け止めてもらえるのか楽しみであり、すこし不安でもあります。


88387

2011-03-04(金)

[]課題の相互評価 課題の相互評価 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 課題の相互評価 - ★ maya-1のつぶやき ★ 課題の相互評価 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

 第1校時に、私の課題を除く20の課題の相互評価を行いました。平均して10枚位の進捗状況です。この1時間で終わらす予定でしたが、いい意味の誤算で、真剣に読み、しっかりした評価ができているように感じたので、もう1時間やることにしました。その代わり2時間で予定していた発表を取りやめることにしました。

 しっかり読み取り評価しようとする姿勢が大事であり、〔アドバイス〕の2項目書かれている様子を見ると目をつけるべき所はちゃんと見ているなと関心。今までの相互のかかわり合いの弱かった分まで取り戻してくれるのかも知れません。


 というわけで、6日のセミナーで見ていただこうとも考えていた子ども達の評価カードを今回お見せすることはできませんが、勘弁してください。


87216

sakusaku0428sakusaku04282011/03/05 05:47いよいよですね!顔晴ってくださいませ!
遠く山口より、部活の審判をしながら会の成功を祈念しております。
前夜祭にも伺ってご一緒したいです。そちらのお酒もおいしいでしょうね。

maya-1maya-12011/03/05 09:00早昼を食べて、R19を北に向けて出発です。約1時間で長野市の信大教育学部に到着です。13:30から前日打ち合わせ。17時から前夜祭です。飛び込み参加OKです。

ghjalghjal2011/03/05 14:02おそばとか、馬刺しがうまいと思うのです。ああ、行きたい。

maya-1maya-12011/03/05 15:56昼食は10割そばとしゃれ込みますよ。
現在、信大教育学部に来ており、前日準備を終え、三崎先生や学生さんと談話中です。

2011-03-03(木)

[]社会科の課題に評価を 社会科の課題に評価を - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 社会科の課題に評価を - ★ maya-1のつぶやき ★ 社会科の課題に評価を - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

昨日提出してもらった社会科の課題の私なりの評価をしました。評価用紙は生徒も同じものを使います。

明日の授業で、私が評価してあることを告げますが、児童の相互評価が終わった後に配布します。

後で、各自の評価と私の評価とを比較して客観性を高めて欲しいという願いもあります。

[アドバイス]の欄を設け、感心したこと、学んだこと、参考にしたいこと等1項目、

今後頃を工夫したら更によくなる、こんな観点で修正すれば等1項目を記してもらおうともとも考えました。

生徒の評価したものは、私が確認した後、名前を切り取って、児童に返す予定で、

そこに書かれたことを参考に修正を施してよりレベルアップを図ることをねらっています。

中学に進んでからの力になるようなものにできればと考えています。



【6日の第1回『学び合い』川中島の会のブースの内容 前後半で入れ替われます】


o『学び合い』とは?(初めて『学び合い』を学ぶ方、始めたばかりの方対象)

 市川先生(山梨学院大学附属小学校)

o『学び合い』の課題づくり

 社会:古厩(生坂小学校)

 国語or算数:中澤先生(下諏訪北小学校)

 理科:小松先生(鎌田小学校)

o『学び合い』実践発表

 小学校:藤澤先生(秋津小学校)

 中学校:結解先生(天龍中学校)

 大学生:桐生先生(県総合教育センター)



第1回『学び合い』川中島の会のご案内です。まだまだ間に合いますよ!!


http://rika.shinshu-u.ac.jp/misaki/20110306.pdf

申し込みは、

http://kokucheese.com/event/index/7416/

尚、前夜祭(懇親会、親睦会)の時刻は、17:00~20:00です。





86929

maya-1maya-12011/03/04 11:43「こくちーず」の申し込みは、終了しておりますが、どうぞ6日おいで下さい。教育学部正門正面の図書館2階が会場です。駐車場は正門右側です。
5日の前夜祭参加をご希望の方は会場(スマイルホテル長野1階の「バール」)に直接おいで下さい。

2011-03-02(水)

[]本日は、小6社会 課題の提出日 本日は、小6社会 課題の提出日 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日は、小6社会 課題の提出日 - ★ maya-1のつぶやき ★ 本日は、小6社会 課題の提出日 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

本日第3校時の社会科の時間を持って、社会科公民分野21課題(内1課題は私)の提出日でした。まだ、清書が完了していないものも何人かいましたが、とにかく授業中に調べたり、書いたりするのは最後としました。進学する中学の社会科の先生や5年生、職員室などに贈呈したり児童20名全員に冊子として配布するのは春休み中としました。その間に修正したり、書き直しのは可としました。卒業式の19日(土)をその期限としました。

次時は1時間かけて全員の提出したものを評価させることにしました。4項目ABSDEの5段階評価です。「甘い評価をするということは、よく分かっていないと見なされるよ」という内容の話をしたい。不十分な点もたくさんあるが(西川先生のおっしゃるところの、「多様な人間と折り合いをつけて自らの課題を解決することが学校教育の目的」という点で)、私が予想した以上に頑張っている子が多くてうれしい限りです。特に普段めだたない子や学習に抵抗感の強い子の頑張りに勇気づけられました。とはいえ、まだまだ練り上げが足りないのは否めませんが、そこに気づいてもらえるような手を打たなければならないと考えています。この子達に陽が当たる評価になればと願っています。次の時間は4日(金)の第1校時です。


この内容(課題や評価カード)も、6日のセミナーの課題づくりの際の材料でもあります。


第1回『学び合い』川中島の会のご案内です。まだ間に合いますよ。

http://rika.shinshu-u.ac.jp/misaki/20110306.pdf

申し込みは、

http://kokucheese.com/event/index/7416/

尚、前夜祭(懇親会、親睦会)の時刻は、17:00~20:00です。


   ymrf☆hotmail.co.jp ☆を@に代えて下さい。


86727

2011-03-01(火)

[]「川中島の会」で社会科の学習課題の設定を担当 「川中島の会」で社会科の学習課題の設定を担当 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「川中島の会」で社会科の学習課題の設定を担当 - ★ maya-1のつぶやき ★ 「川中島の会」で社会科の学習課題の設定を担当 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

3月6日(日)の「第1回『学び合い』川中島の会」で社会科の課題づくりについて担当させていただくことになりました。現時点では、前半は小6の歴史で「自由民権運動」史、後半は小6の公民で「日本国憲法」について行おうかと考えています。前半は、始めて社会科の『学び合い』に挑戦という設定で、後半は何時間か行ったとの設定で行いたいです。実際に、昨年の11月下旬から小6の社会科を担当させていただいているので、それらの学習カードなども見ていただきながらできればいいなと計画中です。後半では、昨日のブログで触れた事とも関連させて扱ったらとも思っています。


前夜祭に参加していただける人数が確定しましたので、居酒屋さんに正式に申し込みました。若干の追加は可能ですので、今からでもお受けいたします。ホテルの方は、私も含めて7名の申し込みがありました。ありがとうございます。明日中に3名の予約をキャンセルすることにしております。明日夕方まででしたら確保できますので、私maya-1のメール(ymrf◎hotmail.co.jp ◎を@に変えてください)まで連絡をお願いいたします。

セミナー後の昼食会ですが、10割そばをと考えております。大勢のご参加をお待ち申しております。




第1回『学び合い』川中島の会のご案内です。

http://rika.shinshu-u.ac.jp/misaki/20110306.pdf

申し込みは、

http://kokucheese.com/event/index/7416/

尚、前夜祭(懇親会、親睦会)の時刻は、17:00~20:00です。

   ymrf☆hotmail.co.jp ☆を@に代えて下さい。


86462