★ maya-1のつぶやき ★ このページをアンテナに追加 RSSフィード




め ざ す は、「見捨てられていない」、
「安心して学校生活ができる」、
「安心して授業が受けられる」と
子どたちに感じられる教育の実現



教科の授業の中で行う
ソーシャルスキルトレーニング

それが 『学び合い』

ポイントは、子どもたちにとって、
誰も見捨てられていないと感じられること

教師が、子どもたち(子ども集団)は有能だ(可能性を持っている)と
思うことができるかどうかが鍵

まずめざすべきは、子どもたちが「分からない」、「できない」と
安心していえる雰囲気づくり

『学び合い』は、人間関係づくり

だから、安心して学ぶ雰囲気が醸成されれば

自ずと学力は上がる

だって、真剣に取り組む時間が増えるんだから

子どもたちには、「勉強もチームワークで」と呼びかけます


出前授業等お受け致します

2時間同じクラスで授業させていただくのが原則です。
(交通費、宿泊費不要)




◆maya-1へのmailは ymrf◇hotmail.co.jp
◇を@に変えてください。


◆maya-1のURLはこちら

◆mayaitiのtwitterはこちら



◇西川 純先生の「小規模小学校に於ける
全校教科学習活動」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の導入書」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の手引書」はこちら

◇「『 学 び 合 い 』 語 り 集」
(佐賀県東部教育事務所HP『学び合い』より)はこちら









 


◆第56回『学び合い』中信ブロック会
(兼 第4回 自主的・協働的な学び研究会◆   


◎日時:平成29年12月16日(土) 
     午後2時から5時まで


◎会場:えんぱーく2階フリーコミュニティ 参加費無料、駐車場完備


◎主催:子どもに学ぶ教師の会中信ブロック会事務局
    塩尻「学び」マネジメント


◇申し込みはこちらから◇




2011-11-16(水)

[][]掲示板、メイリングリスト、ミクシー、フェイスブック、Google+・・・・。 掲示板、メイリングリスト、ミクシー、フェイスブック、Google+・・・・。 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 掲示板、メイリングリスト、ミクシー、フェイスブック、Google+・・・・。 - ★ maya-1のつぶやき ★ 掲示板、メイリングリスト、ミクシー、フェイスブック、Google+・・・・。 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント


・『学び合い』って興味あるが、何を参考にすればよいか?

・どのように『学び合い』の授業を始めればよいのか?

・課題設定がどうもうまくいかないがどうすればよいのか?

・○○の授業ではどう課題設定をしてよいのかわからない。

・子どもたちはの関わり合いは出てきたが、単元テストの最低点があがっていかない。

・上位生の中に、『学び合い』を否定するものがいて困っている。

・保護者がこんな授業はやめてくれと訴えている。

・同僚や管理職に理解してもらえない。

・初期段階は達成したと考えるがもう一段とレベルアップさせるには。

・『学び合い』の会のレベルを引き上げるにはどうしたらよいか?

等々の疑問や悩にを少しでも解決していくための有効な方策を探っているところです。furu-tさんは、本の出版をめざして精力的にブログにアップしています。色んな方法があると思います。そして自分にできることは何か智恵を絞っていきたい。


186909

2011-11-10(木)

[]掲示板は『学び合い』の発展に寄与できそうか?もっと有効なやり方はあるのか? 掲示板は『学び合い』の発展に寄与できそうか?もっと有効なやり方はあるのか? - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 掲示板は『学び合い』の発展に寄与できそうか?もっと有効なやり方はあるのか? - ★ maya-1のつぶやき ★ 掲示板は『学び合い』の発展に寄与できそうか?もっと有効なやり方はあるのか? - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント


昨日書いたことに関連してある方からメールをいただいた。それは、どなかかコンピュータに長けた方に掲示板を運営してもらえないかという内容でした。今年になってこのはてなの『学び合い』グループでブログを書いている方だけでも149のブログがあり、是非紹介したい内容のものもたくさんあるのですが、忙しい先生方がそれの大部分に目を通すのは時間的にも難しいものがありますし、西川先生や三崎先生などにメールで質問するのはハードルが高いと感じておられる方も多いと思います。そればかりでなく、『学び合い』の考え方からして、先生に聞く前に仲間同士で解決の道を探ろうとするのが自然な姿であると思います。転任して今までのように実践できなくて悩んだり、ストレスを感じているという話をたくさん聞くことも事実です。子どもたちの成長の一コマを披露しあったり、こんな風にやったらどうだろうかという提案をしたり、つまづいていたり、困っていることなどの質問、学校教育でねらうもの(学校教育の目的)、実践して納得できないこと、これでよいのかということ、課題・評価、語り、どのようにして『学び合い』をスタートさせるか、どのようにレベルアップを図るかなどちょっと考えただけでもいくつかの事柄が浮かんできます。

ご意見をお聞かせください。(上部に記載してあるメールでいただけるとうれしいです。)



183246

hideki55hideki552011/11/13 18:49maya1さん、掲示板とのことですが、誰でも書き込める掲示板では本格的に相談したいときに難しい面が出てきます。
例えば、mixiなどで参加者限定で行えばいいような気がします。

maya-1maya-12011/11/13 21:03hideki55さん貴重なご意見ありがとうございます。mixiにも『学び合い』のセクションがあります。どういう手法がもう少し質問しやすくしたり、やりとりの様子が把握できる形のものが必要かなとも考えますがいかがなものでしょうか?

hideki55hideki552011/11/13 21:08メーリングリストも使いようによっては便利です。私は、メーリングリストが一番よいと思っています。

maya-1maya-12011/11/13 21:28参考にさせていただきます。掲示板でいえば、ご指摘のように誰でもが自由に書き込めるものから、誰でも自由に閲覧できるが登録したものだけが書き込めるもの、閲覧も書き込みも許可されたものがだけが利用できるものなどが考えられます。ある程度まとまったものを大勢の方に配信することに重点がある場合は大きな力を発揮できると思われます。英知を集めて何らかの寄与ができればと思います。
hideki55さんが中心になってすすめられている課題が体系的に見られるようにもしていきたいですね。