★ maya-1のつぶやき ★ このページをアンテナに追加 RSSフィード




め ざ す は、「見捨てられていない」、
「安心して学校生活ができる」、
「安心して授業が受けられる」と
子どたちに感じられる教育の実現



教科の授業の中で行う
ソーシャルスキルトレーニング

それが 『学び合い』

ポイントは、子どもたちにとって、
誰も見捨てられていないと感じられること

教師が、子どもたち(子ども集団)は有能だ(可能性を持っている)と
思うことができるかどうかが鍵

まずめざすべきは、子どもたちが「分からない」、「できない」と
安心していえる雰囲気づくり

『学び合い』は、人間関係づくり

だから、安心して学ぶ雰囲気が醸成されれば

自ずと学力は上がる

だって、真剣に取り組む時間が増えるんだから

子どもたちには、「勉強もチームワークで」と呼びかけます


出前授業等お受け致します

2時間同じクラスで授業させていただくのが原則です。
(交通費、宿泊費不要)




◆maya-1へのmailは ymrf◇hotmail.co.jp
◇を@に変えてください。


◆maya-1のURLはこちら

◆mayaitiのtwitterはこちら



◇西川 純先生の「小規模小学校に於ける
全校教科学習活動」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の導入書」はこちら

◇西川 純先生の「『学び合い』の手引書」はこちら

r>







 


◆第15回教室『学び合い』フォーラミin長野 兼 第13回『学び合い』セミナー   

期日:令和元年11月2日(土)・3日(日)     
会場:長野市 信州大学教育学部


2011-09-08(木)

[]毎週木曜日の夜は村の立体地形図づくり 毎週木曜日の夜は村の立体地形図づくり - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 毎週木曜日の夜は村の立体地形図づくり - ★ maya-1のつぶやき ★ 毎週木曜日の夜は村の立体地形図づくり - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

7月中旬から村の立体地形図づくりに取り組んでいます。材料は192㎝×91㎝厚さ5㎜の発砲スチロール板。大きさは、市販の2万5千分の1の地形図を5倍に拡大したもの。従って地立体地形図の大きさは(東西)175㎝×(南北)250㎝と畳3枚弱です。標高450mから1010mまで57枚積み重ねることになります。現在520mで8枚目までたどり着きました。7人で作業しています。


144274

[]今月の予定 今月の予定 - ★ maya-1のつぶやき ★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今月の予定 - ★ maya-1のつぶやき ★ 今月の予定 - ★ maya-1のつぶやき ★ のブックマークコメント

9月17日(土)の千葉の会は、勤務校の運動会ですので参加を断念しましたが、25日(日)の富山の会(北陸の会)、30日(金)の山梨の会への参加を決めました。可能な限り各地の会に顔を出させて頂く予定です。


143978

o4dao4da2011/09/09 06:27富山・学級づくりを語り合う会、参加ありがとうございます。車でいらっしゃいますか?

maya-1maya-12011/09/09 08:16はい、車で伺います。

o4dao4da2011/09/09 22:21お気をつけておいでください、ただいま参加者は、4名。学級づくりレポートよろしければお願いします。

o4dao4da2011/09/09 22:37記事で紹介させていただきました。