Hatena::Groupmanabiai

演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ このページをアンテナに追加 RSSフィード

新潟県上越地区で小学校の教師をしています。演劇教育と『学び合い』の2つの視点から「一人も見捨てない」教育・「一人も見捨てない」社会の実現を目指します。メールアドレスは、matchyez8とgmail.comを@でつないでください。

2012-05-01

表現欲求

| 18:08 | 表現欲求 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 表現欲求 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 人には必ず「表現したい」という欲求(表現欲求)がある。「表現欲求」は「コミュニケーション欲求」と同一のものである・・・いや、昔は濃厚にそうだった。

 インターネットというものがない(概念そのものがない)時代、「おもしろい事を思いついた」「漫画を描いた」としたら、それを友達・知人に見て・聞いてもらうことが「表現した」という証だった。人がいるからこそ(コミュニケーションするからこそ)表現欲求が満たされるのである。

 ところがIT環境が当たり前となった現代、人と相対しなくても「表現」は可能となった。クリック一つで「簡単に」不特定多数へ自分の思い・作品を表現することができてしまうのである。

 便利は便利であるが、そこで忘れ去られてしまった大事なことがある。それは、「表現はリスクを伴う」という感覚である。

 面と向かって友達に「こんなおもしろいこと考えたんだ」とアイデアを語っても、必ずしも受け入れられるとは限らない。顔をしかめられて「つまんねえ」と言われてショックを受けることも多々ある。携帯のない時代、彼女に連絡をとること自体が冒険である。「電話に親父が出たらどうしよう・・・」なんてリスクを背負いながら、ドキドキしながら彼女の家に電話したものである。メールのない時代、一字一句に心血を注いで徹夜でラブレターを書いたものである

 ・・・面倒くさいなあと思わないでいただきたい。このリスクこそが大事なのである。リスクがあるからこそ自分の表現に「責任」をもとうとする。表現が伝わらなかったとしても、他人のせいにはせず、「どうすれば相手に伝えることができるのだろう」と自分を省みることができた。

 子どもたちには、そんなリスクも含めて、でもそれでも「相手と面と向かったコミュニケーションっていいよ!」って繰り返し訴えていきたい。そのために、演劇は大きな力となると思う。

2012-04-16

演劇ワークショップやってみませんか?

| 10:53 | 演劇ワークショップやってみませんか? - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 演劇ワークショップやってみませんか? - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 現在、妙高文化振興事業団の方々と一緒に、妙高市の小学生を対象とした演劇ワークショップ事業を立ち上げています。劇団「青年団」から講師を招き、応募のあったクラスで6月に3回に渡って継続的にワークショップをおこない、コミュニケーション能力の育成を図る、というものです。現在、その実施クラスを募集しています。

 この事業のウリのいくつかを紹介します。

「劇団青年団による小学生のための演劇ワークショップ

①本物から学ぶ。本物を学ぶ。

 劇団青年団の代表である平田オリザ氏は、文科省が平成22年に設置した「コミュニケーション教育推進会議」の座長を務めています。文科省がとらえる「コミュニケーション能力」とはどういうものか、そしてそれはどのようにして育つのか、平田氏の劇団から子どもも教師も直接学ぶことができます。

 子どもたちにとって、東京の劇団関係者と直接触れ合い学ぶまたとない機会です。キャリア教育の一環としてもお勧めです。

②同じクラスで継続的に実施。(全3回)

 コミュニケーション能力は、単発のスキルトレーニングで身につくものではありません。今回は、講師が同じクラスに継続的に入り、段階をおってコミュニケーション能力の育成を目指します。

子どもの主体的な活動が促進される。

 仲間とともに寸劇(表現)を創り上げる過程で、子どもたちはアイデアの膨らませ方・仲間の発想を生かしてよりよいものを創作する方法を学びます。ここで学んだことは、児童会や学級での活動でも応用ができ、学校生活での子どもたちのより主体的な活動を促します。

コミュニケーション能力を高める支援の在り方

 ワークショップでは、講師は直接的な演劇指導を行いません。子どものやる気や想像力を引き出す声がけを行います。このような支援は、普段の授業でも応用できます。

⑤講師との打ち合わせや、活動期間中のバックアップも万全。

 講師へ要望を伝えたり、連絡調整したり等、講師と学校との橋渡しはこちらでおこないます。

 活動期間中(ワークショップワークショップの合間の期間)も、こちらが学校に出向き、次回に向けての打ち合わせや練習の補助をおこないます。

⑥さらに活動を発展させることも可能

 ワークショップで作り上げた寸劇を、11月開催予定の「妙高演劇フェスティバル」にて発表することもできます。仲間と力を合わせ本物の舞台に立つ経験は、クラスを一つにまとめ、子どもたちの自己肯定感を育みます。

 現在、いくつかの学校から問い合わせをいただいておりますが、まだまだ募集中です。

 興味をもたれた方は、「公益財団法人妙高文化振興事業団」(妙高文化ホール)までお問い合わせください。

2012-03-08

危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~

| 19:02 | 危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~ - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~ - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 私は「コミュニケーション教育推進会議」の趣旨・経過報告で出てきたものについては大賛成である。委員のメンバーになりたいくらいに。その上で,今後の推進の在り方について危惧を感じることについて述べる。(備忘録として・・・)

 同会議の経過報告を受け,今度はワークショップリーダー養成に関するプログラム開発が進められることになった。今,それに取り組む団体を公募しており,委託された団体は1年間かけてプログラムの開発を行うことになる。

 そこに感じる危惧は,研修プログラムを開発する団体が,大学の研究機関ばかりでいいのだろうかということである。大学で開発されたものが学校現場におりてくるまでにどれだけの年月がかかるのだろう。コミュニケーション教育の推進は急務である。もっと学校現場や地域に密着した,即実践可能なプログラム(リーダー養成だけでなく,学校現場ですぐ目の前の子どもたちに実施可能なもの。)を開発していく必要がある。

 大都市以上に地方の方がコミュニケーション能力の問題は切実であろう。大都市にしかできない取組ではなく,トップダウン型の取組ではなく,ボトムアップ型のプログラム開発を望む。地方こそ,この取組に手をあげるべきだ。

2011-12-08

感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その4

| 18:08 | 感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その4 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その4 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 思い起こせば、S小学校の子どもたちと初めて妙高演劇フェスティバルに出場したのは、2年前だ。(クラブではなく学級として出場。)最初は出場しようかどうか迷っていた私であったが、出場に向けて背中を押してくれたのは、当時のクラスの保護者の皆さんだった。

 その方々が、今年の劇本番で照明操作をしてくださっている。また、自分の子が出演しているわけではないのに劇を見にきてくれて、撮影したビデオを学校に届けてくださった方もいる。このような方々がいてくださるからこそ、支えてくださるからこそ、子どもたちが、学校が、文化が育っていく。

 当日の裏方のお仕事はもちろん、当日まで子どもたちを支えてくださった保護者・地域の皆様、大変ありがとうございました。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

2011-12-07

感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その3

| 19:56 | 感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その3 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 感動!感謝!「妙高演劇フェスティバル」その3 - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 12月3日。妙高演劇フェスティバル当日。S小学校演劇クラブの子どもたちにとって、活動をスタートさせた6月から夢見てきた大舞台。これまで練習に打ち込んできた思いを、見てくださる方々に届けることができるだろうか・・・。子どもたちは大きな緊張感につつまれていた。

 午前中のリハーサル。目に見えないなにかに押さえつけられているように、劇が進行するにつれて、役者が舞台後方に下がる下がる・・・。プレッシャーによって足がすくんでいるのだ。声も思うように出ていない。

 しかし、そんなことは子どもたち自身がよく分かっていた。リハーサルが終わり控え室に戻る。子どもたちは円陣を組み、リハーサルの反省点や、これまで演劇にかけてきた思いを話し合っている。そしてまた練習を始める。ここまで来ると、私の出番は全くない。寂しくはあるけれど、これが子どもたちの成長だ。

 本番前の舞台挨拶では、Оくんが「震災後の日本を元気にするために僕たちは劇をがんばってきた」という思いを、一つ一つ言葉をかみ締めながら語った。最高の舞台挨拶だった。

 そして本番。プレッシャーを乗り越えて一歩前へ出る!「大人顔負けの子ども」と言わしめた迫真の演技を見せる!舞台に立っているのは一人じゃない。仲間がいることがどんなに心強いことか。

 終演後は、通路にならんでお客さんの見送りである。「ありがとうございました!」の声が強く、何度も何度もこだまする。子どもたちの達成感・充実感のあらわれだ。お客さんとがっちり握手をかわす子もいる。

 見送りも終わり、新聞社からインタビューを受けた部長のHくんはこう語った。「終わった後みなさんから褒めてもらい、テーマだった『助け合う』という気持ちが伝わったと思う。」・・・彼らは最後の最後までプロフェッショナル、真の演劇人であった。

 最後の最後、控室で、子どもたちが私に「ありがとうございました」とお礼を言ってくれた。いやいや、それを言いたいのはこっちのほうだ。いろんな感動をありがとう。特に6年生とは、3年間いっしょに演劇をつくってきたことになる。これで終わりなんだなあ。いろいろあったなあ。楽しかったなあ・・・え?中学校で演劇部をつくる?顧問として私を呼んでくれる!?・・・ありがとう!またみんなで芝居をやりたい。