Hatena::Groupmanabiai

演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ このページをアンテナに追加 RSSフィード

新潟県上越地区で小学校の教師をしています。演劇教育と『学び合い』の2つの視点から「一人も見捨てない」教育・「一人も見捨てない」社会の実現を目指します。メールアドレスは、matchyez8とgmail.comを@でつないでください。

2012-03-08

危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~

| 19:02 | 危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~ - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ を含むブックマーク 危惧 ~コミュニケーション教育推進の今後~ - 演劇と教育と『学び合い』 ~matchy-ez8の日記~ のブックマークコメント

 私は「コミュニケーション教育推進会議」の趣旨・経過報告で出てきたものについては大賛成である。委員のメンバーになりたいくらいに。その上で,今後の推進の在り方について危惧を感じることについて述べる。(備忘録として・・・)

 同会議の経過報告を受け,今度はワークショップリーダー養成に関するプログラム開発が進められることになった。今,それに取り組む団体を公募しており,委託された団体は1年間かけてプログラムの開発を行うことになる。

 そこに感じる危惧は,研修プログラムを開発する団体が,大学の研究機関ばかりでいいのだろうかということである。大学で開発されたものが学校現場におりてくるまでにどれだけの年月がかかるのだろう。コミュニケーション教育の推進は急務である。もっと学校現場や地域に密着した,即実践可能なプログラム(リーダー養成だけでなく,学校現場ですぐ目の前の子どもたちに実施可能なもの。)を開発していく必要がある。

 大都市以上に地方の方がコミュニケーション能力の問題は切実であろう。大都市にしかできない取組ではなく,トップダウン型の取組ではなく,ボトムアップ型のプログラム開発を望む。地方こそ,この取組に手をあげるべきだ。