masakichi-3の中憩い このページをアンテナに追加 RSSフィード


masakichi-3です。
長野県長野市の信州大学大学院で教科教育を専攻(理科教育)しています。この度、理科教師になることが決まりました。現場に出て、すべての子どもから「学ぶ」ため、すべての子どもを「大人」にするため、そして『学び合い』を実践するために精進の毎日です。
いつでもメールください。ぜひ『学び合い』ましょう。メールアドレスはhaisaimasakichiとyahoo.co.jpを「@」で繋げてください(スパムメール対策です)。

ちなみに、タイトルの「中憩い」は私の故郷では「ナカユクイ」と読み、一休みという意味です。

2009-12-02

遠方からの参加

| 21:35 | 遠方からの参加 - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 遠方からの参加 - masakichi-3の中憩い 遠方からの参加 - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

つい先ほど、遠方からの長野セミナー参加申し込みがありました!長野県は広いのでお隣さんの群馬県や山梨県もだいぶ「遠方」なのですが、この方は兵庫県の方です。お知り合いの方もさそってくださっているそうです。

ますます5日のセミナー当日が楽しみになってきました!

体調管理

| 21:13 | 体調管理 - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 体調管理 - masakichi-3の中憩い 体調管理 - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

長野セミナーに参加を申し込んでくれていた信大の院生さんがいたのですが、どうやら風邪をひいたようで5日は参加できなくなってしまいました。

12月は寒いうえに修論まとめの時期でもあり、とてもとてーもな時期です。みなさまもどうぞお体にはお気を付けください。

事務機器すごい

| 21:06 | 事務機器すごい - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 事務機器すごい - masakichi-3の中憩い 事務機器すごい - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

本日の午前中は冊子づくりをしました。その際、事務機器の便利さを思い知りました。信州大学では学生が使用できる印刷室があるのですが、そこになんと、自動で原稿を冊子に組んでくれる機械があったのです。その機械は、原稿の1ページ目から10ページ目をセットしペコッとボタンを押すと、ガヒュッと一瞬で冊子にしてくれるお利口さんです。今回の冊子は裏表で46ページあり、部数が50部だったので、人の手でやると結構な時間と労力がかかってしまいます。が、この子にお願いすると、ペぺぺっと日頃の(私の)鬱憤を晴らすかのように一瞬で終わらせてしまいました。一時ご機嫌をそこねてしまい難儀な思いをしましたが、大助かりでした。実質、院生3人で印刷、製本したのですが、午前中だけで終わってしまいました。慣れてくればもっと効率よくできるでしょう。事務機器おそるべしです。

長野セミナーまであと3日!

| 20:48 | 長野セミナーまであと3日! - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野セミナーまであと3日! - masakichi-3の中憩い 長野セミナーまであと3日! - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

本日、長野セミナーで配付する資料を印刷して製本まで済ませました。お土産であるふろくも加えると、なかなかのボリュームです。たった今、天秤で量ってみたところ、ふろくだけで105gもありました。当日はさらに「従来型指導的『学び合い』の手引き書」の冊子版もついてきます。

断言します!お得です。

まだまだ参加申し込み中&当日受付可能ですよ。

camel921camel9212009/12/02 21:48遠方からの参加はホントにワクワクしますね♪準備にも力が入ります!さぁ、この異集団がどんな『学び合い』をするのか、楽しみ♪僕らも積極的に参加をして一緒に環境を作りましょうね!
 ところで、ブログは標準語なんだね(笑)

masakichi-3masakichi-32009/12/02 23:38camel921さん、コメントありがとうございます。
ブログという公的な場を利用して言葉の勉強をさせていただいています。せっかくの機会ですので。
セミナーはいろいろな方に来ていただけるのでとても楽しみです、ね!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/masakichi-3/20091202

2009-11-28

長野セミナーまで1週間(切った!)

| 20:53 | 長野セミナーまで1週間(切った!) - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野セミナーまで1週間(切った!) - masakichi-3の中憩い 長野セミナーまで1週間(切った!) - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

12/5(土)の長野セミナーがあと1週間を切りました。また、今回のセミナーの開催目的も文章にまとまりました。

学び合い』を通して、いろいろな立場の方に明日からの生活のためになる「お土産」を持って帰ってもらうことができる。

例えば…

・『学び合い』ってなに?→『学び合い』を知る 

・『学び合い』って実際にどんなことをするの?→『学び合い』を体験する 

・もっといろんな人と語り合いたい!→『学び合い』のネットワークをつくる

というように、参加者それぞれの「お土産」を参加者みんなが持って帰ることができることが長野セミナーの目的です。

この文章は、11/20の中信ブロック会、11/27の臨床授業研究会で検討していただき、この度決定しました。先生方の貴重な時間とアイディアがつまっています、感謝です。

このような目的を掲げたということは、参加なさる方は明日からの生活のためになる「お土産」を持って帰ることができる!少なくともとヒントは得られる!と言えるでしょう。だって『学び合い』だもん。いろいろな立場の方の参加をお待ちしています。

「自分に期待しすぎない」

| 20:18 | 「自分に期待しすぎない」 - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 「自分に期待しすぎない」 - masakichi-3の中憩い 「自分に期待しすぎない」 - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

昨年の6月、京都のI先生が開催している「明日の教室」に参加したときに、iwasen先生が仰った言葉です。

ちょっと補足で説明を。「明日の教室」はワークショップ形式で行われており、毎回いろいろな実践をなさっている先生方が講師として招かれているようです。私が参加したときはiwasen先生が講師でした。

内容は小学校の国語で「作家の時間」というものでした。子ども達それぞれが「作家」となり、テーマに関する文章を書く、さらにお互いに評価し合うという実践です。私はもちろん子ども役としてワークショップに参加しました。私は文章を書くのが大の苦手で、「作家」とは最も縁遠いと自負しています(した?)。そんなときに仰ってくださったのがタイトルの言葉です。ビビビときました。まさに私に最適で最高の言葉でした。小・中・高・大、過去の私に定期的に言ってやりたい言葉です。むしろこれからも必要だと思います。

筆無精がいつまで経っても変わらない自分に。

sumi-chansumi-chan2009/11/28 20:44お久しぶりです。
masakichi-3さんと、いわせんさんがつながっているとは思いませんでした。びっくり。
私もライティングワークショップの講座を受けた時、自分に期待しすぎないということばでとても楽になったことを覚えています。
子どもたちにも楽になって文が書けたらいいだろうなと思いました。

masakichi-3masakichi-32009/11/28 23:19sumi-chanさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
そうなんです、昨年、上教N研と信大M研(当時私は別の研究室でした)の合同ゼミに参加した後、D902i君とNさん、camel921君、私の4人で京都・大阪へ乗り込みました。その時の収穫の一つが、いわせん先生との出会いとこの言葉です。
子どもたちに楽になって文を書いてもらえたら素敵です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/masakichi-3/20091128

2009-10-26

立ち歩きを促す

| 01:50 | 立ち歩きを促す - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 立ち歩きを促す - masakichi-3の中憩い 立ち歩きを促す - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

「理科授業研究」の授業者である院生5人の中で、私とcamel921さん以外の3人は、『学び合い』について具体的なイメージは定着していません。その3人の内のKさんが、担当分の2回目の授業の導入において、次のような文章を示しました。

分からない人は分かるために教えてくれる人をさがそう
分かった人はみんなが分かるために分からない人をさがそう

特に誰に吹き込まれた分けでもないのに、このような掲示物を自分で考えて作ってきたことに素直に驚いてしまいました。
結果として、その授業においては立ち歩きがよくみられました。『学び合い』授業が2回目の生徒集団で、さらに附属であり普段そのような指導がされていないことを考えるとすごいことだなーと思います。

単元「いろいろな力の世界」の第1時を終えて

| 01:47 | 単元「いろいろな力の世界」の第1時を終えて - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 単元「いろいろな力の世界」の第1時を終えて - masakichi-3の中憩い 単元「いろいろな力の世界」の第1時を終えて - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

大学院生5人がリレー形式で『学び合い』授業を行う「理科授業研究」は、2クラスについて行っています。なので、院生1人につき2回、授業をする機会があります。

先日、私の担当分の2回目の授業を終えました。
今回は、特に印象に残ったことを書きます。
詳細については、近日中にまとめられたらとおもいます。

1回目の授業では、①授業導入における評価アナウンス、②授業中の可視化の大切さをかみしめました。ワークシートからみた結果として、力のはたらき3種類を、半分弱の子どもが説明することができました。一方で、目標の共有が十分でなかったにもかかわらず、数名の生徒が授業者がねらった目標を達成しました。

2回目の授業では、①目標の共有の大切さと難しさをかみしめました。ワークシートからみた結果として、力のはたらき3種類を、半分以上の生徒が説明することができました。また、十数名の生徒が授業者がねらった目標を達成しました。

同じ範囲の授業でも、経験や子ども集団によって、まったく違ったものになるんだなと実感しました。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/masakichi-3/20091026

2009-10-22

単元「いろいろな力の世界」の第1時、授業の導入

| 09:26 | 単元「いろいろな力の世界」の第1時、授業の導入 - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 単元「いろいろな力の世界」の第1時、授業の導入 - masakichi-3の中憩い 単元「いろいろな力の世界」の第1時、授業の導入 - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

単元としての導入にあたる授業について、授業の流れを整理してみようとおもいます。

授業の目標

「力がはたらいている物体は、力のはたらきによって①変形したり、②支えられたり、③動く速さや向きが変わったりしている。逆に、物体にこのようなようすが見られれば、物体は力を受けていると言える(①’、②’、③’)。」
このことについて、身近な物体で実験した結果を使って、わかりやすく説明することができる。


<導入(10分)>
○挨拶

○「いろいろな力の世界」の単元を学習していくことを述べる。
 T:「単元が終わるときには、力の博士になって、例えば小学校6年生に、力ってなに?と聞かれたとき、分かりやすく説明できるようになってください。」

○理科で使う表現の説明。

○第1節物体にはたらく力を見つけよう2単位時間のうち第1時であることを述べる。
 T:「今日は、物体にはたらく力を見つけるんです。」

○演示
 ・粘土をつぶす。
 T:「粘土にかかっている力、見つけられる?」
 ・ダンベルを持ち上げる。
 T:「ダンベルにかかっている力、見つけられる?これ結構重いんだよ…。」
 ・粘土を持ち上げる。
 T:「じゃあこれは?」

  ※T:「今、力は見つけられた?」

 ・机の上にダンベルを置く。

  ※T:「じゃあこれは?ダンベルという物体にはたらく力、見つけられる?」

○目標提示
 ・読み合わせ

○ワークシート配付
 T:「配っている間、各自で目標を確認してください。」

○教材提示
 ・粘土を使うときは、下に新聞紙を敷くよう注意する。
 ・用意した教材以外にも、自分の持ち物などを使って実験してもよいことを述べる。
 ・思考実験もOK。

○評価方法の説明
 ・説明タイム
 ・今日の授業では、評価規準が6つであることを述べる。

○学びの記録(1枚ポートフォリオ)配付

○授業の流れの確認
 ・「活動」~hh時mm分「説明タイム」~hh時mm分「学びの記録」~授業終了までに「片付け」

○諸注意
 ・『学び合い』授業を初めて行うにあたっての手立てを述べる。

  ※T:「手立てにある通り、教科書や資料集、辞書などを見たり、みんなと相談してもかまいません、むしろ是非そうしてください。全員が目標を達成するために、一番効率がよいと思う方法をとってください。みなさんの学習する姿を見るなかで、私も分からなかったら聞きますので、そのときにはどうしてそうするのか、説明できるようにしいてくださいね。」

maya-1maya-12009/10/22 12:10質問 評価基準の6つとは、①、②、③、①’、②’、③’の6つが説明できるということでいいですか?

masakichi-3masakichi-32009/10/22 23:23maya-1さんコメントありがとうございます。
今回の授業では、これらの①~③、①'~③'を実験の結果を使って説明できるということを評価規準としました。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/masakichi-3/20091022

2009-10-20

「ぼやき」

| 11:24 | 「ぼやき」 - masakichi-3の中憩い を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ぼやき」 - masakichi-3の中憩い 「ぼやき」 - masakichi-3の中憩い のブックマークコメント

先日、クライマックスシリーズで奮闘中の東北楽天ゴールデンイーグルス、野村克也現監督が「ぼやき」について、述べていました。

ぼやきとは、

理想と現実のギャップをぼやかすもの

私は野球事情には詳しくないのですが、野村監督のぼやきは、よくテレビでみかけます。「ぼやき」と聞くと、「愚痴」であるかのようにとらえがちでしたが、どうやら違うようです。

「愚痴」とは、「言っても仕方のないことをいって嘆くこと(広辞苑)」。つまり、「現実をぼやかす」ことだと考えられます。一方、「ぼやき」とは理想と現実のギャップ、つまり「理想と現実を比較して、足りない部分をぼやかす」ことだと考えられます。

そうすると、現状を振り返りながら、理想を追求するなかで述べるつぶやきが「ぼやき」。現状をうやむやにするだけで、いくら話していても理想が見えてこないつぶやきが「愚痴」。ということでしょうか。

また、「誰のためにつぶやくか」を考えると違いが見えてきます。

「愚痴」は自分のため、「ぼやき」は同群の他者のためです。

最近、夜に研究室で作業をしていたり、数人でご飯を食べに行ったりする際、いろいろな話をします。それもだいぶ想いの込もった話です。これまでは「愚痴」だなーと思うこともありましたが、やっぱ「ぼやき」かもなーと感じるようになりました。

munehiromunehiro2009/10/20 12:56なぜ野村監督は強くできるのか不思議に思っていた友達がいますので、この文章をお知らせさせていただきます。腑に落ちました。

ima-kiyima-kiy2009/10/20 13:57この文章をライティングワークショップの授業で使わせてもらえませんか。調べる、比べる、具体→一般、考える、見方を変えるなどの要素が含まれており、何より内容と文体が子どもにわかりやすいのです。良い文章の一例として配りたいです。

masakichi-3masakichi-32009/10/20 15:21munehiroさんコメントありがとうございます。
私は野球に関して詳しくありませんので、「なぜ野村監督は強くできるのか」の答え(のひとつ?)が分かりましたら、ぜひ教えてください、ともお伝えいただけないでしょうか。お手数かけます。


ima-kiyさんコメントありがとうございます。
>この文章をライティングワークショップの授業で使わせてもらえませんか。
もちろんお使いいただいてかまいません。むしろ感謝いたします。授業のようすや感想等ありましたら、ima-kiyさんのブログでぜひ公開してください。
というのも、私は大学院2年次の現在でも、文章を書くことに苦手意識が大きいです。つまり、ずーっと国語が不得意でした。
>何より内容と文体が子どもにわかりやすいのです。
私にとっては最高のお言葉です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/masakichi-3/20091020