Hatena::Groupmanabiai

大阪『学び合い』の会

大阪『学び合い』の会のブログです♪

月1回開催している「朝ゼミ(定例会)」と年1回の『学び合い』研究会についての記事を中心に書いていきます
コメントやご意見何でもお願いします!
メールは「manabiai.osaka」と「gmail.com 」を「@」で繋げてください。

大阪『学び合い』の会の映像記録
http://dl.dropbox.com/u/322523/%E7%AC%AC%EF%BC%92%E5%9B%9E%E3%80%8E%E5%AD%A6%E3%81%B3%E5%90%88%E3%81%84%E3%80%8F%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%AE%E4%BC%9A.m4v

-----------------------------------------------------------
第3回大阪『学び合い』の会
12月4日(土) 13:00~17:00
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-osaka/20101111/1289481952

大阪『学び合い』の会の活動記録
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-osaka/20100314/1268578377

『学び合い』 wiki
http://www24.atwiki.jp/manabiai/



☆★☆『学び合い』メールマガジン☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

ジオターゲティング

2010-03-14

実践発表者の小出さんから

| 20:03

先日の奈良の会の実践発表者の小出さんからメールがきました。

ブログにアップします!


「食でつながる人と心」

大阪市立大学大学院 小出 真理子

大阪教育大学 橋本 貴


こどもを取り巻く社会環境、食環境の変化に伴い、肥満ややせなど健康面の問題や家族がいるのに一人でご飯を食べる弧食の問題、生産、調理と食卓が切り離され、食べ物や環境とのつながりを感じにくいなど、様々な課題があります。


わたしたちは、食によってこどもと家族、こどもとこども、こどもと地域など、人と人のつながり、さらには人と環境とのつながりを取り戻したいと考えています。今回は、食育でこどもがどう変わるのか、また学校で具体的にどのような食育実践をしているのかを知ってもらい、自分ならどのような実践ができるかを考えてもらいました。



参加者の皆さんが考えて下さった実践の内容を紹介します。

<教科>

生活科

・野菜を栽培する。

・食べ物を育てる(一人ひとり違うものでもOK)。

・食べたいものをアンケートし→「自分で作ればいいやん」→環境を整え作る。

・栄養素カード(黄・赤など)どの色をたくさん食べたかなど報告し合う。

・調理実習でいろいろな料理を作る。

・環境教育。

・みんなで野菜を育てる。

・一年で実のなるような木を育てる。

・にわとりを育て、たまごでお菓子を作る。


国語

・野菜や果物の漢字を見てみる。

・給食室を見学する。

・レシピ説明文を書き、共有する。

・食についての文章を書く。

・料理の作り方を文章を読んだり、料理の作り方を作成する。

・「いのちのたべかた」という本を読み、食べ物のいのちについて考える。


社会

・輸入・輸出を考える。

・地元の名産品について、歴史や特徴などを調べ、壁新聞にまとめる。

・野菜の生産から、食卓に並ぶまでの学ぶ。

・『「食」を使って大切な人を喜ばせよう!!』プロジェクトを企画する。


総合的な学習の時間

・一週間食べた物を記録する。栄養面や健康面、環境面など様々な視点から自らの食生活について考えてみる。

・自分で作ってみる。

・嫌いな食べ物を使って料理する。

・動植物について一枚の紙にまとめる。

・地域にいる料理人を講師として招き、日頃の感謝をこめて、保護者にごちそうを作る。

 かつ、自分達で作った野菜ならなお良し。


<学校行事>

遠足

・お弁当を自分で作る、見せあいっこする。

・いも堀。

・自分でお菓子の値段を設定する。

・外でお米をたくなどして作る大変さを知る。

・お弁当をみんなで囲み、おしゃべりできるように、班編成を工夫する。


校外学習

・農業体験。

・田植え、稲刈り。

・校外学習で訪問したところの人を普段の授業に招き、関連することを授業してもらう。


お楽しみ会

・皆で献立を考え調理する。

・みんなで身近な材料を使っておかしをつくる。例えば米を使ってケーキとか。


<学級活動>

朝の会・帰りの会

・先生が給食の話をする。

・朝ご飯や夕ご飯(前の晩)を紹介する。

・毎日、朝の会で一つずつ食べ物についての紹介を行う。

・朝ごはんまたは夕ごはんを自分で作る日を決め、朝の会でどんなものを作って、家族の感想はどんなものだったかを日替わりで順番に発表する。


当番・係り活動

・給食当番を作る。

・給食室を見学する。

・朝食食べたか確認する。

・給食当番に◎手洗いチェック◎エプロン◎盛り付け方◎食器の並べ方など衛生管理の意識をつける。

・給食当番より、残りやすいものを発表させクラス全体に食べ物を大切にする心を育む。

・給食に出てくる食べ物新聞をつくる係を設ける。

・残飯0プロジェクト係を作って、残飯を0にする啓発をさせる。


<給食>

・レシピを募集する。

・残菜0の日をカウントし、子どものモチベーションをあげる。

・野外炊飯をみんなでする。

・食事マナーを守って、楽しく食事できるようにする。

・給食に出てきている食べ物の知識を得れるように献立に詳細を書いたり、器や黒板に料理前の写真を貼ったり、食べ物の形や、料理されて出てきたんだということを意識できるようにする。

・こどもが給食メニューを作り、保護者や教師に振舞う。(保護者交流や教師の交流にもつながる)


<委員会活動>

・委員会の働きに応じて、(みんなの投票で)遠足の代金が決まるようにする。

・給食委員会が主体的に子どもが苦手なもの(にんじん・ピーマン)などのおいしい食べ方を紹介し子どもの好き嫌いをなくす。

・飼育委員会で、にわとりの卵を使って、料理を作ることで、食べ物と命がつながっていることを実感させる。


<保護者>

・学級通信で弧食や個食にならないよう呼びかける。

・給食だよりをつくって配る。

・一緒に食べる、一緒に作る。

・色々なお店に食べに行く(いろんな味を体験させる) 。

・家庭での食事の時、子どもの様子を伺い、給食時にエールを送れるように把握しておく。

・給食の献立が配られるだけで十分家の人に知識は配られていると思います。でも、たまには作り方のレシピがあればいいなと思います。

・保護者会で食事は、すべてにつながっているんだと実感してもらえるように、講義したり、ワークショップを行ったりする。

・食育についての相談をいつでも乗れるように窓口を開いておく。

・保護者と一緒に料理をできる機会を設ける。



 こんなにもたくさんの実践を提案して下さいました。本当にありがとうございます!!

食育を通して、こどもたちが「作る」「食べる」「話す」「考える」などを体験することで、豊かな感性が育くまれ、「生きる力」につながると確信しています。食は日常の生活に密着したもので、日々の学校生活の中の様々な機会を捉えて学ぶことができると思います。わたしたちも、春から学校栄養職員、小学校教員として頑張っていきます。ありがとうございました。

☆TAKA☆TAKA2010/03/14 23:25初書き込みです。
京都大学霊長類研究者の山極壽一教授も、新聞紙上で
「孤食」について問題提起されていました。

‘会食は人間以外の霊長類には決して見られない’
‘こどもが初めて他者との葛藤を経験するのが食事の席’
‘人間は食の共同によって他者との共感を育んできた’
‘人間は食事の場を公にすることで家族の孤立を防ぎ、
 より大きな地域社会の編成を目指してきた’
‘昨今の食事は個体単位で採食するサルに似てきているような気がする’

このブログでも「会食レポート」(?)が充実しているのは、
とっても大事なことのようですね!

manabiai-osakamanabiai-osaka2010/03/15 00:04☆TAKAさん

コメントありがとうございます。

同感です!
食をテーマに今回話題提供できたことは、とても大きかったと思います。
授業の中でもっと取り上げていきたいと考えています。

2010-03-12

第1回奈良『学び合い』の会の反省と今後について

| 02:34

奈良『学び合い』の会の反省と今後について、フェスタ2日目に話し合いました。


<良かった点>、<改良点>、<今後について>の3点について書きます。



<良かった点>

・実践発表をしたことで解決策が見つかった。貴重なご意見をいただけた。

・定期的に『学び合い』の話を聞けるのはとても貴重である。

・動画がわかりやすかった。『学び合い』がわかった。

・みんなの熱い想いが伝わってきて、感動した。

・実践発表者へのメッセージカードがとてもよかった。

・学生の方の実践発表がよかった。

・西川純先生の話がわかりやすかった。

・実践発表者の方々がいろんな視点から『学び合い』につなげていた。


<改良点>

・企画者側の意図が参加者に伝わっていなかった。

・実践発表の段取りが悪かった。

・もう少しバザールが機能していれば、緊張しなかった。

・夕ご飯・お風呂の時間を考慮していなかった。

・もっと人に来てもらえたらよかった。

・交流する時間が短かった。

・配布冊子やチラシを企画者側が検討する機会がほしかった。

・実践発表レポートを枠・余白だけでも統一すればよかった。

・参加者の呼び込みが足りなかった。

・会場が広すぎた。マイクを使用したことにより、バザールが機能しなくなった。

・タイムスケジュールを参加者が見る暇がなかった。

・参加者が聞く時間が長かった。

・発表で映像があればよかった。

・受付が会場と同化していた。


<今後について>

・次回の奈良の会は8月終わりくらいにネット環境のある施設で開催!

・3部屋(実践発表部屋、バザール部屋、カフェ部屋)があれば開催できる。

・日帰りありの宿泊型の合宿をする。

2010-03-05

明日はいよいよ

| 23:44

第1回奈良『学び合い』の会

3月6日(土) 14:00~21:00

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-osaka/20100219/1266589484


本番です。


実践発表者の堀先生(りっきー)が発熱のため、欠席することになりました。

とても残念ですが、少しでも穴をうめていきます!


これまで多くの時間をかけて準備してきました。

明日は大成功間違いないでしょう♪


また写真付きでご報告します。

madokamadoka2010/03/07 23:22昨日、関西教育フェスタで西川純先生のご講演を聴かせていただきました!!

「学び合い」の考え方をお聞きして、とても驚いたとともにすごくイイ刺激を受けました。
そして、「学び合い」をもっともっと知り、自分なりに現場で生かしていきたいと思いました。

時間の都合上実践報告もゆっくりとお聞きできませんでしたので、また集まりにも参加させてください。

あと1カ月もすれば、また新しい学年開きが待ってますので、若干焦りが・・・。

manabiai-osakamanabiai-osaka2010/03/13 02:38☆madokaさん

こに~です。
コメントありがとうございます!

会を開催して良かったです。
具体的にどのように現場に取り入れるのか、固まりましたら教えてくださいね!!

ぜひぜひ次回以降もよろしくお願い致します。

2010-03-03

いよいよ今週土曜日です!

| 22:46

第1回奈良『学び合い』の会

3月6日(土) 14:00~21:00

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-osaka/20100219/1266589484


ここまで1ヶ月準備に準備を重ね、

様々な方々のご協力のもと、開催します!


今週末が早くこないかわくわくします♪

2010-02-27

当日のタイムスケジュールが決定!

| 22:33

第1回奈良『学び合い』の会

3月6日(土) 14:00~21:00

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-osaka/20100219/1266589484


タイムスケジュールが決定しました。

実践発表者の形式は会場の1/4のスペースで1組の実践発表を行い、残りのスペースはバザールをします。


14時~15時 西川純先生の講演会・座談会

15時5分~15時25分 各実践発表者によるアナウンス

15時40分~16時10分 仲田毅(上越教育大学教職大学院)

16時15分~16時45分 堀力斗(大阪府高槻市立五百住小学校)

16時50分~17時20分 西川志乃(奈良県橿原市立真菅北小学校)

17時25分~17時55分 こに~

18時~18時30分 白根孝昭(『学び合い』教室FRRED) 関恵祐(『学び合い』教室FREED)

18時35分~19時05分 吉川岳彦(桃山学院高等学校)

19時10分~19時40分 小出真理子(大阪市立大大学院・管理栄養士)・橋本貴(大阪教育大)

19時45分~20時15分 冨士源太(大阪教育大)・神村崇之(大阪教育大)・番匠祐貴(大阪教育大)

20時20分~20時50分 廣瀬千暁(宝塚造形芸術大学マンガコース)