アリのママ、なすなまま

2013-06-07

フ・ク・ザ・ツ

22:11

先日、中学の校内バレーボール大会があった。

一応、娘はバレー部なので張り切っていたし、それなりに活躍するところもあるかな、くらいの感じで観戦に行った。

活躍どころではなく、独擅場。

そばで観戦していたお母さん達が、

「なんか6対1で戦っているよね、あの子以外レシーブしてないし・・・」

と言う声が聞こえた。

確かに、ボヨーンとゆるく上がったチャンスボールも仲間に渡すことなく、全部1発で打ち返していた。

「うちの子ばっかり取っちゃってて、全くチームプレーになっていないけど、これって教育上よろしくないよねー(笑)」

と先に来ていたママ友に言ったら、

「いいのいいの、1試合目から見てたけど、レシーブまともにできる子いないチームだから、へタに3回で返そうなんて考えなくっていいのよー(笑)」

と言った。

確かに、他の5人はボールが飛んできても、立ちすくんでいるばかりで手も足もださない。

相手チームにバレー部のエースアタッカーの姿を見つけた。あの子のスパイクが炸裂したらこのチームでは負けるなと思ったが、相手チームも同じようなもので、スパイクしたくてもトスを上げられる子がいないので、せっかくのエースアタッカーもその能力が使われる事はなかった。

サーブ権が行ったり来たりしているだけで、点数がかさんでいた。

たまーにレシーブが繋がってるぞーと思ってよく見たら、バレー部員同志の対決になっていた(爆笑)。

ゲームが終盤になっても相変わらず、木立の中を駆け回る犬のようにボールを追いかけて、全部1発で打ち返している我が娘。

試合は勝ったものの、あんなんでええんかいな?と思いつつ午前の試合だけ見て帰った。

その日の夜、

「結局どのクラスが勝ったの?」

と聞いたら、娘は鼻を膨らませ

「うちのクラス女子優勝、男子準優勝~」

と誇らしげに言った。

「勝ったのはいいけど、ほとんどあなたが打ち返していて、全くチームプレーになっていなかったよね~(笑)誰も何も言わなかったの?」

と聞いたら、

「そんなこと言ったって、吹奏楽部2人と合唱部2人、剣道部1人のチームだよ。せめてバスケ部でもいれば違ったのかもしれないけど、できないものはしょうがないじゃーん。期待して待つより取っちゃったほうが早いし、下手に任せたら勝てないもん。」

「うーん、そりゃそうだけど・・みんなはそれで納得してたの?」

「みんなのフォローしたらありがとうとか、すごいねって褒めてくれてたからいいんじゃないの、男子からも褒められたよ、お前のサーブ、ズゴーンって感じでチョーカッケ―ってさ、優勝できたんだしいいんじゃあない。」

と言った。

確かに試合中、娘がファインプレーするたびにみんなが拍手して、すごく喜んでいてくれたし、男子も駆け付けて大きな声援を送ってくれていた。そういう意味ではクラスはまとまっていたかなとは思ったけどなんかフクザツ。

bunbun-hbunbun-h2013/06/07 22:18なんか、めちゃくちゃだけど、だけど、なんだかすごい!
よくはわからんけど、うれしくなっちゃいましたw!

mana-mama5mana-mama52013/06/08 22:23bunbun師匠、試合はめちゃくちゃで、よくわけわからないうちに終わっていました。
ボールって操ろうと思わないと、あれほどまでにめっちゃくちゃ飛んでいくんですねー(笑)