アリのママ、なすなまま

2015-08-09

状態は『学び合い』なんだな~

23:42

少年科学館というところで働き始め半年あまり過ぎた。

夏休みはかきいれ時でとても忙がしいけれど、イベントを一つ終え、大きな山は越えたらしい。

ようやく右と左がわかるようになったけど、次から次へと新しい仕事が湧いてでてきて、未だに毎日がドキドキ。

自分の仕事の1つに来館した団体に施設使用の諸注意をするというのがある。

一通りの注意事項を話して

「・・ということを守って、時間まで館内で楽しく遊んで行ってくださいねー。」

と言ってから入館させる。

よーし!おもいっきり遊ぶぞーっとばかりに駆け込む子を

「今走ってはいけないと言われたばかりでしょー!!」

と苦笑いしながら私に会釈して、慌てて子どもを追いかける先生。

大抵の園児はまあそんなもんです。とは口には出せないが会釈に応じ、こちらも苦笑。怪我をされたら困るけど遊ぶ気満々な子を迎えるのは嬉しいことだ。

ある日のこと、いつものように

「・・ということで、皆さん楽しく遊んで行ってくださいねー!」

と言った後にふと、遊ぶという表現はまずかったかな?と思った。

傍らに仁王立ちしていた引率の先生に睨まれた気がしたのだ。

来館したのは小学4年生。

遊ぶこと、楽しむことを「悪」と考える先生にであったことがある。

仁王立ちの先生にも同じ気配を感じた。

堅くて重い..。

で、そういう先生に指導されてる子ども達も一見堅くて重い。一見ね(笑)

職場の先輩に

「幼児ならともかく、小学生には遊ぶと言うより学ぶと言った方がいいんですかねぇー?」

と相談。先輩曰く

「いいのいいの。遊ぶ、でいいの。子どもは遊びの中でちゃーんと学ぶのよ(笑)」

と、やわらかくて、かるい返答。かるいと言っても軽率ではない。

ニッコリ微笑んだ目尻の皺に刻まれた、元教師としての長く、しかも相当険しかったであろう経験に裏打ちされた答えだからだろう、深い思いを感じ素直に従う事にした。

そんなとき同じようなことを『学び合い』ブログで語る人がいて、思わずその記事にコメントしてしまった(笑)(あ、これはわかる人だけわかればよい話)

その方の学ぶ、遊ぶの印象は,遊びの方が範囲が広くて,遊びの中に学びがある。同一であることだってある、のだそうだ。

 私は漢字を見て思う。「学」「遊」どちらの漢字にも「子」があるけど、「学」の子どもの頭にはワがある。頭にわっか。孫悟空のわっかみたいに悪さをすると、ギリギリっとやられちゃうし、試練を乗り越えられないとピカッと閃かない。

「遊」にも「子」がある。頭の上にはなんかのってるけど、すり抜けることもできそう。あくまでも飛び出し防止。進む方向を決めて旗をふるのは子ども。足元にはキント雲とか水の流れ。自由に飛び回っているんだけどしょせんお釈迦様の掌の上にいる、そんなイメージ。

「遊ぶ」が嫌いな先生は多分、広くものを見ることができないか、全部掌握できない状態が嫌なんだろうな。

カッチリキッチリグループで行動させ、はみ出すとギリギリっと締め付けられてる子ども達。でも隙あらば先生の目の届かないところで色々試み始める子が続出。そうするとこういった先生は決まって、なぜお前たちは皆と同じ事ができないのだっ!と怒り、枠に納めようとする。こういう怒りかたをする人って、同じ年であれば、1つの物事に同じように興味関心をもち、同じように理解する、できる、させてみせる?と考えているのだろうか?

柔らかく、軽やかに子ども達を見守ってくれる先生のもとでは、子ども達は館内を自由に飛び回っているけど、その辺を漂う先生とか、私とかを時々捕まえては自分の発見や疑問点をぶつけてくる。ササッと見て回りたい子、じっくり納得いくまで同じ所に留まる子、色々いる。一見まとまってないようで見えない所で繋がっていて、さっさと見て回った子が「あっちのも面白かったでー!」なんて言うと、集団が移動したり、装置の仕組みがわかった子がわからない子に教えたり、といった事があちこちで始まる。

あれ、なんだかこれ『学び合い』ぽーい!(笑)って思うのは私だけ?

motoryoumotoryou2015/08/10 06:38「学」と「遊」の漢字の意味づけがとてもおもしろいかったです!なるほど,こんなふうに言えばいいですね。きんと雲!最高です。
「学ぶ」と「遊ぶ」はきっとイコールになっていきますし,イコールになった方が楽しい。私たちも頭のわっかを取っ払えればもっと気楽にやれるんですけどねー笑

bunbun-hbunbun-h2015/08/10 20:18お久しぶりです。
これからも、ときどき書いてくださいね。
状況的にずっと寂しい感じなので・・・
・・・いえいえ、別に寂しくは無いんですけどね。
教師じゃないけど、ボクのブログだから、どんどん書いて行きますけどね!♪

mana-mama5mana-mama52015/08/12 21:07motoryouさん、私白川静さんの本が大好きなのです。楽しいですよね、漢字の世界。学校の先生の多くはどうしてこんなに楽しい事をあんなに面白みのないものとして教えるのでしょうねー!漢字1個につき100回書くとか(苦笑)
bunbun師匠、御無沙汰しておりますっ!先日甲野善紀さんの講座に行きましたよー!この話をまず書きたいのですが、文才がない(笑)

sumi-chansumi-chan2015/08/17 15:27mamaさん、少年科学館のお話アップしてくださりありがとうございます♪
次は、甲野善紀さんの講座のお話ですね。楽しみにしています♪
自分がほとんど更新してないことは棚に上げ、熱烈リクエスト致します。^^;

bunbun-hbunbun-h2015/08/17 20:20自分のブログで「甲野善紀」と検索してみたら、いろいろと書いていました。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/bunbun-h/?of=0&word=%E7%94%B2%E9%87%8E
(mamaさんからもけっこうコメントもらってますね♪)

bunbun-hbunbun-h2015/08/17 20:24・・・↑のURLを貼り付けて検索して、↓のところをクリックしたら、一連の私のブログが表示されました。
自分にとっては、『学び合い』と甲野さんの古武術とは、おそらく斯様につながってるんです・・・

[再検索のヒント:•URLが正しい場合はmanabiai.g.hatena.ne.jp/bunbun-h/?of=0&word=%E7%94%B2%E9%87%8Eを表示してみてください。]

2014-11-03

生きる為に学べ!

15:36

先日、自宅から100m程のアパートで火事があった。

火の手が上がっているけれど、消防車はサイレンの音ばかりで姿が見えない。

家の前でただ呆然と見つめていた。

そこへ自転車に乗った高校生が数名やって来た。

彼女達は我家の前の四つ辻を曲がり、そのアパートの前を通って通学している近所の高校生だ。

いつものようにその道を行こうとしたので呼び止めて状況を説明した。

私が指差したほうに大きな炎があるのをみると驚き、自転車の向きを変えたのだけれど、困ったような顔をして動かない。

一人が私に聞いた。

「あのう、駅までどう行ったらいいのですか?」

「はぁ?駅までの道がわからないのーー?」

びっくりである。小学生ならいざしらず、高校生でしかも県内ではトップクラスの偏差値を誇る学校の生徒だ。

道を教えてやるとお礼を言って立ち去って行った。

お勉強ができて、お行儀もいいけど、そういったところでぽっかり穴が空いた子は昔もいたからなあと苦笑。

再び火事場に目をやると、野次馬が見えるばかり。

そこへまた数人の自転車に乗った高校生。

先ほどの子達と同じ制服。

同じ説明をするとまたしても同じ反応(笑)

三々五々やって来た子達、2~30名はいたと思われるが、皆一様に通学路以外知らないとのたまう。

なんてこった!昔だってここまで多くなかったぞ!

時間とともに辺りは野次馬と、ようやく着いた消防車で騒然となってきた。

それでも通学路を行く強者が・・・。

道を教わっている同窓生集団の脇をためらうことなくすり抜けて行った。

危険回避能力ゼロだな(苦笑)

消防車と道をふさぐ野次馬を見てもなにも思わなかったのか?それとも根っからの野次馬か?

通学路から外れた道を行ったら厳罰だ、とでも指導されているのだろうか?

予期せぬ出来事に遭遇したときにこそ、知力を発揮できるような指導をしてほしいものである。

motoryoumotoryou2014/11/03 19:01『学び合い』なら、「どうしていいか分からない状態」に、毎回ドボーンと放り込まれます、あははは

bunbun-hbunbun-h2014/11/03 19:40こちらも、ある日のクラブでは中学生たちがぞろぞろとやって来たので、いつもの小学生たちと合わせたら広くはない体育館に35名にもなっていて、それでも指導者(私)は「50名ぐらい来たらいいねえ~♪」なんて言ってるだけなのですから、何も言わない指導者でも、しっかり鍛えてるのかもしれませんw

mana-mama5mana-mama52014/11/03 21:01motoryouさん、bunbun-hさん、お二人ともお久しぶりです!学び合いからは遠ーい世界にいたもので(苦笑)ブログのネタがなかったのです(笑)
私が通っていた頃からこの通学路はあったのですが、当時の先生方はこの道以外通るべからず!なんてことは言わなかった。そもそもいちいちあーしろこーしろ細かい事は言わなかったよなーと思ったのです。(小学生じゃあるまいし..)
お二人のコメントを読んで思ったのですが、どうしたらいいのかわからない事があっても、先生方は君たちなら解決できる!やれ!と言うスタンスで忍耐強く見守ってくれてた事が多かったように思います。最近の先生、指導者は迷う事や転ぶ事をさせたがらない、待てない、直ぐ結果を求めたがる人が多い。そんなことを思いました。

motoryoumotoryou2014/11/03 22:03ほっとけば楽しいことや自分に徳になること,始めるものですよ。ダンプ園長が言っていたけど,「人間は快にしかいかねえよ」だそうです。

2014-02-15

天災とはいえ

22:21

毎年思うことではあるが、今年は特に強く思うこと。

「何で今の時期に入学試験をするのか?9月入学にして6月とか7月に入試じゃダメな理由はなんだあっ?」

記録的な大雪が降り、家の前の道路は膝まで覆われている。豪雪地帯の人に言わせればまだまだ序ノ口なんだろうけど、80年も生きてきた父にも家の前にここまでの雪が積もったのは初めてだそうだ。

屋根からの落雪で車の屋根が凹んでしまった。

人が下に居たらどうなっていたのか?

電車、バスは運行していない。タクシーも営業できず。こんな中でも入学試験は容赦なく行われる。

100キロ離れた地でテレビのインタビューに応えて、某有名私大の受験生が「これも神様に与えられた試練ですかね..」と言っていたが人によっては命懸けでたどり着いたか、泣く泣く断念した人もいるだろう。そこまでして入った学校を卒業してもまともに生きていける保証はない。

それでもやっぱり今の時期に入試をしなくちゃいけないのかな?みんな通りすぎた道だから?

明日は娘の高校入試。

都市機能はダウンしたまま。

色々と奇跡を(笑)天にお願いする母である。

motoryoumotoryou2014/02/15 22:37よりによって何で2週も連続でって感じですね。

mana-mama5mana-mama52014/02/16 12:36「よりによって」ネタがおおいですね私(笑)
試験場までなんとか送り届けましたが、遅刻してきた子ども数人とすれ違いました。
思わずガンバレーと言ってしまいました(恥)

2013-07-16

勉強しちゃいけないわけ?

22:22

もうすぐ夏休み。

受験生である娘にとっては大事な時期。

やる気スイッチは一応見つかったけど、なんかパワー不足な感じ~。

志望する高校にはいるためには何がなんでも苦手な数学を克服しなければならない。

母は全く当てにならないことはとっくに気づいていたが、数学大得意な上に娘のためならトコトン!の熱血指導の父の説明では逆に混乱するらしい(笑)。塾に行ったところで同じ状況になるかも知れないし...。

そこで、友達の力を借りることにして、夏休みに一緒に勉強する約束を何人かと取り付けてきたのだけれど、どこで勉強する?という話になり、1,2年が部活の前に学校で勉強するらしいと聞いて、じゃあうちらも学校でという事になったのだとか。

それで先生に許可をもらいに行ったところ、許可ならず。

理由は3年は家でやれ。友達と一緒にやって伸びた奴はいないという、筋が通っているんだかいないんだかよくわからんことを言われたらしい。

 昨年の夏、やはり数学に不安を感じ、学校で補習授業があると聞き、参加したいといったら一応補習授業対象の点数はクリアしているので参加不可と言われたことがあった。

 この時も今回と同様、娘は納得いかなかった。

「なんで勉強しちゃいけないわけ?勉強を教えるのが先生の仕事でしょ?!やりたいって言ってるんだからさ、教える人がいないとかだとしても場所貸してくれるくらいいいじゃん(怒)」

どんな大人の事情か知らないけど、体操着のチャックの位置まで話あう暇があるならさ、こういった事をちびっと考えてもいいんじゃないのかなと思う母であった。

2013-06-07

フ・ク・ザ・ツ

22:11

先日、中学の校内バレーボール大会があった。

一応、娘はバレー部なので張り切っていたし、それなりに活躍するところもあるかな、くらいの感じで観戦に行った。

活躍どころではなく、独擅場。

そばで観戦していたお母さん達が、

「なんか6対1で戦っているよね、あの子以外レシーブしてないし・・・」

と言う声が聞こえた。

確かに、ボヨーンとゆるく上がったチャンスボールも仲間に渡すことなく、全部1発で打ち返していた。

「うちの子ばっかり取っちゃってて、全くチームプレーになっていないけど、これって教育上よろしくないよねー(笑)」

と先に来ていたママ友に言ったら、

「いいのいいの、1試合目から見てたけど、レシーブまともにできる子いないチームだから、へタに3回で返そうなんて考えなくっていいのよー(笑)」

と言った。

確かに、他の5人はボールが飛んできても、立ちすくんでいるばかりで手も足もださない。

相手チームにバレー部のエースアタッカーの姿を見つけた。あの子のスパイクが炸裂したらこのチームでは負けるなと思ったが、相手チームも同じようなもので、スパイクしたくてもトスを上げられる子がいないので、せっかくのエースアタッカーもその能力が使われる事はなかった。

サーブ権が行ったり来たりしているだけで、点数がかさんでいた。

たまーにレシーブが繋がってるぞーと思ってよく見たら、バレー部員同志の対決になっていた(爆笑)。

ゲームが終盤になっても相変わらず、木立の中を駆け回る犬のようにボールを追いかけて、全部1発で打ち返している我が娘。

試合は勝ったものの、あんなんでええんかいな?と思いつつ午前の試合だけ見て帰った。

その日の夜、

「結局どのクラスが勝ったの?」

と聞いたら、娘は鼻を膨らませ

「うちのクラス女子優勝、男子準優勝~」

と誇らしげに言った。

「勝ったのはいいけど、ほとんどあなたが打ち返していて、全くチームプレーになっていなかったよね~(笑)誰も何も言わなかったの?」

と聞いたら、

「そんなこと言ったって、吹奏楽部2人と合唱部2人、剣道部1人のチームだよ。せめてバスケ部でもいれば違ったのかもしれないけど、できないものはしょうがないじゃーん。期待して待つより取っちゃったほうが早いし、下手に任せたら勝てないもん。」

「うーん、そりゃそうだけど・・みんなはそれで納得してたの?」

「みんなのフォローしたらありがとうとか、すごいねって褒めてくれてたからいいんじゃないの、男子からも褒められたよ、お前のサーブ、ズゴーンって感じでチョーカッケ―ってさ、優勝できたんだしいいんじゃあない。」

と言った。

確かに試合中、娘がファインプレーするたびにみんなが拍手して、すごく喜んでいてくれたし、男子も駆け付けて大きな声援を送ってくれていた。そういう意味ではクラスはまとまっていたかなとは思ったけどなんかフクザツ。

bunbun-hbunbun-h2013/06/07 22:18なんか、めちゃくちゃだけど、だけど、なんだかすごい!
よくはわからんけど、うれしくなっちゃいましたw!

mana-mama5mana-mama52013/06/08 22:23bunbun師匠、試合はめちゃくちゃで、よくわけわからないうちに終わっていました。
ボールって操ろうと思わないと、あれほどまでにめっちゃくちゃ飛んでいくんですねー(笑)