makine45の日記 このページをアンテナに追加

HPは http://makine50manabiai.jimdo.com/ です。 合わせて、ご覧ください。

2018-07-07成果を何で測るのか

算数の授業の方法を校内で統一しようという意見が出ていて、そのように授業を進めています。

先日の授業研究は、その方法を逸脱して授業をしました。

その逸脱について、ご意見を述べられた先生もいらっしゃいます。

学び合い』を推進しようとすると、

「それで学力がつくのですか」

と言われます。

「教えるのが教師の仕事であって、教えないのは責任の放棄だ」

とも言われました。

まあ、いいんですけど、では

「教えたとして、それを何で測るのですか」

という問を聞いたことがありません。

授業の方法についても、その成果を何でどのように測るのか、を聞いたことがありません。

「授業方法の統一がなされたことが成果だ」

という訳のわからない「成果」を強調されたこともあります。

学習意欲ですか。

学力ですか。

例えば、それが上がったとして、授業方法の統一との関連はどのように考えるのですか。

と訳のわからない成果が並びます。


学び合い』をやっていると、子供たちが何を望んでいるかのがはっきりとわかってきます。

少なくとも、授業方法の統一ではありません。

「とりあえず、私たちにやらせてください」

という意欲がわいてくるのです。

「みんなでやれば、どうにかなると思います」

という気持ちもわかってきます。

これをどうやって測定するのか、これもまた難しい問題です。

バスケットボールの授業で、3時間ほど

「チームでの練習に任せる」

とやると、勝手にいろいろなことを始めます。

それで、全員が楽しくなっていく授業になっていきます。

本当に面白い。

「今日の体育はバスケットですか」

と、暑いのに、水泳よりも人気があります。

suikanomeisantisuikanomeisanti 2018/07/08 14:26 今年赴任した本校で算数主任をしています。本校にも算数授業のスタンダードが存在し、春先、改めて私がそのまま提案しました…。とりあえずそのまま。そういう授業もしながら、『学び合い』をどんな形で仕掛けていくか模索中です。

makine45makine45 2018/07/08 16:18 私の学校にも「算数の授業展開」という「共通理解」があります。新しい学習指導要領に対応するには、その「授業展開」では無理です。5年前から来ている某大学の算数の専門家ですら、「自立解決は必要だ」とは言わなくなりました。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/makine45/20180707