makine45の日記 このページをアンテナに追加

HPは http://makine50manabiai.jimdo.com/ です。 合わせて、ご覧ください。

2017-12-29今年一番のニュース このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年を振り返って、一番のニュースは、“学び合い”が公的な場所で評価されたことだと思っています。

今まで、「きめ細やかな指導」「○○校方式の授業」「板書が授業の記録」などと評価されてきました。

「授業のスタイルが身についていると、学びやすい」

と言われました。そのスタイルが合っている子供はやりやすいでしょうが、合っていない子供には救いがありません。授業のスタイルが確立している授業しやすいのは、実は教師であって、学ぶ側ではないと指摘する指導者もいませんでした。子供たちの学びの姿を見ようという指摘はほとんどありませんでした。

それが、大きく変わってきました。

「テストがある以上、自力解決は必要だ」

という指導者から、子供たち同士の関わり合いを大切にするという発言が出たり、教師は授業を参観するときには、前から見ようという指導者が来たりして、教師の側の意識の変革が求められました。

「先生方、自分の授業は変わっていますか」

と言った指導者もいました。

私は、この発言にはちょっと笑いました。

少なくとも、私の勤務する地域では、教師の一斉指導だけでは駄目だという方向に進もうとしています。


この方向が来年度以降もずっと続くといいなあと願っています。