makine45の日記 このページをアンテナに追加

HPは http://makine50manabiai.jimdo.com/ です。 合わせて、ご覧ください。

2017-11-30そうだったのか このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨晩、あるアンケートで、国語の『学び合い』について答えました。

その後、国語の『学び合い』について、メールしました。

頭が、国語の『学び合い』について、考えていたのかもしれません。

今日、大学生の授業参観を受けました。

学生と話をしていて

「学生のなかで、やはり知識はちゃんとおしえるべきだろうと『学び合い』についての意見があります」

と聞いたときに、気がついたのです。

「知識の伝達として、授業を捉えていたら、国語の授業は手が出ないでしょう」

と言ったら

「私も、国語の授業をどうやっていいかわからないのです」

と返ってきました。

国語の授業を「知識の伝達」として考えると、何を伝達しているのか、わからなくなります。

物語を読んで、何を伝達しているのでしょうか。

説明文を読んで、何を伝達しているのでしょうか。

内容ですか。読み方ですか。優れた表現ですか。

日本語の美しさですか。

指導要領に書いてあります。


第1 目標

 国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力及び言語感覚を養い,国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てる。


最後は、「国語を尊重する態度」です。

算数と比べてみます。


第1 目標

 算数的活動を通して,数量や図形についての基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け,日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え,表現する能力を育てるとともに,算数的活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き,進んで生活や学習に活用しようとする態度を育てる。


算数には「身に付け」という言葉がありますが、国語にはありません。

何を「身に付け」るのか、国語の目標からだけではわからないのです。

国語という教科の面白さは、ここにあります。

何を「身に付け」なのか、わからない。

現実的には、新しい漢字が出てきて、新しい言葉が出てきて、辞書の使い方やローマ字など、「身に付け」るものがさくさんあります。このあたりを「身に付け」たら、後はかなり自由なのではないか、と私は思っているのです。

今日は、この国語の「知識を伝達する」という側面に気づいたので、とても収穫のある1日になりました。

国語の『学び合い』は、「知識の伝達」という教師の性から、どのくらい自由になれるかという発想のような気がしています。