makine45の日記 このページをアンテナに追加

HPは http://makine50manabiai.jimdo.com/ です。 合わせて、ご覧ください。

2017-01-15違和感

仕事を減らせるのは、自分だけ

10:19 | 仕事を減らせるのは、自分だけ - makine45の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 仕事を減らせるのは、自分だけ - makine45の日記 仕事を減らせるのは、自分だけ - makine45の日記 のブックマークコメント


西川先生の記事から思っていることがあります。


勤務時間に関わる縛りが大変にきつくなっています。

勤務時間の適正な運用という意味です。

まだ、変化がない職場は、相当な問題を抱えています。

私の職場では、茶飲み話ですが、

「最終金曜日が、3時退勤になるかもしれない」

という話が出ていました。

それを聞いていた同僚方は

「勤務時間を減らしても、仕事が減らなくちゃ帰れない」

と言っていました。

私は

「働かなくてもいいというのだから、帰ればいいんだよ」

と言いました。

確かに仕事はあります。

勤務時間だけ減らして、仕事が減っていないのでは帰れるわけがないと考えるのが、普通です。

でも、仕事は、自分で減らすしかありません。

誰かが、減らしてくれると思うのは、ムシが良すぎます。

自分の責任で減らすことはできます。

しかもかなりの量を減らすことができます。

例えば、自己評価シート。

最低限のことが書いてあれば、問題ありません。

面接で、

「ここを」

という指導を受けます。

言われたところを書き足せば問題ありません。

職員室で

「こんなに書くところがある。埋まらない」

と嘆いていて、遅くまであんなものを書こうとする同僚の気持ちがわかりません。

私の自己評価シートをのぞいた若い教師

「それだけでいいんですか」

と質問してきたので、

「何で?」

と聞き返したら

「こんな空いているではないですか」

と言うので、

「別に問題ないよ」

と答えておきました。

自己評価シートで、仕事をしているわけではありません。

減らせるところは、徹底的に減らす。

これは、自分の覚悟があればすぐにできます。

指導案も同様です。

教師の書類の多くは、毎日、毎月、毎年決まっていることです。

月末に出す書類を、毎日1分でつけておくと、月末がとても楽です。

教務をやっているときに、月末の書類が遅れる人は決まっていました。

毎月のように校長から指導を受けていました。

それでも、改善しませんでした。

ちょっとしたやる気があれば、あの時間をかなり節約できます。

そういうことの積み重ねで、かなりの仕事を軽減できます。

私は、今年度学級担任をしていますが、特に用事がない時には、5時過ぎに退勤しています。

勤務時間にできないと思うことは、極力やらないようにしています。

どんなに効果があると予想できることでも

「これは教師に負担になる」

「これは子供に負担になる」

と判断したことは、やりません。

結局、教師の考え一つで、かなりやれることです。

だからといって、管理職や教育委員会が何もしなくてもいいということではありません。お互いに勤務時間の厳守には努力すべきです。

まして、虚偽の勤務時間の記載については、厳重な態度をとるべきだとも思っています。

toukonyukitoukonyuki2017/01/16 17:55そうですね、確かに「自分しかできないこと」かもしれませんね。本日、雪のため電車で通勤したので、帰りは部活を途中でもう1人の顧問にお任せして、帰路に着きました。
ちょっと勇気がいりますが、できなくはない。
そんな積み重ねで、仕事を減らしていきたいと思います。

makine45makine452017/01/16 21:25お互いさまになれば、誰も勇気をふるう必要もなくなります。私は大変にお気楽な身分ですが、まずは自分からと思っています。