五蘊皆空 このページをアンテナに追加 RSSフィード

群馬県の小学校教員のkuro106raです。mailはgan.son.desu☆gmail.com(☆を@に)にお願いします。

2017-07-19

生きててよかった

21:45 | 生きててよかった - 五蘊皆空 を含むブックマーク

これまでに2回、死を直接的に意識したことがあります。

1度目は小学5年生の時。2度目は教員になってからです。

1度目の時は、はっきりとした記憶が残っていません。ただ、ひたすらにつらかった記憶が残っています。

「自分はあんたの役に立つために生まれたんじゃない。」

「自分はあんたに罵倒されるために生きてきたんじゃない。」

そんな思いを抱えながら、それを言葉にすることすらできなかった自分がいました。

2度目は教員になってからです。これは完全に自分が招いたことだと思います。気が付いたら、頼るところがどこにもなくなっていました。自分が天狗になったのだと思います。イメージしていることと現実に起こっていることとのギャップがありすぎて、現実を受け入れられなくなりました。毎日通勤する高速道路からコースアウトすることばかり考えていました。ここから落ちたら出勤しなくて済むと。

でも、そうした時期を経てなお、今こうして生きていられています。

今思うのは、あの時死ななくて本当に良かったということ。それくらい、今が幸せでたまらないのです。

私が帰宅すると、

「パパが帰ってきた!よっしゃー!」

と言ってぎゅーっとしてくる息子を抱きながら、ふとそんなことを考えたのでした。