五蘊皆空 このページをアンテナに追加 RSSフィード

群馬県の小学校教員のkuro106raです。mailはgan.son.desu☆gmail.com(☆を@に)にお願いします。

2017-03-19

筆文字でプレゼント

21:40 | 筆文字でプレゼント - 五蘊皆空 を含むブックマーク

子どもたち一人ひとりへの筆文字プレゼントの制作を進めています。

子どもたちは、一人ひとり異なる環境で、異なる思いで生きています。一緒くたの「子ども」などという子どもはいません。

一人ひとりのストーリーに触れると、その子に寄り添いたいという思いが湧いてきます。でも、一度に全員に寄り添うのは難しい。だからせめて、一人ひとりに寄り添えるクラス集団をプレゼントしたいと思うのです。

筆文字プレゼントは、今の僕にできる気持ちです。限界を知るからこそ、今の僕にできることを探します。

yudai7-iyudai7-i2017/03/19 21:50教えてください。一対一は甘えがでやすいとは、どういうことでしょうか?

kuro106rakuro106ra2017/03/19 22:16担任に過度に甘えてしまう、ということです。
集団のなかで、友達に話せば解決するようなことまで、担任に相談するようになると、子どもたち同士の繋がりが機能しづらくなると感じています。

yudai7-iyudai7-i2017/03/20 21:48なるほど、一対一は過度な甘えを助長することもあるのですね。

yudai7-iyudai7-i2017/03/20 21:48なるほど、一対一は過度な甘えを助長することもあるのですね。

kuro106rakuro106ra2017/03/20 22:13僕の実感としてはそう思いますし、理論的にもそうみたいです。理論的な話は西川先生に聞かれるのがよいと思います。