五蘊皆空 このページをアンテナに追加 RSSフィード

群馬県の小学校教員のkuro106raです。mailはgan.son.desu☆gmail.com(☆を@に)にお願いします。

2015-12-14

自分用メモ

19:57 | 自分用メモ - 五蘊皆空 を含むブックマーク

今日、用務技士さんと以下のような話をしました。

「トップっていうのはさ、笑っていればいいんだよ。学校にいる間は、花をいじったりしていればいい。

『責任はとるから自由にやってくれ』ってね。」


その話を聞きながら、自分はいかに「教師はこうでなければならない」に縛られていたのかを感じました。

自分の持っている障害特性を踏まえ、以下のことを自分に許しました。

教室にずっといなくてもよい(時折廊下を散歩)

・お昼以降は緩く行ってよい(手を抜く、とは違う)

・動き回ってよい(定点で子どもたちを見ていなければならない、に対して)

・目を離してよい(放っておくのとは違う)

・熱く語ってよい


初日としては、上々かな。