五蘊皆空 このページをアンテナに追加 RSSフィード

群馬県の小学校教員のkuro106raです。mailはgan.son.desu☆gmail.com(☆を@に)にお願いします。

2015-10-09

呼吸

05:22 | 呼吸 - 五蘊皆空 を含むブックマーク

先日ブログを休んだ期間に「目の前の子どもたちを見よう」と決めて、とにかく見ることに集中しました。そうしているうちに、子どもたちと授業中に目が合う回数が増えました。

目が合う回数が増えると、授業は静かにしっとりとし始めました。だいたい2週間が過ぎるころには、大きな声はほとんど聞かれなくなりました。

声がしっとりし始めると、ますます子どもたちを見るのが楽しくなります。気が付くと授業中の子どもたちの「息遣い」みたいなものの変化を感じるようになってきています。

「あ、今日はおちついているな」とか「あ、音楽でテンション上げて歌ってきたからちょっと興奮気味だな」とか、そんなことをかれらの表情や声から感じます。

イライラするとそうしたセンサーが鈍ってしまうので、ご機嫌でいるためにあれこれしています。

発信すること

05:14 | 発信すること - 五蘊皆空 を含むブックマーク

学級担任をしていれば、常にクラスの問題や課題、時には家庭の問題と付き合うことになります。当然、そこには一部の隙もない完璧な実践などないのだと思います。


そうした問題や課題と向き合っていると、「自分なぞが偉そうに情報発信をしていていいのだろうか」と思うことがあります。また、情報発信をしていることで自分がさも素晴らしい実践をしているように錯覚してしまうこともあります。


それでもこうして書いているのは、書くことで自分や誰かに新しい気づきがあるかもしれないという希望があるからです。上記のような気持ちの波をコントロールするのは、自分にとっては簡単なことではありません。でも、それを考えても書くことのメリットはあります。

偉そうに「この実践はいい!」なんて発表しなくていい。ただ、目の前で起こったことを、楽しそうに発信していける人になりたいと思います。