koutyの『学び合い』日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

福島県の岩瀬地区で小学校の教員をしてます。 メールはhouse452kouty☆yahoo.co.jpです。
 | 

2015-07-15特別支援の研修から このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 今日特別支援の校内の研修があった。聞いていると、そのようにしたほうがよいことはよく分かる。でも、実際の授業の中で、忙しい毎日の中で、教師がこれをするのは無理だろうっていうのが本音。で、考えてみた。子どもたちならできるかなって。これまで、分からないときに分からないと声に出すことの大切さを話してきた。今度は、これより一歩進んだカミングアウト!!「おれ、書いてある字を理解するの苦手だから読んでもらえる。」「OK!!」そんな言葉が当たり前にとびかう学級にしたい。講師の先生は、自分の苦手なことが分かって、ヘルプと言える大人になることが大切だと言っていた。僕は、みんなの担任、集団を管理することが仕事。だから、僕が読んであげるわけにはいかない。そして、こんなクラスの中で育った子どもたちが社会の中に増えていけば、すべての人にとって幸せな社会の実現するんじゃないかな、なんて大それたことも思ってしまった。今日は、今のクラスをもっともっと幸せな場所にするヒントを見つけることができた。2学期が楽しみ!!

 |