Hatena::Groupmanabiai

音叉の響き(おんさのひびき)

鹿児島、小学校。学びトンの会POI

2015-08-17ホメオパシー!

日記

01:39

10日、算数の市・県合同の研究会。

「どんな授業が社会から望まれているのか?」という主催者側からの問いかけに、たくさん「学び合い」「教師がしゃべりすぎない」などのことばが返され、驚きました。私がメモしていた「協同的な学びあのある授業」というのにも、反応していただき嬉しかったです。また、隣に座られていた方が、『授業作りネットワークNo.16』をメモしていって下さったのも嬉しいです。私より先輩で,期限付きの方でした。ご主人も同業者で、子育てのためにやめたが、子育てが一段落して復帰したとのことです。戻ってきたら、「学び合い」などがキーワードになる流れになっていたから、学びたいとのことでした。その姿勢が素敵で、尊敬しました。近くの学校だったので、またお会いしたいです。

1学期には、人権同和の会で、今年も『学び合い』の実践を発表させていただきました。4人くらいのグループで実践発表をしあう形式で、前回と同じかたもいらっしゃるので、だいぶ覚えてもらえてきました。「とりいれてみたけど、うまくいかなくて。」とおっしゃっていた方がいて、うまく伝えられるようになりたいな~と思いました。

夏休みにあった、市の授業力向上セミナーで「英語」「道徳」を選択しましたが、どちらも有意義でした。内容はまた後日。毎年このセミナーでお会いしていた方と、ちょっとゆっくりお話する機会を持て、『学び合い』を紹介しました。養護学校の経験がある方で、思った通り『学び合い』の考え方に共感されていました。また、お話できる機会をもてたらな~と。

高校の同窓会で、職場の近くの病院で働いている同級生と話ができました。別の町に、特別支援施設のボランティアに行っているというので、『学び合い』の考え方を話してみました。共感してもらえたので、今後ともコンタクトをとっていきたいです。

通りすがり通りすがり2015/08/18 17:28ホメオパシーは、考え方の一つとして共感できるところがあります。

しかし医学的にはほとんどの先進国でその効果が否定されています。
正確には、プラセボ効果を超える治療効果は認められないという結論になっているようで、
日本学術会議・日本医師会・日本薬剤師会が明確に批判しています。
これを受けて、JCBなどのクレジットカード会社も契約を破棄するなど
一般的には信頼を置かれていない言説のようです。

真偽の程はわかりませんが、用法・用量に気をつけたほうがいいかもしれません。

koushinsenjinkoushinsenjin2015/08/18 17:51通りすがりさん、ありがとうございます。
批判されているんですね~。
考え方の一つとして共感できるところがある、というのが共感です。
縁があったので、学んでみます。