こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-03-10

お勉強が「わかる」5段階

| 23:49

今回は勉強が「わかる」レベルを学級通信に書きました。

佐藤学先生の話をもとにしています。


ちなみに、学級通信発行数の目標は年間100号。

現在、91号。

残り、9日。

しんどい~


○ 前回は、心にはレベルが4つあるというお話を書きました。今日は、お勉強が「わかる」ことにもレベルがあるという話を書きます。

レベル1 「できる」

どうしてそうなるかはわからないけれど、問題ができれば、レベル1です。例えば、「半径が3cmの円の面積を求める」問題があります。円の面積の公式を覚えていて、答えが出せればまずはレベル1をクリアーです。

レベル2「意味がわかる」

どうして円の面積が「半径×半径×円周率」で求められるかという、公式の意味がわかればレベル2をクリアーです。これが意外と難しく、このレベルでとどまっている人が結構います。

レベル3「説明できる」

自分がわかったことを、人に説明できれば、レベル3をクリアーです。わかったつもりでも、人に説明しようとしたらできなかったという経験は、結構あるんじゃないでしょうか。

レベル4「教えることができる」

レベル3の「説明できる」に似ていますが、このレベルでは自分の考えを筋道を立ててわかりやすく話す力が必要です。例えば前の日に休んでいた友達に教えて、わかってもらうことができたら、レベル4をクリアーです。

レベル5「他の人の学びを助けることができる」

このレベルは本当に難しいです。先生でもできない時があります。友達に何度説明してもわかってもらえなかった経験はありませんか?

このレベルでは2つのことを行わなければなりません。

・ 教える友達がどんなことにつまずいているのかを見抜く

・ どの教え方だったらその子がわかってくれるかを見つける

この5つのレベルを思い浮かべながら学習してくださいね。そしてレベル5の「わかる」をめざしてください!

irutyanirutyan2010/03/11 04:16今めちゃくちゃ大ピンチでした(なぜか過去形)

今回と前回分、使わせてくださいね~

kogapon7kogapon72010/03/11 23:30いるちゃんさんこんばんは。
いるちゃんさんのブログに小心者と書いてらっしゃいましたが、僕もそうです。
ちょっとしたクレームで、頭がパニックになります。
一人も見捨てないことを追求したら、自然と『学び合い』の形になるのですが、やっぱりなかなかわかってもらうのは難しいですよね。
ブログの内容、どうぞお使いください!