こがぽん日記

大阪の堺市で小学校の教師をしています。
今年(2012)は2年生の担任になりました。
メールアドレスはkogapon7とgmail.comを@でつないでください。 『学び合い』は現在休業中です。今は信頼ベースの学級ファシリテーションを中心に実践しています。



☆★☆『学び合い』メールマガジ☆★☆
http://www.mag2.com/m/0000270912.htm

2010-03-09

心のレベルを意識させる

| 23:49

学級通信にこんな内容を載せました。


君の心はどのレベル?

○ 心には、4つのレベルがあります。

レベル0 「やらない」

・宿題を忘れたり、友達の答えを丸写ししたりする。

・ 先生が見ていないと、ついそうじをさぼってしまう。

・ 家のお手伝いをしない。

⇒一つも自分のためや人のためになりません。

レベル1 「注意する人がいないとできない」

・先生や友達やお母さんにおこられるから宿題をする。

・ 注意する人がいるからそうじをする。

・ お手伝いをいやいややっている。

⇒そんなあなたの心はレベル1です。そんな気持ちなら、何をしても楽しくないでしょう。

レベル2「ごほうびのために(ほめてもらうために)がんばる」

・ テストで100点をとったらゲームを買ってもらえるからがんばるぞ。

・ そうじをがんばって先生にほめてもらいたいなあ。

・ お手伝いをしたらお小遣いがもらえるからがんばるぞ!

⇒レベル1よりもすすんだ考え方です。やる気をもって行動していますよね。ですが、そのやる気は、ごほうびがなくなった瞬間に、なくなります。本物の心ではないのです。

レベル3「自分や人のために、すすんで行動できる。」

・ 自分の将来のために、宿題を自分からがんばれる。

・ 先生が見ていなくても、学校のためにそうじをがんばれる。

・ お家の人を助けるために、お手伝いをいつもすすんでできる。

クラスでも昨日、

①図工の時間に、ある子が水をこぼした時に、何人もの子がすすんでぞうきんをとってふいてくれていました。自然に友達を助けることができるやさしさもレベル3です。

②そうじの時間に、自分のそうじ場所ではないコンピューター室前ま

で一生懸命してくれている人がいました。学校のためにすすんで行っ

ています。

③授業中、困っている人を見つけたら自然に「大丈夫?」と声をかけ

る人がいます。

など、心の成長を感じる場面がたくさんありました。

○ 心は、磨くと光り出します。放っておくと曇っていきます。

「自分のやさしさをみがこう。」「自分からすすんでチャレンジしよう」「自分の怠け心に勝とう」と、心を磨き続けて、素敵な大人になってください。

ghjalghjal2010/03/10 00:18このレベル4。なるほどなあ。頂いちゃいます。今度うちの子どもたちになげかけてみようかな。そう思っています。

kogapon7kogapon72010/03/10 23:42ジーンさん、ありがとうございます。
コールバーグの道徳性の発達6段階を、わかりやすくなるように替えてみました。
ぜひ使ってください!

koushinsenjinkoushinsenjin2010/04/23 05:43Wikiからこちらへたどり着けました。なるほど~、というわけで、使わせていただきます~m(_ _)m