Hatena::Groupmanabiai

桐生の研究室 RSSフィード

タイトルを変更しました。 学校現場から大学へ籍を移して4年 日常生活と研究について語っていこうかしら。 kiryu☆juen.ac.jp(←☆を@へ)へ下さい。

16年05月09日(月)

タンデライオン

出川哲朗の「はじめてのおつかい」で,

たんぽぽが店名につくお店に行くこと

ダンデライオン チョコレート(Dandelion Chocolate)へ辿り着けるかというもの。

出川イングリッシュでは,

タンポポの特徴はひまわりをとても小さくした植物だそうだ。

だからまずひまわりの単語を教えて貰い,

それを小さくしたという訳で挑んでいる。

それでも,辿り着いてしまうからすごいのだけれど。

ダンデライオンは,

松任谷由実が曲にある

https://youtu.be/pUwyIqv-oR0

花の形がライオンのたてがみに似ているからかな~,なんて思っていた。

ポン・デ・リングというのがあるが,CMではライオンを使っていて,たてがみっぽいし。

では,ポン・デ が,たてがみか?

そこでダンデライオンの名付けを探ってみた。

フランス語からきていて

dent de lion(ライオンの歯)という英語圏でいう外来語らしい。

葉に当たる部分はどこかといえば,

2通りの解釈がある。

〇花びらの並び方

〇葉がギザギザしている形

よく分からないが,

これらの部分を見てライオンの歯をイメージしたのでしょう。

さて,出川イングリッシュに戻るけれど

タンポポの説明としてタンポポの花びらで行う花占いをゼスチャーで伝えようとしていた。

ガイド役のマリアさんは,「そんなの通じない」といったが,

意外と通じていたのだ。

これも不思議だったんだが,

あちらでもタンポポを恋占いで使うらしい。

やり方は違うみたいだが,

なんとなく人間がすることだから,通じ合うものはあるのだろう。

出川イングリッシュ恐るべし。

16年02月25日(木)

『植物の名前の話』 前川文夫著 八坂書房 1981年,新創刊として1994年版がある 21:27

f:id:kiri-2000:20160225212439j:image

この図は,新創刊(1994年)であり,私が読んだのは,1981年創刊のものである。

 日本の植物名の語源に対する探究法をアケビとアザミとアセビの語源を通して説明をしている。モモについての語源説は,植物学者らしい探究方法を伝えている。言語学,民俗学などから語源を探究している方はいるが,牧野富太郎と同様に植物学からの探究であり,植物の分布,特性などから探究している点で,一線が引かれた感はある。

 特に気を引いたのは,カタクリである。ここではその説明はしないが,おもしろい説である。

植物の語源については,以下を共通認識としてあげていることを紹介しよう。

p.13

端的にそのものの姿なり,利用点なり,注意点なりを簡潔にしかも他とまぎれなく表現した名が,おそらく誰を命名者というでもなく生み出され,そして一般の人々の考えと一致して自然に受け入れられ残ったのがその大部分である。

p.13

名は必要が生む。言い換えれば,物が生活に関連を持ち,そのために他の物から区別する必要を生じはじめて名が入用となる。

p.22

生態条件は,それぞれの植物を探すときには,誤りのないしかも実用価値のある知識であり区別点でもある。

p.26

平安初期までに用いたと思われる植物の名は,(略),食用というような切実な利用面を命名の根底にしているのである。後年の植物命名の主流になった鑑賞的立場や本草的立場の命令は見当たらない。

p.70

古代の日本人は現代の日本人よりはるかに植物の形態に通じていたし,その利用について,命名においてそれが十分に反映されていた。

15年12月07日(月)

大将からの献本「2020年激変する大学受験!」 22:38

大将から献本していただいたのが、これです。

このところ大将が好んで使う黄色の表紙の本です。

さて、改めて、引用のすばらしさを感じました。

ページの端を折り曲げた二カ所から

マーク・グラノヴェッターに着目している点

"The strength of weak ties" 弱い紐帯の強み

この説の引用は、アクティブラーニングのポイントといっていい、

広く浅く、人と繫がることが、就職に有利なこと。

現在ソーシャルネットワーキングサービスが発展していることとの関連が重要である。

いとも簡単に引用しているところがすごい。

ちなみに、SNSを使う指導より使わせない指導が学校現場で行われている現状は、残念なことである。

第5期国際委員会の配付資料に着目している点

米国は、発展途上国や中国と共にGDPを伸ばしていくと予想されている。

アメリカは、PISAで成績が悪いのに!!なんで、そうなるの?

そこにアクティブラーニングの秘密がある。

おー、たった二点の内容表記であるが、

この本のすごさがみえる?と思う。(自画自賛)

では、未だ読んでいない人も読んで人も

もう一度、ページの間に間をサーフィンしてみてはいかが?

お勧めします。

f:id:kiri-2000:20151207223646j:image

15年12月02日(水)

臨床授業研究会 22:11

西川先生が関係する会として,全国に先駆け(!)第1回を開いたのは,長野県の南信でした。

名称は,臨床理科授業研究会。理科の教員の私的集まりでスタートしましたが,内容や教員の対象が理科以外の教科に渡りだしたので,翌年,理科を外して臨床授業研究会と名称を変更。ですので,学び合いの会ではありません。あくまでも授業実践データを持ち寄り,みなでビデオや授業記録を見合い,意見交換をする会でした。

写真は,第1回の開催の様子を広報した通信で,全郡の小中特別支援学校72校へ配付。第1回は,西川純先生,久保田善彦先生お二人をWでお呼びし,講演をしていただきました。今からするとすごいことです。私の人徳です。いやいや,お二人の先生の寛大なるお心があったからです。

よくこの公報を読むと,現在の教職大学院のコンセプトを実現していたように思います。アドバイザーに研究者を、若手も熟練教師も集いながら、皆で授業を検討し合う。なんと、上越教育大学の教職大学院の原型がここにあったのでしょう。

これが2006年(平成18年)5月でした。それ以降,年間5回程度の開催でしたが,平成12年度の平成13年3月をもって休止しました。

で,ですね。なんと,復活です。

12月19日(土),午後2時~5時

飯田市立旭ヶ丘中学校

お越しください。参加費(ちょっとおやつ代位

f:id:kiri-2000:20151202220722j:image

15年07月24日(金)

You see,but you do not observe.The distinction is clear. 16:26

今朝この言葉に出会う

ワトソンに向かって,ホームズが言った言葉である。(ボヘミアの醜聞より)

「君は見ているが,観察していない。その違いは,明らかだ。」

この時ホームズは,階段の段数についてワトソンに問いている。

そして,ワトソンは答えられない。

「見ると観るの違い」を端的に表した有名な箇所だ。

ホームズは,探偵として階段を観るときに段数が重要な観点であって,

ワトソンの主たる職業である医者として階段を観る時は,

ホームズと異なる観る場所があるように思う。

ワトソンは,それほど嘆くことはないのである。

しかしだ,医者同士であっても階段を観るときに観点は異なると思う。

我々教師も「子どもを観る」時には,何か観点をもって観ているのだろう。

今まで,教師が授業中,子どもを見ている状況が多い実態を明らかにしてきたが,

そろそろ子どもを観る時の教師一人ひとりの観点を明らかにしてみたい。