Hatena::Groupmanabiai

桐生の研究室 RSSフィード

タイトルを変更しました。 学校現場から大学へ籍を移して4年 日常生活と研究について語っていこうかしら。 kiryu☆juen.ac.jp(←☆を@へ)へ下さい。

17年02月14日(火)

新潟県立教育センターにて

新潟県立教育センター主催のフォーラムにて、

教職大学院の分科会を行った。

赤坂真二教授による講演、修了生Oさんの発表、現院生Wさんの発表、最後に学校支援フィールドワークの成果を各チームからパネルディスカッション形式での発表である。

私といえば、

来週の水曜日に迫った締切に対する仕事を内職するために、

パソコンを開いていた。

赤坂真二教授による講演では、

小学校における生徒指導の経験の話があった。

小学校教員であっても、

中学校と同様(私からすると程度は低いが・・・、(笑))の経験をしていたということに、

尊敬の念を抱いた。

その話しの中で、

今までに私が経験に対して自ら解釈し納得していた実践知を、

アドラー心理学の理論に基づく解釈があったことである。

私自身が、

講演において、

実践知と理論知を結びつける瞬間に立ち会わせていただく経験ができたこと。

赤坂先生の講演が人気なのもわかる。

なかなか、面白い経験であった。

その結果、内職はできず、

次の修了生、現院生の発表も楽しく聞かせていただくことができた。

最後に我が院生のパネルディスカッション形式での発表があった。

でも、これは、今週末二度もあるので、

ここでは、これにて・・・。