Keep on SMILING

山梨県の中高一貫校で英語を教えてます。学校あげて『学び合い』が出来るように2010年4月から取り組んでいます。 連絡先はfqjgf☆ybb.ne.jpの☆を@に変えてください。

2011/04/24 Sunday

トレモロ響くコンサート

19:54 | トレモロ響くコンサート - Keep on SMILING を含むブックマーク

本当なら春休みに開催されるはずだった本校のマンドリン部のコンサートが本日開かれました。中高併せて30人ほどの部員達が、中1・2,中3・高1、高2のまとまりで演奏したり、中学生のみ、高校生のみ、時には全員でマンドリンオーケストラとして演奏します。私も大学の4年間のみマンドリンクラブに所属していました。久しぶりに「合奏したいな。」と思いました。特に自分のパート(私の大学は弱小なので、中低音パートの私は一人でしたが)に旋律が回ってきたときは、決して上手ではなかったけれど、どこか誇らしげに弾いていたなぁ、なんて懐かしく思い出していました。

よく生徒に、「学校だからこそ出来ることがある。みんながいるから出来ることがある。」と話します。

かつて、マイケルが(ジャクソンです)呼びかけてアフリカ飢餓のキャンペーンとしてWe Are The Worldが生まれたように、音楽はいつの時代も人々の心を束ねるには有効な文化です。そして、上手い下手にかかわらず「つながっている」ことを実感させてくれる文化です。

ここ1ヶ月以上、なかなかブログを更新できずにいました。でもやはり今できること、やるべきことは、皆さんが仰るように、今までやって来たことをこれからもしっかりやっていくこと以外にはない、のだとやはりそこに行き着きました。

みなさん、今年度も宜しくお願いいたします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kamitaku0625/20110424

2011/02/19 Saturday

研究授業~そしてスキー教室

09:32 | 研究授業~そしてスキー教室 - Keep on SMILING を含むブックマーク

 2月9日、『学び合い』による全校の前での研究授業を終えました。まだまだ『学び合い』について理解が不十分なところが多く、課題の設定、展開、生徒に投げかける際の文言の適切さ、など、課題がたくさん露呈されました。

 先週末は情けないことにかなり疲れてしまい、目の前で起こったいくつかの小さなビックバンの事実を受け止めることで精一杯でした。

 でも、やってよかった、と思えます。今回は中学1年生3クラスをバラにして、違うクラスの友達と3人グループを作り、課題解決に取り組みました。課題の設定が曖昧であったり、確認テストの位置づけを誤ってしまったり、生徒には戸惑いの多かったこちらの投げかけで、反省することしきりです。

 しかし、生徒たちが「ほかのクラスの友達と一緒に考えることが出来てよかった。」「また、学年全体で授業したい!」など、前向きな感想ばかりでした。

 参観してくださった先生方の多くが、「3分間ですぐにグループが作れてすごいね!」と、学校最低学年の中学1年生のしなやかさを褒めてくださいました。そのことをクラスの生徒に話すと、「先生たちがそういうのがわかんない。誰とでも話せる方がいいし、別にこだわらなければ・・・。」と、大人顔負けの発言。

 そして、2月16日~18日、お隣の長野県へこの生徒たちと2泊3日のスキー教室に行って帰ってきました。宿泊グループこそクラス毎の編成ですが、ゲレンデではクラスの枠は外され、スキーの経験、技術で分けらます。私も過去に何度かスキー教室への引率をしましたが、2日目ぐらいに挫折感から弱気になって体調の不調を訴えたり、気持ちが弱くなっていくものたちがいるのですが、今年の生徒たちの中に弱音を吐く子は誰もいませんでした。グループの中で遅れ気味になってしまうもの、恐怖心を拭いきれないもの、技術面でグループ分けしてあっても、その中での到達度は様々です。でもみんな、待ってあげたり、温かい声を掛け合ったり、大きな怪我、病気もなく、学年全員が一人も欠けずに参加できたスキー教室でした。

 宿泊行事といえば、生徒たちが夜なかなか眠らずにこちらの見回りも大変ですが、10時過ぎに部屋から出てくるものもおらず、我が人生において初めての、スキー教室での「静かな夜」でした。

 

 スキー実行委員の生徒が2日目の夜、全体の前で話してくれたお話の一部を紹介します。

 「信じるということで強い絆が生まれてくる、私はそう思っています。友達や先生方、そして神様。信じることで強い絆が生まれることをスキー教室を通じて感じることが出来たらいいな、と思います。」

 恐るべき中学1年生。自分はたくさんの感動と学びを日々生徒たちからもらっているとても幸せなものなのだと、改めて感じることが出来ました。

bunbun-hbunbun-h2011/02/19 09:43朝から元気をいただいています。
だからやっぱり時間をとるようでもこのブロググループのブログ群は目をとおしておく必要がありますね。この後の今日1日のためにも。

maru3110maru31102011/02/19 10:21ブログタイトルに惹かれてやってきました。
まずは研究授業、お疲れさまでした。
そして、スキー教室の語り。すごいですね。
わたしも元気が出ました。
同じ中学校勤務です。
わが校の生徒たちも、同じ力をもっているのだと信じています。
あとは引き出し方次第なのだとも。

maya-1maya-12011/02/19 11:10研究授業で得たものは大きかったと思います。大事なのは、こうしたことの積み重ねですね。こうしたことが日常的な行われた結果が、想像できます。スキーで長野に来られていたのですね。信じることの大切さみんなで共有できたらすばらしい世界が広がると思います。

kamitaku0625kamitaku06252011/02/19 18:10bunbun-hさん、maru3110さん、コメントありがとうございます。スキー教室明けの今日も午前中は授業があったのですが、疲れているのは教師だけで、生徒たちは全員出席。さらにパワーアップしたようです。

maya-1さん、研究授業の準備の際にはお世話になりました。今中1の生徒たちが高3で卒業するときにどんな風に成長しているのか、期待できるなぁと感じています。一人一人が平和を創り出す担い手となってくれたら嬉しいです。

maya-1maya-12011/03/07 13:16川中島の会、前夜祭から、そして実践報告、昼食会までありがとうございました。
最後に駐車場で話した、「課題をみんなで相談し、その授業を参観する」何とか実現できる方策を練っていきたいと考えています。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kamitaku0625/20110219

2011/02/08 Tuesday

研究授業

22:57 | 研究授業 - Keep on SMILING を含むブックマーク

いよいよ明日研究授業です。昨日も今日もいろんなことを考えたり準備していたらかなり遅くなってしまいました。この間家族に負担をかけてしまったり、同僚にも余分な心配をかけてしまったと反省しています。

先週末の山梨の会で指導案を叩いていただき、かなりいけそうな気がしてきましたが、直前になってあれが足りない、これが足りないと無駄な動きが多くなっているのに気づきます。

殆ど余裕のない状態で、ちょっとしたことでいらいらしたりもしてしまい・・・。

明日はM先生にお越し頂きます。緊張半分、お会いできるのが楽しみです。

よい会になればいいです。

maya-1maya-12011/02/09 08:36報告をお待ちしています。

OB1989OB19892011/02/11 08:08素晴らしい授業をありがとうございました。素晴らしさの秘訣は,子どもたちをあれだけ信じてあげていることです。その結果,子どもたちは縦横無尽に関わり合いながら活動していました。実に感動的で,やっぱり『学び合い』っていいなあと感じさせていただきました。リピーターになっています。

kamitaku0625kamitaku06252011/02/14 01:58maya-1さん、OB1989さん、コメント有り難うございます。恥ずかしながらその後疲弊してしまい、反省、まとめの作業がなかなか進まずにいます。肩に力を入れすぎてしまった結果を見る限りでもまだまだだと言わざるを得ません。でも私自身とっても楽しかった!!生徒の感想に「また、学年全体で授業したい!」って書いてありました。私も同様に感じます。いい子たちです。
まとめをしたら、またお二人にもご相談させていただくと思います。その時はよろしくお願いします。

近々、研究授業の様子をアップします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kamitaku0625/20110208

2011/01/23 Sunday

生徒同志の話し合い

18:19 | 生徒同志の話し合い - Keep on SMILING を含むブックマーク

学校行事を今週末に控えています。女子ばかりの学校なので、もめ事、衝突が起こるとちょっと厄介です。

夏休み前の合唱大会の時も、なかなか手厳しい意見の応酬がありました。先週半ばも、ちょっとした口論が担任不在の職員会議中に勃発!

泣いて教室を飛び出す者、うろたえおろおろする者、切れ気味に捨て台詞を吐いて帰ってしまう者・・・

女の世界は怖いです。

翌日担任立ち会いの下、話し合いをしました。みんな考えている方向性は同じなのだけれど、ちょっと言葉がきつかったりすると、どうしても傷ついてしまい、ウェットになって、「かわいそう!!」の大合唱になってしまうこともあります。

でも今回はそうはなりませんでした。十分な話し合いの時間がとれなかったかもしれませんが、全員一言ずつ、自分自身の言葉で語りました。「まだ本音で話していない。」と意見を言う者もいました。そうなのかもしれません。まだ出会って一年もたたないクラスです。こういうことがあって、段々お互いの理解や信頼関係も深まるのだと思っているのですが・・・。

話し合い自体がうまくいったかどうかはわかりませんが、そのとき出し合った改善点を意識しながらその後の練習は続いていました。

子供たち同志の信頼関係を期待するならば、やはりこちらが全身で子供たちのことを信じないと・・・。

子供の力を再認識させられたと同時に、自分のすべきことも見えてきた気がします。

maya-1maya-12011/01/23 23:53「全員一言ずつ、自分自身の言葉で語りました。」「そのとき出し合った改善点を意識しながらその後の練習は続いていました。」
「子供の力を再認識させられたと同時に、自分のすべきことも見えてきた気がします。」
一歩前進、いや3歩前進ではないですか!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kamitaku0625/20110123

2011/01/17 Monday

研究授業に向けて

23:49 | 研究授業に向けて - Keep on SMILING を含むブックマーク

2月9日に研究授業を予定しています。その指導案を教頭先生と、研修部のメンバーで検討しました。教科が違えば新鮮な意見、反応を聞くことが出来、2時間くらい中身の濃い話をすることが出来ました。

初めての試み。「教師がいいところを見せようとする授業ではない」とわかってはいながらも、「うまくいくには・・・。」と考えてあの手この手を尽くそうとしてしまいます。なかなか肩に過多に入ってしまう力が抜けません。

いきなり開設したブログがえらいことになってしまい、キャラでもないピンクを選んだのがいけなかったのでしょうか?早速デザインを変えた次第です。みなさんご心配・ご迷惑をおかけしました。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2011/01/18 00:36ブログ、落ち着いたようですね。よかったです。いろいろと注目されているということですね!大きくなると良くも悪くもリアクションが多様になると思います。一つ一つ乗り越えましょうね!
2月9日行きたかったけど参観日でした…とほほ…

maya-1maya-12011/01/18 15:30いっそうのこと「研究授業」でなく、「授業の進め方の意見交換」くらいの方がいいんでしょうね。「研究」がくせ者なのです。

messabluemessablue2011/01/18 16:18はじめまして、理科のめっさぶるうと申します。
ブログ開設おめでとうございます。
今後とも、よろしくお願いします!

ghjalghjal2011/01/18 21:24>「うまくいくには・・・。」と考えてあの手この手を尽くそうとしてしまいます。
ああ、これ分かるなあ!ついつい陥ってしまう。罠です。気をつけます。

goemon-lebesguegoemon-lebesgue2011/01/18 21:35僕も何とかブログを開設することができました。
これからもよろしくお願いします。

kamitaku0625kamitaku06252011/01/18 22:17-maya-1さん、いつも的確なアドバイス有り難うございます。「授業の進め方の意見交換」この案頂きます。
-messablueさん、初めまして。よろしくお願いいたします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kamitaku0625/20110117