西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/16(月)

[]段階 21:20 段階 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 段階 - 西川純のメモ 段階 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』には3つの観があります。学校観、子ども観、授業観。私がその重要性に気づけた順番は授業観、子ども観、学校観の順番です。日本中の圧倒的大多数の方は、授業観で『学び合い』を見て批判されます。でも、方法論ではないのです。考え方です。次の段階になれば子ども観が分かります。子ども集団の有能性、逆に言えば、自分の限界を理解する段階があります。幸いなことに、この段階に進まれた方がかなりいます。でも、その先があります。学校観です。これが分かるには、方法論の様々なところを捨てなければなりません。教科内容ではなく、仲間作りの大事さを理解する必要があります。もちろん、教科内容を捨てるのではありません。それらは仲間作りのベースの上にあるし、そのベースは教科内容にあるということを理解しなければなりません。

 でもね、一番大事なのは、子どもの幸せです。私の授業で子どもがどのように感じるか、学ぶかではなく、私の手を離れてから十年、二十年、三十年先を考えられるかです。おそらく、日本の教師の99.9%まで分かっていない。本当は、そうありたいと願っても、心の平安のためにそれを封印してしまっている。しょうがありません。私のゼミ生に願っていること、それは、自分は目の前にいる教え子の一生の幸せを保証しているんだ、ということを確信して欲しいことです。

 教師という職業は誇り高いものです。その誇りは何を教える、何を気づけるかを子どもに与えるかではありません。目の前の子どもの十年、二十年、三十年先の幸せを保証することです。とても誇り高く、やりがいのある職業です。と、信じているから教員養成系大学の教師を私はやっているのです。でも、その難しさを感じています。

 授業論はたやすい(ま、でも難しいですが)。が、子どもを極限まで信じるのはかなり大変です。でも、授業論を理科するのは「驕らず、腐らず、したたかに」を出来なければなりません。なぜなら、我々は教え子の将来の幸せを保証しているのですから。したたかにならねばなりません。

12/06/23(土)

[]ニーヴァーの祈り 08:53 ニーヴァーの祈り - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ニーヴァーの祈り - 西川純のメモ ニーヴァーの祈り - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の山形の講演を聴いた方から、私の講演には「ニーヴァーの祈り」のようだと言われました。ビックリしました。ニーヴァーの祈りとは以下のような祈りです。

神よ

変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、

それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、

変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。

 そのメールでこの祈りを初めて知りましたが、実に味わい深いですね。でも、私なら以下のように祈りたい。

神よ

「今」変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

「今」変えることのできないものについては、

それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、

「今」変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。

そして、やがて、願う世の姿になるために、全てを変えることのできるに必要な、人との出会いと時間を与えたまえ。

 私はしつこいのです。諦めない限り、負けません。

07/12/25(火)

[]語る 21:45 語る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 語る - 西川純のメモ 語る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は色々な方に語りました。

 地元の高校生に語りました。1時間半×2回です。腹で語っているはずなのに、のどが痛くなると言うのは修行が足りません。大阪の越後屋君と語りました。危ういけど、それを乗り越えられる力があると思います。越後屋君の先輩とも語りました。若い教師です。これからどんどん吸収するでしょう。

 教育はすばらしいし、それの最前線にいる教師がすばらしい。それが伝わるように語りました。きっと伝わった人もいると信じています。

janglejapjanglejap2007/12/25 15:19おいのり!かわいいです。フリガナのおかげでサンタさんにもわかってもらえてよかったですね~。
わが子もテーブルにおかしと飲み物をおいて「ごゆっくりたべたりのんだりしてください サンタさんへ」と手紙を書いていました。
(それも5年生)

jun24kawajun24kawa2007/12/25 15:37あははははは
5年生になっても信じられる子ですか・・
いいな~
じゃあ、我が家は6年生まで挑戦です。

さとう@山形さとう@山形2007/12/25 20:29わが家では「サンタ信じないならプレゼント来なくなるけど、どうする?」と尋ね、「信じます!」と言わせました。
(^o^)>
同僚は「お父さん・お母さんがプレゼントくれるの?それはサンタを信じなくてプレゼントもらえないのがかわいそうだから、そうしているんだよ。」と言ったそうです。これもウマイと思います。

jun24kawajun24kawa2007/12/25 21:29納得のさせ方も様々ですね。
これから小学校6年生まで5回は説得しなければ。

iku-nakaiku-naka2007/12/25 22:53大阪にも「越後屋さん」がいるのですね!!。
マズイ・・・先を越されてしまうかも・・・(汗)。
休み中に校長先生と相談しなければ・・・。

jun24kawajun24kawa2007/12/25 23:10みんなが幸せになる悪巧みはいっぱいしましょうね。